google+LINEで送る
作業療法士国家試験 の 10門
第1問
70 歳の男性。2 年前に脳卒中による左片麻痺を発症した。Brunnstrom 法ステージは上肢と手指はⅡで、下肢はⅢである。左半側空間無視を認める。FIM では、セルフケアの6 項目と移乗の3 項目は4 点で、車椅子での移動項目は3 点である。自宅でのリハビリテーションに際し優先されるべき目標はどれか。

作業療法士国家試験 の 10門
第2問
糖尿病患者にみられる病態で運動負荷が禁忌となるのはどれか。

作業療法士国家試験 の 10門
第3問
Parkinson 病の症状、徴候について正しいのはどれか。

作業療法士国家試験 の 10門
第4問
うつ病患者の作業療法の注意点について正しいのはどれか。

作業療法士国家試験 の 10門
第5問
身体障害者障害程度等級表による内部障害でないのはどれか。

作業療法士国家試験 の 10門
第6問
絞扼性神経障害と神経の組合せで正しいのはどれか。

作業療法士国家試験 の 10門
第7問
10 歳の男児。学業成績は中位だが授業中に落ちつきがなく、隣の子に一方的に話しかける、落書きをする、忘れ物をするなどでよく注意を受けていた。片付けも苦手で自室は乱雑であった。心配した母親と共に精神科を受診し、外来作業療法が開始された。

この男児に対する作業療法での対応で適切なのはどれか。

作業療法士国家試験 の 10門
第8問
心因性のけいれん発作を繰り返す患者への対応で適切なのはどれか。

作業療法士国家試験 の 10門
第9問
就労移行支援事業について正しいのはどれか。

作業療法士国家試験 の 10門
第10問
男性に多い疾患はどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る