google+LINEで送る
管理栄養士国家試験 の 20門
第1問
【公衆栄養学】 栄養士法に規定する管理栄養士業務に関する記述である。正しいのはどれか。2つ選べ。

(1) 傷病者に対する療養のために必要な栄養の指導を行う。
(2) 健康の保持増進のための栄養の指導を行う。
(3) 販売の用に供する食品の収去を行う。
(4) 業務分野に応じた専門資格名称が規定されている。
(5) 栄養の指導は、業務独占であると規定されている。

管理栄養士国家試験 の 20門
第2問
【臨床栄養学】 身体徴候と栄養アセスメント結果の組合せである。正しいのはどれか。2つ選べ。

(1) 眼球陥凹 ━━ 脱水
(2) 眼瞼黄色腫 ━━ ビタミンA過剰
(3) 満月様顔貌 ━━ 必須脂肪酸欠乏
(4) ハンター舌炎 ━━ ビタミンB12欠乏
(5) 匙状爪(スプーンネイル) ━━ 亜鉛欠乏

管理栄養士国家試験 の 20門
第3問
【食べ物と健康】 「いわゆる健康食品」について、食品衛生法並びに薬事法に準拠した表示である。正しいのはどれか。1つ選べ。

管理栄養士国家試験 の 20門
第4問
【社会・環境と健康】 母子健康手帳に必ず記載しなければならない事項である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

管理栄養士国家試験 の 20門
第5問
【給食経営管理論】 もやしの大量調理に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

管理栄養士国家試験 の 20門
第6問
【食べ物と健康】 献立作成に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

管理栄養士国家試験 の 20門
第7問
【基礎栄養学】 食後の脂質代謝に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

管理栄養士国家試験 の 20門
第8問
【食べ物と健康】 食品衛生法に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

管理栄養士国家試験 の 20門
第9問
【給食経営管理論】 給食経営管理におけるサブシステムと帳票の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。

管理栄養士国家試験 の 20門
第10問
【臨床栄養学】 両下肢前面の全体に、熱傷を起こした成人患者の熱傷面積を、「9の法則」を用いて評価した。正しいのはどれか。1つ選べ。

管理栄養士国家試験 の 20門
第11問
【人体の構造と機能及び疾病の成り立ち】
症候と検査に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

管理栄養士国家試験 の 20門
第12問
【基礎栄養学】 カルシウムの吸収と代謝に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

管理栄養士国家試験 の 20門
第13問
【応用力問題】 「Aさん、53歳、女性。会社の特定健康診査の結果は、身長155cm、体重61kg、BMI 25.4kg/m2、腹囲91cm、血圧136/82mmHg、空腹時血糖値98mg/dL、血清中性脂肪値120mg/dL、血清HDL-コレステロール値58mg/dLであった。また、問診により以下のことが明らかになった。服薬なし。喫煙なし。通勤で30分程度歩いているが、日常的運動習慣はない。飲酒量は毎日缶ビール(350ml)1本。朝食を抜くことがある。」
Aさんの特定保健指導における初回面接の支援形態である。正しいのはどれか。2つ選べ。

(1) 個別で1人15分
(2) 個別で1人30分
(3) グループ(8人以下)で30分
(4) グループ(8人以下)で60分
(5) グループ(8人以下)で90分

管理栄養士国家試験 の 20門
第14問
【食べ物と健康】 特定保健用食品の関与成分と生体調節の目的との組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。

管理栄養士国家試験 の 20門
第15問
【応用栄養学】 日本人の食事摂取基準(2010年版)において、推定平均必要量(EAR)が、たんぱく質摂取量当たりで算定されたビタミンである。正しいのはどれか。1つ選べ。

管理栄養士国家試験 の 20門
第16問
【応用栄養学】 成人男性のメタボリックシンドロームの診断に使われる基準である。正しいのはどれか。2つ選べ。

(1) ウエスト周囲長 ≧ 85cm
(2) 収縮期血圧 ≧ 140 mmHg
(3) 空腹時血糖値 ≧ 126 mg/dL
(4) 空腹時血清トリグリセリド値 ≧ 150 mg/dL
(5) 血清HDL-コレステロール値 <35 mg/dL

管理栄養士国家試験 の 20門
第17問
【人体の構造と機能及び疾病の成り立ち】
感染症とその病原体の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。

管理栄養士国家試験 の 20門
第18問
【臨床栄養学】 45歳、男性。身長170cm、体重75kg。早朝より激しい腹痛を訴え来院、急性膵炎と診断され入院となった。白血球数12,000/uL、血清膵型アミラーゼ値820 IU/L、血清CRP(C反応性たんぱく質)値26.2mg/dLであった。この患者の栄養管理に関する記述である。正しいのはどれか。2つ選べ。

(1) 入院時、輸液管理を実施した。
(2) 腹痛が治まったので、全粥食を開始した。
(3) 膵型アミラーゼ値が正常化したので、脂質を50g/日とした。
(4) 退院時に、禁酒を指導した。
(5) 退院時に、たんぱく質制限食を指導した。

管理栄養士国家試験 の 20門
第19問
【臨床栄養学】 空腸の一部、回腸全体及び回盲弁を切除し、残存小腸が約110cmとなった短腸症候群の成人患者の病態である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

管理栄養士国家試験 の 20門
第20問
【人体の構造と機能及び疾病の成り立ち】
循環器系の構造と機能に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る