google+LINEで送る
理学療法士国家試験 の 5門
第1問
関節可動域測定法(日本整形外科学会、日本リハビリテーション医学会基準による)の運動方向と参考可動域の組合せで正しいのはどれか。以下より1つ選びなさい。

理学療法士国家試験 の 5門
第2問
末神経障害における症状で正しい組合せはどれか。

理学療法士国家試験 の 5門
第3問
9 歳の男児。Duchenne 型筋ジストロフィー。独歩は可能だが、腹部を突き出し両肩を左右に振る動揺歩行と内反尖足とが顕著である。床からの立ち上がり動作では登はん性起立を示し、柱などにつかまればかろうじて立ち上がることができる。上肢に拘縮はなく、ゆっくりであるが両上肢を挙上することができる。

この時期に行う理学療法士の対応で優先度が高いのはどれか。

理学療法士国家試験 の 5門
第4問
病態と薬物療法の組合せで正しいのはどれか。

理学療法士国家試験 の 5門
第5問
極超短波による物理療法で正しいのはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る