google+LINEで送る
小型船舶操縦者免許試験問題 の 5問
第1問
ディーゼルエンジンが始動しない場合の原因について述べた次の(A)と(B)について、それぞれの正誤を判断し、下のうちからあてはまるものを選べ。

(A)スターターが回らない場合は、バッテリー、バッテリーターミナル、ヒューズ、メインスイッチ等の電気系統が原因と考えられる。
(B)スターターモーターでは回るが始動しない場合は、セジメンター、燃料コック、ガバナー、燃料ポンプ等の燃料系統が原因と考えられる。

小型船舶操縦者免許試験問題 の 5問
第2問
船内機船のプロペラシャフト系について述べた次の文のうち、適当でないものはどれか。

小型船舶操縦者免許試験問題 の 5問
第3問
航海中の注意事項について述べた次の(A)と(B)について、それぞれの正誤を判断し、 下のうちからあてはまるものを選べ。
(A)常に前方の見張りに専念し、法規を遵守した操縦を行わなければならない。
(B)常に船位の確認を行い、コースラインからのずれを照合し、修正を行わなければならない。

小型船舶操縦者免許試験問題 の 5問
第4問
S丸は、FRP製プレジャーボートで、A船長1人が乗り組み、同乗者2人を乗せ、魚釣りの目的で放水路に面したマリーナを出港し、沖合の釣り場に向かった。A船長は、マリーナ沖合で魚釣りを行ったものの、釣果が良くなかったことと、時々現れる波高の高いうねりにより、船体の上下運動が周期的に大きくなるのを認めた。また、同乗者が船酔いをしたのでマリーナに帰ることとして釣り場を発進することとしたが、そのころ防波堤入り口から、水上オートバイが出港してくるのを見かけたことから、防波堤付近に危険を及ぼす波はないものと思い、放水路中央に向け手動操舵(だ)により進行した。S丸は、防波堤の先端付近に至ったところで、右舷(げん)後方から打ち寄せるうねりで船尾を左方に押され、折から高起した磯(いそ)波を右舷正横に受けたことにより、右舷側から波面にあおられて左方に大傾斜し、復原力を喪失して転覆した。放水路の海側からの入り口は防波堤によって形成され、防波堤先端付近の水深が急に浅くなっており、沖合から波高の高いうねりが防波堤先端に打ち寄せると、高起した磯波が発生するが、A船長は長年にわたり何回も防波堤入り口を航過した経験を持ち、水域事情は十分に承知していた。上記の海難事故について、その主要原因は、次のうちどれか。

小型船舶操縦者免許試験問題 の 5問
第5問
船内機船のプロペラの取付けや交換の方法について述べた次の文のうち、誤っているものはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る