google+LINEで送る
診療放射線技師国家試験 の 10門
第1問
放射線防護体系に対する考え方で正しいのはどれか。

診療放射線技師国家試験 の 10門
第2問
臓器全体が通常分割法で照射される場合、耐容線量が最も低いのはどれか。

診療放射線技師国家試験 の 10門
第3問
荷電粒子線による吸収線量を算出するための物理量はどれか。

診療放射線技師国家試験 の 10門
第4問
リニアックで正しいのはどれか。

診療放射線技師国家試験 の 10門
第5問
細胞外液より細胞内液の濃度が高いのはどれか。

診療放射線技師国家試験 の 10門
第6問
前立腺癌の治療に用いるのはどれか。

診療放射線技師国家試験 の 10門
第7問
放射線障害防止法における放射線業務従事者の健康診断で規定されているのはどれか。

診療放射線技師国家試験 の 10門
第8問
炭素線や陽子線の拡大ブラッグピーク〈SOBP〉で誤っているのはどれか。

診療放射線技師国家試験 の 10門
第9問
経皮的血管形成術の適応でないのはどれか。

診療放射線技師国家試験 の 10門
第10問
強磁性体のヒステリシス曲線を図に示す。正しいのはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る