google+LINEで送る
理学療法士国家試験 の 10門
第1問
眼振がみられる患者の体幹筋の協調運動障害に適応となるのはどれか。

理学療法士国家試験 の 10門
第2問
対麻痺に用いられる交互歩行装具と内側継手付き両側長下肢装具の比較で正しいのはどれか。

理学療法士国家試験 の 10門
第3問
25 歳の男性。オートバイ運転中に乗用車と接触して頭部を強打し救急搬送され、外傷性脳損傷と診断された。理学療法が開始され 2 か月が経過した。FIM は 92 点。基本動作はすべて可能であるが、注意散漫になりやすい。Brunnstrom 法ステージは上肢Ⅵ、下肢Ⅴ、modified Ashworth scale 1 、歩行速度は 0.9 m/s、functional balance scaleは 52 点であった。

現時点の理学療法で重点的に行う内容はどれか。

理学療法士国家試験 の 10門
第4問
認知療法について正しいのはどれか。

理学療法士国家試験 の 10門
第5問
大脳基底核に含まれないのはどれか。

理学療法士国家試験 の 10門
第6問
頭頂葉の病変で生じる症候はどれか。

理学療法士国家試験 の 10門
第7問
折りたたみナイフ現象に関与する感覚神経線維はどれか。

理学療法士国家試験 の 10門
第8問
原始反射とその説明の組合せで正しいのはどれか。

理学療法士国家試験 の 10門
第9問
60 歳の男性。Parkinson 病。3 年前に右手の振戦で発症し、2 年前から左足と左手の振戦を認めている。最近、前かがみが強くなり、腹部が締めつけられるような感覚を生じることがある。独歩は可能。事務仕事を継続している。外来時の指導で適切なのはどれか。

理学療法士国家試験 の 10門
第10問
寒冷療法の作用で正しいのはどれか。

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る