google+LINEで送る
理学療法士国家試験 の 10門
第1問
87 歳の女性。脳卒中による重度の右片麻痺。回復期リハビリテーション病棟に入院中。座位での基本動作は自立。認知機能は保たれている。短下肢装具と4 点杖で5 m までは自力での歩行が可能。介助があればT字杖で20 m 程度の歩行は可能。ここ2 か月は状態に大きな変化はみられない。最近、介護老人保健施設への退院が決まった。

退院後の生活上の移動手段で実用的なのはどれか。

理学療法士国家試験 の 10門
第2問
末神経障害における症状で正しい組合せはどれか。

理学療法士国家試験 の 10門
第3問
改訂日本版デンバー式発達スクリーニング検査(JDDST-R)において 90 %通過率が 6 ? 8 か月なのはどれか。

理学療法士国家試験 の 10門
第4問
大腿義足の膝継手におけるイールディング機構の機能で正しいのはどれか。

理学療法士国家試験 の 10門
第5問
扁平上皮癌の特徴はどれか。

理学療法士国家試験 の 10門
第6問
筋と体幹の運動の組合せで正しいのはどれか。

理学療法士国家試験 の 10門
第7問
Daniels らの徒手筋力テストにおける段階 2 の検査で、検査する筋と測定肢位の組合せで正しいのはどれか。

理学療法士国家試験 の 10門
第8問
栄養素と吸収部位の組合せで正しいのはどれか。

理学療法士国家試験 の 10門
第9問
PTB 式免荷装具について正しいのはどれか。

理学療法士国家試験 の 10門
第10問
60 歳の女性。身長 160 cm、体重 70 kg。安静時心拍数 70/分、安静時血圧 140/80mmHg。現在、運動療法として、朝と夕方に散歩(3METs)を各々45 分行っている。下記の指標を求める計算方法で誤っているのはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る