google+LINEで送る
商業経済検定試験「経済活動と法」 の 5問
第1問
「1985年レーガン政権でのプラザ合意では,先進5か国が協調してドル安を誘導した結果,急激なドル安・円高が進んだ」このような誘導を何というか,次のなかから適切なものを一つ選びなさい。

商業経済検定試験「経済活動と法」 の 5問
第2問
「国防・警察・消防など,民間部門に任せることの難しい公共財を社会全体に提供する機能」を何というか,次のなかから正しいものを一つ選びなさい。

商業経済検定試験「経済活動と法」 の 5問
第3問
「成果主義型の賃金制度」の説明として,次のなかから適切なものを一つ選びなさい。

商業経済検定試験「経済活動と法」 の 5問
第4問
「建設国債」の内容として,次のなかから適切なものを一つ選びなさい。

商業経済検定試験「経済活動と法」 の 5問
第5問
「正規雇用者の採用はあまり改善されず,非正規雇用者の採用に頼っているのが現状である。」の理由として,次のなかから最も適切なものを一つ選びなさい。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る