google+LINEで送る
看護師国家試験 の 10門
第1問
仰臥位の患者の良肢位について正しいのはどれか。

看護師国家試験 の 10門
第2問
臨死期に特徴的にみられるのはどれか。

看護師国家試験 の 10門
第3問
これまでに獲得した知識を統合して物事に対処する能力はどれか。

看護師国家試験 の 10門
第4問
胃瘻(バルーン型)を造設した在宅療養者と家族への指導で適切なのはどれか。

看護師国家試験 の 10門
第5問
幼児期後期における呼吸の型はどれか。

看護師国家試験 の 10門
第6問
造血について正しいのはどれか。

看護師国家試験 の 10門
第7問
妊娠中の母体の要因が胎児に及ぼす影響について正しいのはどれか。

看護師国家試験 の 10門
第8問
平成 24 年(2012 年)の国民生活基礎調査で、世帯総数における核家族世帯の割合に最も近いのはどれか。

看護師国家試験 の 10門
第9問
モルヒネによる急性中毒の症状・徴候はどれか。

看護師国家試験 の 10門
第10問
A さんの母親は過干渉で、A さんが反論すると厳しい口調でいつまでも A さんを批判し続けるため、A さんは母親との関係に悩んできた。その母親と同年代で体格が似ている担当看護師に対し、A さんは常に反抗的な態度をとり、強い拒絶を示している。
A さんにみられるのはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る