google+LINEで送る
測量士補 の 10問
第1問
次の文は、公共測量における路線測量について述べたものである。明らかに間違っているものはどれか。次の中から選べ。

測量士補 の 10問
第2問
次の【 a 】~【 e 】の文は、公共測量を行う場合に留意しなければならないことについて述べたものである。明らかに間違っているものは幾つあるか。次の中から選べ。

【a】局地的な大雨による増水による事故が増えていることから、気象情報に注意しながら作業を進めた。
【b】基準点の設置完了後に、使用しなかった材料を撤去するとともに、作業区域の清掃を行った。
【c】A市が発注した空中写真測量の現地調査で公有又は私有の土地に立ち入る必要があったので、あらかじめ占有者に立ち入りの通知をし、測量計画機関の発行する身分を示す証明書を携帯した。
【d】測量計画機関から個人が特定できる情報を記載した資料を貸与されたことから、紛失しないよう厳重な管理体制の下で作業を行った。
【e】B県が発注した基準点測量において、C市が所有する土地に永久標識を設置するに当たり、建標承諾書をC市より得て新点を設置した。

測量士補 の 10問
第3問
次の文は、我が国で一般的に用いられている地図の座標系について述べたものである。正しいものはどれか。次の中から選べ。

測量士補 の 10問
第4問
次の a ~ e の文は、公共測量における GNSS 測量機を用いた基準点測量について述べたものである。 [ ア ]~[ オ ]に入る語句の組合せとして最も適当なものはどれか。次の中から選べ。

【a】GNSS 測量では、[ ア ]が確保できなくても観測できる。
【b】基準点測量において、GNSS 観測は、[ イ ]方式で行う。
【c】スタティック法による観測において、GPS 衛星のみを用いる場合は[ ウ ]以上を用いなければならない。
【d】GNSS 測量の基線解析を行うには、GNSS 衛星の[ エ ]が必要である。
【e】GNSS 測量による 1 級基準点測量は、原則として、[ オ ]により行う。

測量士補 の 10問
第5問
次の文は、公共測量における数値地形図データを作成する際に使用するデジタル航空カメラについて述べたものである。正しいものはどれか。次の中から選べ。

測量士補 の 10問
第6問
次のa~dの文は、水準測量における誤差について述べたものである。 [ ア ] ~ [ エ ]に入る語句の組合せとして最も適当なものはどれか。次の中から選べ。

【a】レベルと標尺の間隔が等距離となるように整置して観測することで、 ア を消去することができる。
【b】イ は、地球表面が湾曲しているために生じる誤差である。
【c】標尺を 2 本 1 組とし、測点数を偶数にすることで、標尺の ウ を消去することができ る。
【d】観測によって得られた高低差に含まれる誤差は、観測距離の平方根に エ する。

測量士補 の 10問
第7問
次のa~eの文は、地図編集の原則について述べたものである。明らかに間違っているものは幾つあるか。次の中から選べ。

【a】編集の基となる地図は、新たに作成する地図より縮尺が大きく、かつ、最新のものを採用する。
【b】真位置に編集描画すべき地物の一般的な優先順位は、三角点、道路、建物、等高線の順である。
【c】建物が密集して、すべてを表示することができない場合は、建物の向きと並びを考慮し、取捨選択して描画する。
【d】細かい屈曲のある等高線は、地形の特徴を考慮して総描する。
【e】鉄道と海岸線が近接する場合は、海岸線を優先して表示し、鉄道を転位する。

測量士補 の 10問
第8問
次のa~dの文は、公共測量における地形測量のうち、現地測量について述べたものである。 【 ア 】 ~ 【 エ 】に入る語句の組合せとして最も適当なものはどれか。次の中から選べ。

【a】現地測量とは、現地においてトータルステーションなどを用いて、地形、地物等を測定し、【 ア 】を作成する作業をいう。
【b】現地測量により作成する【 ア 】の地図情報レベルは、原則として【 イ 】以下とする。
【c】現地測量は、4級基準点、【 ウ 】又はこれと同等以上の精度を有する基準点に基づいて実施する。
【d】細部測量の結果に基づいて数値編集を実施後、編集で生じた疑問事項、地物の表現の誤り及び脱落、【 エ 】以降に生じた変化に関する事項などを現地において確認する補備測量を行う。

測量士補 の 10問
第9問
図は、水準点Aから固定点(1)、(2)及び(3)を経由する水準点Bまでの路線を示したものである。この路線で公共測量における水準測量を行い、表 12 に示す観測結果を得た。再測する観測区間はどれか。次の中から選べ。ただし、往復観測値の較差の許容範囲は、Sを観測距離(片道、㎞単位)としたとき、2.5 ㎜√S とする。なお、関数の数値が必要な場合は、巻末の関数表を使用すること。

測量士補 の 10問
第10問
細部測量において、基準点Aにトータルステーションを整置し、点Bを観測したときに 2′30″の方向誤差があった場合、点Bの水平位置の誤差は幾らか。最も近いものを次の中から選べ。ただし、点A、B間の水平距離は 92m、角度1ラジアンは 2″×105とする。

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る