google+LINEで送る
保健師国家試験 の 5門
第1問
A さんは、認知症高齢者の日常生活自立度判定基準ランクⅠで、要支援2 である。A さんは「来月から老人ホームに入ることが決まったと家族に言われた。私は自宅にいたい」と地域包括支援センターの保健師に相談した。保健師の対応として最も適切なのはどれか。

保健師国家試験 の 5門
第2問
保健所が行う業務はどれか。

保健師国家試験 の 5門
第3問
市の保健師が市内在住の成人の生活実態把握のために横断調査を行う。対象者の選定で適切なのはどれか。

保健師国家試験 の 5門
第4問
保健師は、BMI 28 以上の人を対象に生活習慣病予防のための健康づくり教室を企画した。教室は、 1 回目を講話、 2 回目を運動指導、 3 回目を調理実習で構成した3 日間で行い、教室終了後6 か月に参加者を集めて評価を行う。評価を行う際のアウトカム指標で最も適切なのはどれか。

保健師国家試験 の 5門
第5問
人口50 万人の中核市のA市。市の保健医療計画に糖尿病対策の強化を盛り込むことになった。A 市の糖尿病医療連携推進会議での検討の結果、市では糖尿病対策として、市の保健事業を強化することにした。そこで、保健師は、糖尿病発症予防対策としてウォーキング教室を企画した。対象として適切なのはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る