google+LINEで送る
商業経済検定試験「商品と流通」 の 5問
第1問
「経済上の弱者を保護するため,例えば,基本法である民法を改正するのではなく,別に法律を作って必要な干渉を行うことで,それらの法律が一般法としての民法に優先して適用される」このような主義を特別法優先主義という。

商業経済検定試験「商品と流通」 の 5問
第2問
「制限行為能力者がいかにも能力者であるかのように相手を欺く手段を用いて法律行為を行った」の行為を何というか,次のなかから正しいものを一つ選びなさい。

商業経済検定試験「商品と流通」 の 5問
第3問
「特許出願の日から,一定の期間,独占して製造や販売をすることができる産業財産権として保護されている」その期間は何年か,次のなかから正しいものを一つ選びなさい。

商業経済検定試験「商品と流通」 の 5問
第4問
「任意代理」の説明として,次のなかから適切なものを一つ選びなさい。

商業経済検定試験「商品と流通」 の 5問
第5問
「未成年なのに成年と偽って相手を欺く手段」を何というか,次のなかから正しいものを一つ選びなさい。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る