google+LINEで送る
2級建築施工管理技士 の 10問
第1問
採光及び照明に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

2級建築施工管理技士 の 10問
第2問
地盤の平板載荷試験に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

2級建築施工管理技士 の 10問
第3問
ウレタンゴム系塗膜防水の工法に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

2級建築施工管理技士 の 10問
第4問
壁のせっこうボードのせっこう系接着材による直張り工法に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

2級建築施工管理技士 の 10問
第5問
壁のセメントモルタル塗りに関する記述として、最も不適当なものはどれか。

2級建築施工管理技士 の 10問
第6問
在来軸組構法における木工事に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

2級建築施工管理技士 の 10問
第7問
セルフレベリング材塗りに関する記述として、最も不適当なものはどれか。

2級建築施工管理技士 の 10問
第8問
工事に先立ち行う事前調査に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

2級建築施工管理技士 の 10問
第9問
建設工事の請負契約書に記載しなければならない事項として、「建設業法」上、定められていないものはどれか。

2級建築施工管理技士 の 10問
第10問
総合工程表の立案段階において考慮すべき事項として、必要性の最も少ないものはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る