google+LINEで送る
1級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第1問
場所打ちコンクリート杭の施工に関する次の記述は適当でしょうか?

オールケーシング工法では、コンクリート打設中にケーシングチューブの先端を常にコンクリート上面より2 m 以深に保持する。

1級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第2問
音に関する次の記述は適当でしょうか?

コインシデンス効果とは、入射音波と板材の共振により、遮音性能が低下する現象をいう。

1級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第3問
伝熱に関する次の記述は適当でしょうか?

熱損失係数は、建物の断熱性能評価の指標であり、この値が小さいほど断熱性能が高い。

1級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第4問
鉄筋コンクリート造の構造計画に関する次の記述は適当でしょうか?

平面形状が極めて長い建物には、コンクリートの乾燥収縮や不同沈下等による問題が生じやすいので、エキスパンションジョイントを設ける。

1級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第5問
鉄筋のガス圧接継手の試験及び検査に関する次の記述は適当でしょうか?

検査ロットの大きさは、1組の作業班が1日に実施した圧接箇所とした。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る