google+LINEで送る
2級建築機械施工技士 の 10問
第1問
請負代金の額が500 万円以上の建築物以外の工作物の解体工事で、請負契約にかかる書面に記載しなければならない事項として次のうち、適切なものはどれか。

2級建築機械施工技士 の 10問
第2問
軟弱地盤対策工法と主として期待される効果に関する次の組合せのうち、適切でないものはどれか。

2級建築機械施工技士 の 10問
第3問
盛土工の締固めで品質規定方式を使用する場合、品質を規定する用語として次のうち、適切でないものはどれか。

2級建築機械施工技士 の 10問
第4問
労働基準法上、賃金に関する次の記述のうち、適切なものはどれか。

2級建築機械施工技士 の 10問
第5問
品質管理のデータ整理の手法として、次のうち適切でないものはどれか。

2級建築機械施工技士 の 10問
第6問
盛土材料に関する次の記述のうち、適切でないものはどれか。

2級建築機械施工技士 の 10問
第7問
騒音規制法に定める指定地域内において特定建設作業を伴う建設工事を施工しようとする者が、特定建設作業の実施の届出を提出する機関として次のうち、適切なものはどれか。

2級建築機械施工技士 の 10問
第8問
作業の種類とそれに使用する土工機械に関する次の組合せのうち、適切でないものはどれか。

2級建築機械施工技士 の 10問
第9問
掘削に伴う排水工法として次のうち、適切でないものはどれか。

2級建築機械施工技士 の 10問
第10問
建設業法に定める建設工事の請負契約の当事者が、契約の締結に際して書面に記載しなければならない事項として次のうち、適切なものはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る