google+LINEで送る
看護師国家試験 の 10門
第1問
A さん(68 歳、女性)は、人間ドックで骨量がやや減少していると指摘され、骨粗鬆症の予防のための指導を受けた。指導内容で適切なのはどれか。

看護師国家試験 の 10門
第2問
メタボリックシンドロームの診断に必須の診断基準項目はどれか。

看護師国家試験 の 10門
第3問
A 君( 6 歳)は、慢性疾患の治療のため入院して 1 か月が経過した。A 君に感染のリスクはない。母親が A 君に面会をしている間、兄の B 君(10 歳)は、病棟の出口のロビーで母親の帰りを待っている。看護師が B 君の近くを通ると、B 君は看護師に「弟の様子はどうですか。弟に会えなくて寂しいです」と言う。この家族への支援で最も適切なのはどれか。

看護師国家試験 の 10門
第4問
生活習慣病の一次予防はどれか。

看護師国家試験 の 10門
第5問
災害発生後、避難先の体育館で生活を始めた高齢者への対応で最も適切なのはどれか。

看護師国家試験 の 10門
第6問
胃の主細胞で分泌されるのはどれか。

看護師国家試験 の 10門
第7問
A さん(55 歳、男性)は、胃癌に対して胃全摘術を受けている。食事の摂取後に、腹痛と嘔吐があり来院した。腹部膨満があり、腹部エックス線撮影でイレウスと診断されて緊急入院した。入院後、イレウス管を留置した A さんへの看護で適切なのはどれか。

看護師国家試験 の 10門
第8問
抗癌薬の点滴静脈内注射中の患者が刺入部の腫脹と軽い痛みを訴え、看護師が確認した。直ちに行うのはどれか。

看護師国家試験 の 10門
第9問
A さん(65 歳、男性、会社員)は、午後 2 時、会議の最中に急に発語しづらくなり、右上下肢に力が入らなくなったため、同僚に連れられて救急外来を受診した。既往歴に特記すべきことはない。来院時、ジャパン・コーマ・スケール〈JCS〉Ⅰ- 3 、瞳孔径は両側 2.0 mm。呼吸数 18/分、脈拍 60?80/分、不整で、血圧 176/100 mmHg。右上下肢に麻痺がある。午後 4 時、A さんの頭部 CT の所見で特に異常は認められなかったが、MRI の所見では左側頭葉に虚血性の病変が認められた。

この後の治療でまず検討されるのはどれか。

看護師国家試験 の 10門
第10問
受精から着床開始までの期間はどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る