google+LINEで送る
測量士補 の 10問
第1問
図境界点A,B,C,Dで囲まれた土地を表したものであり、直線ADは道路との境界線となっている。この道路が拡幅されることになり、新たな道路境界線PQが引かれることとなった。直線ADと直線PQが平行であり、拡幅の幅が 3.0mである場合、点P,B,C,Qで囲まれた土地の面積は幾らか。最も近いものを次の中から選べ。なお、点A,B,C,Dの平面直角座標系における座標値は、表のとおりとする。関数の数値が必要な場合は、巻末の関数表を使用すること。

測量士補 の 10問
第2問
トータルステーション(以下「TS」という。)を用いた縮尺 1/1,000 の地形図作成において、標高 50m の基準点から、ある道路上の点Aの観測を行ったところ、高低角 30°、斜距離 24m の観測結果が得られた。その後、点Aに TS を設置し、点Aと同じ道路上にある点B(点Aから点Bを結ぶ道路は直線で傾斜は一定)を観測したところ、標高 56m、水平距離 18m の観測結果が得られた。このとき、点Aから点Bを結ぶ直線道路とこれを横断する標高 60m の等高線との交点は、この地形図上で点Bから何 ㎝ の地点か。最も近いものを次の中から選べ。なお、関数の数値が必要な場合は、巻末の関数表を使用すること。

測量士補 の 10問
第3問
次の文は、地図の投影法について述べたものである。明らかに間違っているものはどれか。次の中から選べ。

測量士補 の 10問
第4問
次の文は、トータルステーションを用いた基準点測量の点検計算について述べたものである。明らかに間違っているものはどれか。次の中から選べ。

測量士補 の 10問
第5問
次の【 a 】~【 e 】の文は、公共測量における1級水準測量について述べたものである。 【 ア 】 ~ 【 オ 】に入る語句及び数値の組合せとして最も適当なものはどれか。次の中から選べ。

【a】自動レベル、電子レベルを用いる場合は、円形水準器及び視準線の点検調整並びに【 ア 】の点検を観測着手前に行う。
【b】大気の屈折による誤差を小さくするために標尺の下方【 イ 】以下を読定しない。
【c】水準点間の距離が 1.2 ㎞の路線において、最大視準距離を 40mとする場合、住観測のレベルの整置回数は最低【 ウ 】回である。
【d】観測の開始時、終了時及び固定点到着時ごとに、【 エ 】を測定する。
【e】検測は原則として【 オ 】で行う。

測量士補 の 10問
第6問
次の文は、地球の形状及び位置の基準について述べたものである。明らかに間違っているものはどれか。次の中から選べ。

測量士補 の 10問
第7問
画面距離 12 ㎝ 、撮像面での素子寸法 12μm のデジタル航空カメラを用いて、海面からの撮影高度 2,500m で鉛直空中写真の撮影を行ったところ、一枚の数値空中写真の主点付近に画面の短辺と平行に橋が写っていた。この橋は標高 100m の地点に水平に架けられており、画面上で長さを計測したところ 1,250 画素であった。この橋の実長は幾らか。最も近いものを次の中から選べ。

測量士補 の 10問
第8問
画面距離 12 ㎝ 、撮像面での素子寸法 12μm 、画面の大きさ 14,000 画素 × 7,500 画素のデジタル航空カメラを用いて、海面からの撮影高度 3,000m で鉛直空中写真の撮影を行った。撮影基準面の標高を 0m とすると、撮影基準面での地上画素寸法は幾らか。最も近いものを次の中から選べ。

測量士補 の 10問
第9問
次の文は、同時調整におけるパスポイント及びタイポイントについて述べたものである。明らかに間違っているものはどれか。次の中から選べ。

測量士補 の 10問
第10問
次の文は、公共測量における数値地形図データを作成する際に使用するデジタル航空カメラについて述べたものである。正しいものはどれか。次の中から選べ。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る