google+LINEで送る
保健師国家試験 の 5門
第1問
市の保健師は、認知症の高齢者への支援には地域で支え合いができる体制を構築することが必要と考え、市内の中学校に出向いて生徒に対して認知症に関する健康教育を行うことにした。媒体として最も効果的なのはどれか。

保健師国家試験 の 5門
第2問
ケアマネジメントにおける権利擁護〈アドボカシー〉について正しいのはどれか。

保健師国家試験 の 5門
第3問
担当地区に住むA さんから「48 歳の夫が若年性認知症と診断され治療が開始されました。どうしたらよいかわかりません」と市の保健センターに電話があった。保健師の最初の対応で最も適切なのはどれか。

保健師国家試験 の 5門
第4問
介護予防事業における二次予防対象者を抽出するための基本チェックリストの中で、うつ予防と支援のスクリーニングの項目として正しいのはどれか。

保健師国家試験 の 5門
第5問
25 歳の母親。専業主婦。夫と6 か月の乳児(出生時体重 2,900 g、身長49 cm)との3人暮らし。乳児健康診査未受診で何度か電話で受診勧奨したが来所しないため、市の保健師が家庭訪問した。訪問時、児は体重6,900 g。首はすわり、寝返りはできているが、はいはいはできない。離乳食は開始したばかりであり、進め方が分からないと言うので保健指導した。人付き合いが苦手で、育児の相談相手もいないという。保健師の対応として最も適切なのはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る