google+LINEで送る
1級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第1問
植栽工事に関する次の記述は適当でしょうか?

根巻きを行う場合、掘り取る際の根鉢の鉢径は、樹木の根元幹径の1.5倍とする。

1級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第2問
建築用ガラスに関する次の記述は適当でしょうか?

倍強度ガラスは、板ガラスを熱処理してガラス表面に適切な大きさの圧縮応力層をつくり、破壊強度を増大させ、かつ、破損したときに細片となるようにしたガラスである。

1級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第3問
品質管理に関する次の記述は適当でしょうか?

品質確保のための作業標準が計画できたら、作業がそのとおり行われているかどうかの管理に重点をおく。

1級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第4問
軽量鉄骨壁下地に関する次の記述は適当でしょうか?

スタッドがコンクリート壁に添え付く場合は、上下ランナーに差し込み、打込みピンでコンクリート壁に固定した。

1級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第5問
躯体工事の施工計画に関する次の記述は適当でしょうか?

地業工事で、捨てコンクリートを少量ずつ数箇所に分けて打ち込むため、練混ぜから打込み終了までの時間を90 分とすることとした。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る