google+LINEで送る
看護師国家試験 の 10門
第1問
平成 22 年(2010 年)の日本の看護師の就業場所で 2 番目に多いのはどれか。

看護師国家試験 の 10門
第2問
うつ病で正しいのはどれか。

看護師国家試験 の 10門
第3問
A ちゃん(生後 4 か月、女児)は、 4 、 5 日前から鼻汁と咳嗽とが出現し、今朝から 38.0?39.0 ℃の発熱があり水分摂取が困難になったため受診した。検査の結果、RS ウイルス抗原陽性で急性細気管支炎と診断され入院した。入院時、口唇色と顔色はやや不良、呼吸数 60/分、心拍数 150/分、血圧 90/52 mmHg で、経皮的動脈血酸素飽和度〈SpO2〉88 %であった。血液検査データは、赤血球 480 万/nL、Hb 12.8 g/dL、Ht 39 %、白血球 12,000/nL、CRP 5.5 mg/dL。動脈血液ガス分析は、動脈血炭酸ガス分圧〈PaCO2〉45 Torr、動脈血酸素分圧〈PaO2〉58 Torr であった。胸部エックス線撮影で肺野に異常陰影は認められない。

このときの A ちゃんに準備すべき物品で優先度が高いのはどれか。

看護師国家試験 の 10門
第4問
虚血性心疾患の危険因子はどれか。

看護師国家試験 の 10門
第5問
訪問看護師の関わりで最も適切なのはどれか。

看護師国家試験 の 10門
第6問
消毒の際に、次亜塩素酸ナトリウムを用いるのが最も適切なのはどれか。

看護師国家試験 の 10門
第7問
A さん(68 歳、女性)は、 2 年前に高血圧症と診断され、カルシウム拮抗薬を服用している。高血圧をきっかけに、喫煙を 1 日 30 本から 5 本に減らし、飲酒を週 3 回から 1 回に減らした。また、減量に取り組み、 2 年間で BMI が 25.5 から 22.9 に変化した。A さんは町の健康診査で骨密度が低下していることが分かり、整形外科を受診し骨粗鬆症と診断された。A さんは「子どもができなかったし、夫もすでに亡くなりました。 1 人暮らしで家事は自分で行っているので、骨折や寝たきりの状態は困ります」と話した。

A さんの骨粗鬆症の要因として最も考えられるのはどれか。

看護師国家試験 の 10門
第8問
認知症の認知機能評価に用いられないのはどれか。

看護師国家試験 の 10門
第9問
要介護状態の区分の審査判定業務を行うのはどれか。

看護師国家試験 の 10門
第10問
小児医療に関する課題とその対応の組合せで正しいのはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る