google+LINEで送る
測量士補 の 10問
第1問
図に示すように、既知点A、B、Cから新点Qの標高を求めるために水準測量を実施し、表1の結果を得た。新点Qの標高の最確値は幾らか。最も近いものを次の中から選べ。 ただし、既知点の標高は表2のとおりとする。

測量士補 の 10問
第2問
GNSS 測量機を用いた基準点測量を行い、基線解析により基準点AからBまで、基準点AからCまでの基線ベクトルを得た。表は、地心直交座標系におけるX軸、Y軸、Z軸方向について、それぞれの基線ベクトル成分(⊿X,⊿Y,⊿Z)を示したものである。基準点BからCまでの斜距離は幾らか。最も近いものを次の中から選べ。 なお、関数の数値が必要な場合は、巻末の関数表を使用すること。

測量士補 の 10問
第3問
次の文は、公共測量における基準点測量について述べたものである。 【 ア 】 ~ 【 エ 】に入る語句の組合せとして最も適当なものはどれか。次の中から選べ。

選点とは、平均計画図に基づき、現地において既知点の現況を調査するとともに、新点の位置を選定し、【 ア 】を作成する作業をいう。新点の位置には、原則として永久標識を設置する。また、永久標識には、必要に応じ【 イ 】などを記録したICタグを取り付けることができる。トータルステーション(以下「TS」という。)を用いる観測では、水平角観測、鉛直角観測及び距離測定は、1視準で同時に行うことを原則とする。また、距離測定は、1視準【 ウ 】を1セットとする。TS を用いた観測における点検計算は、観測終了後に行うものとする。また、選定されたすべての点検路線について、水平位置及び標高の【 エ 】を計算し、観測値の良否を判定するものとする。

測量士補 の 10問
第4問
次のa~eの文は、公共測量における水準測量について述べたものである。明らかに間違っているものは幾つあるか。次の中から選べ。

【a】標尺の最下部付近の視準を避けて観測すると、大気による屈折誤差を小さくできる。
【b】1 級水準測量及び 2 級水準測量における視準線誤差の点検調整は、観測期間中概ね 10 日ごとに行う。
【c】自動レベル及び電子レベルについては、円形水準器及び視準線の点検調整のほかに、コンペンセータの点検を行う。
【d】標尺は、2 本 1 組とし、往観測の出発点に立てる標尺と、復観測の出発点に立てる標尺は同じものにする。
【e】標尺付属の円形水準器は、標尺を鉛直に立てたときに、円形気泡が中心に来るように調整を行う。

測量士補 の 10問
第5問
次の 1~5 は、国土地理院刊行の 1/25,000 地形図を基図として、縮小編集を実施して縮尺1/40,000 の地形図を作成するときの、真位置に編集描画すべき地物や地形の一般的な優先順位を示したものである。最も適当なものはどれか。次の中から選べ。

測量士補 の 10問
第6問
図境界点A,B,C,Dで囲まれた土地を表したものであり、直線ADは道路との境界線となっている。この道路が拡幅されることになり、新たな道路境界線PQが引かれることとなった。直線ADと直線PQが平行であり、拡幅の幅が 3.0mである場合、点P,B,C,Qで囲まれた土地の面積は幾らか。最も近いものを次の中から選べ。なお、点A,B,C,Dの平面直角座標系における座標値は、表のとおりとする。関数の数値が必要な場合は、巻末の関数表を使用すること。

測量士補 の 10問
第7問
次の文は、公共測量における地形測量のうち、現地測量について述べたものである。明らかに間違っているものはどれか。次の中から選べ。

測量士補 の 10問
第8問
公共測量における1級基準点測量において、トータルステーションを用いて鉛直角を観測し、表の結果を得た。点A、Bの高低角及び高度定数の較差の組合せとして最も適当なものはどれか。次の中から選べ。

測量士補 の 10問
第9問
図のように、円曲線始点 BC、円曲線終点 EC からなる円曲線の道路の建設を計画している。曲線半径 R=100m、交角 I=108°としたとき、建設する道路の円曲線始点 BC から曲線の中点SP までの弦長は幾らか。最も近いものを次の中から選べ。なお、関数の数値が必要な場合は、巻末の関数表を使用すること。

測量士補 の 10問
第10問
公共測量において1級水準測量を実施していた。このとき、レベルで視準距離を確認したところ前視標尺までは 53m、後視標尺までは 51mであった。観測者として最も適切な処置はどれか。次の中から選べ。ただし、後視標尺は水準点標石に立っており動かさないものとする。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る