google+LINEで送る
2級建築施工管理技士 の 10問
第1問
シーリング工事に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

2級建築施工管理技士 の 10問
第2問
工事現場における材料の保管に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

2級建築施工管理技士 の 10問
第3問
釘留め工法によるフローリングボード張りに関する記述として、最も不適当なものはどれか。

2級建築施工管理技士 の 10問
第4問
屋根の心木なし瓦棒葺きに関する記述として、最も不適当なものはどれか。

2級建築施工管理技士 の 10問
第5問
図に示す単純梁の支点A及びB にモーメント荷重がそれぞれ作用したとき、支点B に生ずる反力の大きさとして、正しいものはどれか。

2級建築施工管理技士 の 10問
第6問
外壁乾式工法による張り石工事に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

2級建築施工管理技士 の 10問
第7問
建築工事の現場で、統括安全衛生責任者を選任しなければならない常時就労する労働者の最少人員として、「労働安全衛生法」上、正しいものはどれか。ただし、圧気工法による作業を行う仕事を除く。

2級建築施工管理技士 の 10問
第8問
型枠支保工に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

2級建築施工管理技士 の 10問
第9問
シーリングに関する記述として、最も不適当なものはどれか。

2級建築施工管理技士 の 10問
第10問
次の記述のうち、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」上、誤っているものはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る