google+LINEで送る
1級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第1問
床材料に関する記述として、最も不適当は適当でしょうか?

コンポジションビニル床タイルは、単層ビニル床タイルよりバインダー量を多くした床タイルである。

1級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第2問
壁面の陶磁器質タイル張り工事等における試験及び検査に関する次の記述は適当でしょうか?

セメントモルタルによるタイルあと張り工法において、引張接着力試験の試験体の周辺は、試験に先立ち、コンクリート面までカッターで切断した。

1級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第3問
金属系素地面の塗装工事に関する次の記述は適当でしょうか?

2液形ポリウレタンエナメル塗りにおいて、中塗りの工程間隔時間の上限は7日とした。

1級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第4問
屋根防水改修工事に関する次の記述は適当でしょうか?

既存の露出アスファルト防水層の上に、アスファルト露出防水密着工法を行うので、既存の砂付ルーフィングの表面の砂は可能な限り取り除き、清掃後、アスファルト系下地調整材を塗布した。

1級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第5問
壁面の陶磁器質タイル張り工事等における試験及び検査に関する次の記述は適当でしょうか?

打音検査は、タイル張り仕上げの全面について行い、浮きの有無を確認した。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る