google+LINEで送る
1級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第1問
鉄筋の継手及び定着に関する次の記述は適当でしょうか?(※dは異形鉄筋の呼び名の数値又は鉄筋径とする。)

柱に用いるスパイラル筋の重ね継手の長さは、40 d以上、かつ、200 mm 以上とした。

1級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第2問
鉄骨の建方に関する次の記述は適当でしょうか?

架構の倒壊防止用に使用するワイヤロープを、そのまま建入れ直し用に兼用した。

1級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第3問
ALCパネル工事に関する次の記述は適当でしょうか?

パネルの取扱い時に欠けが生じたが、構造耐力上は支障がなかったので、製造業者が指定する補修モルタルで補修して使用した。

1級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第4問
壁のせっこうボード張りに関する次の記述は適当でしょうか?

せっこう系接着材による直張り工法において、1回の接着材の塗付けは、張り付けるボード1枚分とした。

1級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第5問
シーリング工事に関する次の記述は適当でしょうか?

外壁ALCパネル張りに取り付けるアルミニウム製建具の周囲の目地シーリングは、3面接着とした。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る