google+LINEで送る
1級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第1問
工程計画及び工程表に関する次の記述は適当でしょうか?

工程計画の立案には、大別して積上方式(順行型)と割付方式(逆行型)とがあり、工期が制約されている場合は、割付方式を採用することが多い。

1級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第2問
鉄骨の建方に関する次の記述は適当でしょうか?

スパン間の計測寸法が正規より小さかったので、ワイヤによる建入れ直しの前に、梁の接合部のクリアランスに矢を打ち込んで押し広げた。

1級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第3問
軽量鉄骨壁下地に関する次の記述は適当でしょうか?

65形のスタッド材を使用した袖壁端部は、垂直方向の補強材の長さが4.0mを超えたので、スタッド材を2本抱き合わせて溶接したもので補強した。

1級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第4問
鉄筋コンクリート造の建築物の構造計画に関する次の記述は適当でしょうか?

建物間に設けるエキスパンションジョイント部のあき寸法は、建物相互の変形量を考慮する。

1級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第5問
採光及び照明に関する次の記述は適当でしょうか?

演色性とは、照明光による物体色の見え方についての光源の性質をいう。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る