google+LINEで送る
商業経済検定試験「商品と流通」 の 5問
第1問
「主物と従物という関係」の民法上の取り扱いとして,次のなかから適切なものを一つ選びなさい。

商業経済検定試験「商品と流通」 の 5問
第2問
「未成年者でも成年に達したとみなされる場合がある。」はどのような場合か,次のなかから正しいものを一つ選びなさい。

商業経済検定試験「商品と流通」 の 5問
第3問
契約の効力を定めた債権に関する法のように,当事者の意思が法と異なる場合には適用が強制されない法規を任意法規という。

商業経済検定試験「商品と流通」 の 5問
第4問
「本人が委任の内容を記入しないで,代理人に記入を任せる委任状」の事を「白紙委任状」という。

商業経済検定試験「商品と流通」 の 5問
第5問
「業務外の事由による疾病や負傷の場合に備えた保険」を何というか,次のなかから適切なものを一つ選びなさい。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る