google+LINEで送る
1級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第1問
鉄筋の継手及び定着に関する次の記述は適当でしょうか?(※dは異形鉄筋の呼び名の数値又は鉄筋径とする。)

梁下端筋の柱梁接合部への定着は、梁下端筋を曲げ上げる形状で定着させた。

1級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第2問
鉄筋コンクリート構造に関する次の記述は適当でしょうか?

梁貫通孔は、梁端部への配置を避け、孔径を梁せいの1/2以下とする。

1級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第3問
採光及び照明に関する次の記述は適当でしょうか?

光度とは、反射面を有する受照面の光の面積密度をいう。

1級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第4問
鉄筋の加工及び組立てに関する次の記述は適当でしょうか?(※dは異形鉄筋の呼び名の数値又は鉄筋径とする。)

杭基礎のベース筋は、両端を曲げ上げて、末端部に90°フックを設けた。

1級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第5問
クレーン又は移動式クレーンに関する次の記述は、「クレーン等安全規則」上、正しいでしょうか?

つり上げ荷重が3 t以上のクレーンの落成検査における荷重試験は、クレーンの定格荷重に相当する荷重の荷をつって行った。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る