google+LINEで送る
理学療法士国家試験 の 10門
第1問
Rogers によるカウンセリングの方法はどれか。

理学療法士国家試験 の 10門
第2問
上腕骨骨折について正しいのはどれか。

理学療法士国家試験 の 10門
第3問
Daniels らの徒手筋力テストで、腓腹筋の検査をする際に代償的に働く筋はどれか。

理学療法士国家試験 の 10門
第4問
染色体と細胞分裂について正しいのはどれか。

理学療法士国家試験 の 10門
第5問
欠神発作について正しいのはどれか。

理学療法士国家試験 の 10門
第6問
自我の障害はどれか。

理学療法士国家試験 の 10門
第7問
60 歳の男性。両下肢のしびれと間欠性跛行とを認める。足背動脈の触知は可能で、体幹を前屈することによって歩行が容易となる。

症状を改善するのに適している装具はどれか。

理学療法士国家試験 の 10門
第8問
血液中の血小板について誤っているのはどれか。

理学療法士国家試験 の 10門
第9問
肘関節を最大伸展させたときの表記で屈曲拘縮を示すのはどれか。以下より1つ選びなさい。

理学療法士国家試験 の 10門
第10問
関節可動域測定法(日本整形外科学会、日本リハビリテーション医学会基準による)で参考可動域角度が 10°とされているのはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る