google+LINEで送る
精神保健福祉士 国家試験 の 10門
第1問
日常生活自立支援事業に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

精神保健福祉士 国家試験 の 10門
第2問
雇用保険などの給付に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

(注)1「一般被保険者」とは、雇用保険の被保険者のうち、高年齢継続被保険者、短期雇用特例被保険者及び日雇労働被保険者以外の者である。2「求職者支援法」とは、「職業訓練の実施等による特定求職者の就職の支援に関する法律」のことである。

精神保健福祉士 国家試験 の 10門
第3問
ある朝、デイケアメンバーのMさん、Aさんの二人がスタッフルームを訪れ、「昨日、全体ミーティングの時、みんなで遊園地に行こうと提案したら、Bさんたちが遊びの計画はダメだと言った。僕たちの意見に賛成した人たちもBさんの迫力に負けたみたいで何も言えなかった。そんなミーティングだったら僕たちはもう出ません」とC精神保健福祉士に話した。C精神保健福祉士は、「そうでしたね。昨日は時間の制約があって十分に意見交換ができませんでしたね。次回の全体ミーティングで、もう一度お二人の提案の趣旨を話し、その上でBさんたちの意見も聞いてみましょうよ」と話した。次のうち、C精神保健福祉士が次回の全体ミーティングで用いるグループワークの原則として、適切なものを1つ選びなさい。

精神保健福祉士 国家試験 の 10門
第4問
アルコール健康障害対策基本法に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

精神保健福祉士 国家試験 の 10門
第5問
ボランティア活動に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

精神保健福祉士 国家試験 の 10門
第6問
統合失調症に対する抗精神病薬による治療に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

精神保健福祉士 国家試験 の 10門
第7問
次のうち、女性よりも男性に多く認められるメンタルヘルスの問題として、正しいものを1つ選びなさい。

精神保健福祉士 国家試験 の 10門
第8問
医療保険の高額療養費制度に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

精神保健福祉士 国家試験 の 10門
第9問
受益と負担に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。

精神保健福祉士 国家試験 の 10門
第10問
「犯罪被害者に対する急性期心理社会支援ガイドライン」に記載されている支援者の対応に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

(注)「犯罪被害者に対する急性期心理社会支援ガイドライン」とは、平成 24 年度厚生労働科学研究「大規模災害や犯罪被害等による精神疾患の実態把握と対応ガイドラインの作成・評価に関する研究」において作成されたものである。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る