google+LINEで送る
小型船舶操縦者免許「上級運航」 の 5問
第1問
長距離航海中の注意事項について述べた次の文のうち、適当でないものはどれか。

小型船舶操縦者免許「上級運航」 の 5問
第2問
伊良湖における7月12日の潮汐について述べた次の文のうち、誤っているものはどれか。 ただし、潮汐表によると伊良湖の標準港は衣浦で、潮時差は-00h10m、瀬高比は0.89、 衣浦の当日の潮汐は下表のとおりである。

小型船舶操縦者免許「上級運航」 の 5問
第3問
宿毛湾における5月25日の潮汐について述べた次の文のうち、誤っているものはどれか。 ただし、潮汐表によると宿毛湾の標準港は高知で、潮時差は+00h15m、潮高比は1.08、 高知の当日の潮汐は下表のとおりである。

小型船舶操縦者免許「上級運航」 の 5問
第4問
K丸は、FRP製プレジャーボートで、A船長1人が乗り組み、同乗者5人を乗せて、魚釣りの目的で出港した。K丸には、GPSプロッターとヨット・モーターボート用参考図が搭載されていたが、通信連絡用機器は装備されていなかった。出港後、のり養殖施設に沿いながら釣り場まで航行し、釣り場に到着したところで釣りを始めた。しばらくすると、風向が変わり、風力もやや強さを増してきたことから、天気予報で夕方から下り坂との情報を得ていたA船長は魚釣りを切り上げて帰ることとし、手動操舵(だ)で帰港を開始した。しかし、A船長は、船位の確認方法をよく知らなかったので、GPSプロッターの航跡を見ながら航行すれば良いと考え、船位の確認をしないまま航行を続けていたところ、風潮流の影響により、のり養殖施設に急速に接近することとなった。A船長は黄色の標識ブイを発見したので、慌ててエンジンを中立にしたが、間に合わず養殖施設のロープがプロペラに絡んだ。その後、全員が救命胴衣を着用しないままロープの絡みを解こうと懸命になるうち、ロープに引き込まれる状態でK丸が転覆し、海岸まで泳ぎ着いたA船長を除く5人の同乗者は全員溺死した。上記の海難事故について、その直接の原因と考えられないものは、次のうちどれか。

小型船舶操縦者免許「上級運航」 の 5問
第5問
右図は、日本近海の海流の状況を示したものである。図中(ア)の海流の名称は、次のうちどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る