google+LINEで送る
商業経済検定試験「商品と流通」 の 5問
第1問
「Aの自宅の建物を競売にかければ500万円程度の回収は容易であることから,主たる債務者であるAの財産に対して強制執行すべきだと主張することができる権利」のような権利を何というか,次のなかから適切なものを一つ選びなさい。

商業経済検定試験「商品と流通」 の 5問
第2問
「平成4年に施行された長期型定期借地権」の説明として,次のなかから適切なものを一つ選びなさい。

商業経済検定試験「商品と流通」 の 5問
第3問
「任意代理」の説明として,次のなかから適切なものを一つ選びなさい。

商業経済検定試験「商品と流通」 の 5問
第4問
「「まず主たる債務者から請求せよ」と債権者に履行を主張することができる。」この権利を何というか,次のなかから正しいものを一つ選びなさい。

商業経済検定試験「商品と流通」 の 5問
第5問
国の行政機関として,違反行為の差し止めや営業の一部の譲渡,その他違反行為の排除措置をとることを命ずることができる委員会を公正取引委員会という。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る