google+LINEで送る
理学療法士国家試験 の 10門
第1問
Rogers によるカウンセリングの方法はどれか。

理学療法士国家試験 の 10門
第2問
超音波療法について正しいのはどれか。

理学療法士国家試験 の 10門
第3問
全身持久力トレーニングを主体とした運動療法を中止すべき状態はどれか。

理学療法士国家試験 の 10門
第4問
眼振がみられる患者の体幹筋の協調運動障害に適応となるのはどれか。

理学療法士国家試験 の 10門
第5問
87 歳の女性。脳卒中による重度の右片麻痺。回復期リハビリテーション病棟に入院中。座位での基本動作は自立。認知機能は保たれている。短下肢装具と4 点杖で5 m までは自力での歩行が可能。介助があればT字杖で20 m 程度の歩行は可能。ここ2 か月は状態に大きな変化はみられない。最近、介護老人保健施設への退院が決まった。

退院後の生活上の移動手段で実用的なのはどれか。

理学療法士国家試験 の 10門
第6問
関節とその形状の組合せについて正しいのはどれか。

理学療法士国家試験 の 10門
第7問
統合失調症の予後について正しいのはどれか。

理学療法士国家試験 の 10門
第8問
温熱を目的とした超音波療法で正しいのはどれか。

理学療法士国家試験 の 10門
第9問
腰椎椎間板ヘルニアについて正しいのはどれか。

理学療法士国家試験 の 10門
第10問
組織液の還流で正しいのはどれか。

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る