google+LINEで送る
理容師国家試験 の 5門
第1問
香粧品に用いられる色材に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

理容師国家試験 の 5門
第2問
理容師法に基づく行政処分に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

【A】理容師が、伝染性の疾病にかかり、その就業が公衆衛生上不適当と認められるときは、期間を定めてその業務を停止することができる。
【B】理容師が、業務上講ずべき衛生措置を怠ったときは、開設者が相当な注意及び監督を尽くした場合も、当該理容所の閉鎖を命じることができる。
【C】理容所の開設者が、環境衛生監視員の立入検査を正当な理由なく拒んだり、妨げたりしたときは、期間を定めて理容所の閉鎖を命じることができる。
【D】精神の機能の障害により、理容師の業務を適正に行うに当たって必要な認知、判断及び意思疎通を適切に行うことができない者に該当するときは、理容師免許を取り消すことができる。

理容師国家試験 の 5門
第3問
次の感染症のうち、飛沫感染するものはどれか。

理容師国家試験 の 5門
第4問
化学的消毒薬の特徴を説明した次の記述のうち、理(美)容師法施行規則に定められた消毒法に使用されていないものはどれか。

理容師国家試験 の 5門
第5問
消毒薬使用液(希釈液)の調製法に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

【A】0.1%逆性石けん水溶液は、10%逆性石けん製剤10mgに水990mgを加える。
【B】5%次亜塩素酸ナトリウム製剤5mgを水495mgで希釈すると、0.05%次亜塩素酸ナトリウム水溶液になる。
【C】0.05%グルコン酸クロルヘキシジン水溶液は、5%グルコン酸クロルヘキシジン製剤5mgに水995mgを加える。
【D】10%両性界面活性剤製剤1m/を水499mgで希釈すると、0.1%両性界面活性剤水溶液になる。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る