google+LINEで送る
視能訓練士国家試験 の 10門
第1問
大型弱視鏡で融像検査をした。自覚的斜視角は-2°であった。左右の鏡筒を同時に開散側へ動かすと左右それぞれ-4°で融像が破れた。次に左右の鏡筒を同時に輻湊側へ動かすと左右それぞれ+8°で融像が破れた。融像幅はどれか。

視能訓練士国家試験 の 10門
第2問
視能訓練士の業務として可能なのはどれか。

視能訓練士国家試験 の 10門
第3問
正常眼圧緑内障で正しいのはどれか。

視能訓練士国家試験 の 10門
第4問
眼部に接触して行う検査はどれか。

視能訓練士国家試験 の 10門
第5問
インドシアニングリーン赤外蛍光眼底造影検査が有用なのはどれか。

視能訓練士国家試験 の 10門
第6問
近見反応で正しいのはどれか。

視能訓練士国家試験 の 10門
第7問
成人に対する屈折矯正方法で、コンタクトレンズと比較したときの眼鏡の特徴はどれか。

視能訓練士国家試験 の 10門
第8問
立体視の検査が同じ原理の組合せはどれか。

視能訓練士国家試験 の 10門
第9問
海綿静脈洞症候群で障害されないのはどれか。

視能訓練士国家試験 の 10門
第10問
我が国の成人の外眼部で正しいのはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る