google+LINEで送る
作業療法士国家試験 の 5門
第1問
4 歳の男児。顕在性二分脊椎症による脊髄髄膜瘤の術後。Sharrard(シェラード)の分類ではⅠで、尖足を認める。その他の変形や中枢神経系の合併症はみられない。この児の移動訓練に必要なのはどれか。 2 つ選べ。

作業療法士国家試験 の 5門
第2問
加齢に伴い増加するのはどれか。

作業療法士国家試験 の 5門
第3問
小児を対象とした評価法とその説明の組合せで正しいのはどれか。

作業療法士国家試験 の 5門
第4問
高機能広汎性発達障害患者の導入時の作業療法で重要なのはどれか。

作業療法士国家試験 の 5門
第5問
転倒リスクのある高齢者に対する階段の環境整備について正しいのはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る