google+LINEで送る
診療放射線技師国家試験 の 10門
第1問
放射線治療に伴う有害事象を考慮する場合の並列臓器はどれか。

診療放射線技師国家試験 の 10門
第2問
正弦波交流回路の電圧波形 v と電流波形 i を図に示す。消費電力[W]に最も近いのはどれか。

診療放射線技師国家試験 の 10門
第3問
X 線 CT 装置のガントリ回転部に含まれないのはどれか。

診療放射線技師国家試験 の 10門
第4問
臓器全体が通常分割法で照射される場合、耐容線量が最も低いのはどれか。

診療放射線技師国家試験 の 10門
第5問
原発性腫瘍として扁平上皮癌が多いのはどれか。

診療放射線技師国家試験 の 10門
第6問
放射性試料を検出器で 5 分間測定し、5500 カウントが得られた。また、バックグラウンド計数値は 60 分間で 3000 カウントであった。この試料の正味の計数率[cpm]はどれか。

診療放射線技師国家試験 の 10門
第7問
X 線画像処理装置と構成要素の組合せで正しいのはどれか。

診療放射線技師国家試験 の 10門
第8問
回転陽極X線管で短時間許容負荷を約倍としたい。焦点軌道直径と陽極回転数の組合せで正しいのはどれか。

診療放射線技師国家試験 の 10門
第9問
足部の正面X線写真で観察できるのはどれか。

診療放射線技師国家試験 の 10門
第10問
波長が 0.041 nm である光子のエネルギー[keV]はどれか。ただし、プランク定数 = 6.6 × 10-34J s、光速度 = 3.0 × 108 m/s、1 eV = 1.6× 10-19J とする。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る