google+LINEで送る
1級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第1問
壁のせっこうボード張りに関する次の記述は適当でしょうか?

外壁の室内面におけるせっこう系接着材による直張り工法では、躯体に打ち込んだポリスチレンフォーム断熱材にプライマー処理をして、ボードを張り付けた。

1級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第2問
採光に関する次の記述は適当でしょうか?

全天空照度とは、天空光が遮蔽されることのない状況で、直射日光を除いた全天空による、ある点の水平面照度をいう。

1級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第3問
軽量鉄骨壁下地に関する次の記述は適当でしょうか?

スタッドがコンクリート壁に添え付く場合は、上下ランナーに差し込み、打込みピンでコンクリート壁に固定した。

1級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第4問
左官材料に関する次の記述は適当でしょうか?

メチルセルロースは、水溶性粉末でセメントモルタルに混入して、作業性の向上のために用いられる。

1級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第5問
鉄骨構造における接合部に関する次の記述は適当でしょうか?

応力を負担させるT継手の隅肉溶接の場合、母材間の交角は、60度から120度の範囲とする。

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る