google+LINEで送る
2級建築施工管理技士 の 10問
第1問
総合工程表の立案段階において考慮すべき事項として、必要性の最も少ないものはどれか。

2級建築施工管理技士 の 10問
第2問
仮設計画に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

2級建築施工管理技士 の 10問
第3問
照明に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

2級建築施工管理技士 の 10問
第4問
親杭横矢板工法に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

2級建築施工管理技士 の 10問
第5問
鉄筋の加工及び組立てに関する記述として、最も不適当なものはどれか。

2級建築施工管理技士 の 10問
第6問
山留め工事に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

2級建築施工管理技士 の 10問
第7問
木材に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

2級建築施工管理技士 の 10問
第8問
建設工事に係る次の資材のうち、「建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律(建設リサイクル法)」上、特定建設資材に該当するものはどれか。

2級建築施工管理技士 の 10問
第9問
高力ボルト摩擦接合に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

2級建築施工管理技士 の 10問
第10問
金属工事に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る