google+LINEで送る
小型船舶操縦者免許「運航」 の 5問
第1問
甲船がA地点から真針路北で出発し、その針路線上のB地点に到達したと推測されるとき、船位を求めたところ、実際はA地点から真針路010°の針路線上のC地点にあった。このような船位のずれが生じる原因とならないものは、次のうちどれか。

小型船舶操縦者免許「運航」 の 5問
第2問
出航前に点検しなければならない事項として適当でないものは、次のうちどれか。

小型船舶操縦者免許「運航」 の 5問
第3問
狭水道を航行する場合の注意事項として適当でないものは、次のうちどれか。

小型船舶操縦者免許「運航」 の 5問
第4問
右図に示す灯質(図解)は、次のうちどれか。

小型船舶操縦者免許「運航」 の 5問
第5問
小型船舶の荒天航行中における操縦上の注意事項について述べた次の(A)と(B)について、それぞれの正誤を判断し、下のうちからあてはまるものを選べ。

(A)向かい波のときは、船体が受ける衝撃を小さくするため、また、プロペラの空転による推進機関の損傷を防ぐために、速力は舵(かじ)が効く程度とする。
(B)追い波を受けて航走するときは、船体が波に横たわり転覆するのを避けるため、波ののぼり斜面に位置を保つように速力を調整する。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る