google+LINEで送る
1級建築施工管理技士 の 5門
第1問
請負契約に関する記述として、「建設業法」上、誤っているものはどれか。

1級建築施工管理技士 の 5門
第2問
コンクリート壁の現場調合のセメントモルタル塗りに関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1級建築施工管理技士 の 5門
第3問
山留め工事における水平切梁工法に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1級建築施工管理技士 の 5門
第4問
鉄筋コンクリート造事務所ビルの基準階の型枠工事の工程を検討する場合、次の条件における型枠工の1日当たりの必要人数として、正しいものはどれか。
■条件■
【基準階床面積】:600㎡
【単位床面積当たりの型枠数量】:4 ㎡/㎡
【型枠面積当たりの歩掛り】:0.1 人/㎡
【実働日数】:15日

1級建築施工管理技士 の 5門
第5問
消防用設備等に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る