google+LINEで送る
作業療法士国家試験 の 10門
第1問
Horner 症候群で正しいのはどれか。

作業療法士国家試験 の 10門
第2問
作業療法中に簡単な作業であっても頻回に助言を求めるのはどれか。

作業療法士国家試験 の 10門
第3問
転倒リスクのある高齢者に対する階段の環境整備について正しいのはどれか。

作業療法士国家試験 の 10門
第4問
感染予防策と用いられる方法の組合せで正しいのはどれか。

作業療法士国家試験 の 10門
第5問
筋と付着部の組合せで正しいのはどれか。

作業療法士国家試験 の 10門
第6問
関節可動域測定法(日本整形外科学会、日本リハビリテーション医学会基準による)で運動方向と参考可動域角度の組合せで正しいのはどれか。

作業療法士国家試験 の 10門
第7問
運動単位について正しいのはどれか。

作業療法士国家試験 の 10門
第8問
25 歳の男性。統合失調症。大学卒業後、営業職に就いたものの、まもなく発症して入院となった。退院後、就労支援を受けたいという本人の希望があり、現在は配食サービスを行う事業所に通っている。事業所とは雇用契約を交わしており、職業指導員の指導の下に調理と配達業務を担当し、業務以外の悩みについては生活支援員に相談している。この患者が利用している就労支援サービス事業所として適切なのはどれか。

作業療法士国家試験 の 10門
第9問
槌指(mallet finger)で自動運動が困難なのはどれか。

作業療法士国家試験 の 10門
第10問
中学生の心理発達における特徴はどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る