google+LINEで送る
2級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第1問
在来軸組構法における木工事に関する次の記述は適当でしょうか?

根太の継手は、大引の心で突付け継ぎとし、釘打ちとした。

2級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第2問
建設業の許可に関する次の記述は「建設業法」上、正しいでしょうか?

一般建設業の許可を受けた者が、当該許可に係る建設業について、特定建設業の許可を受けたときも、当該建設業に係る一般建設業の許可は有効である。

2級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第3問
在来軸組構法における木工事に関する次の記述は適当でしょうか?

束立て床組の大引の継手は、床束心で腰掛けあり継ぎとし、釘打ちとした。

2級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第4問
外壁のALCパネル工事に関する次の記述は適当でしょうか?

外壁の出隅及び入隅部のパネル接合部は、伸縮目地を設け、耐火目地材を挟み込んだ。

2級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第5問
型枠又は支柱の存置期間に関する次の記述は適当でしょうか?

コンクリートの材齢によるスラブ下の支柱の最小存置期間は、高炉セメントB種を用いる場合、存置期間中の平均気温が5 ℃の場合と15℃の場合とでは同じである。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る