google+LINEで送る
測量士補 の 10問
第1問
次の文は、公共測量における地形測量のうちの細部測量について述べたものである。明らかに間違っているものはどれか。次の中から選べ。

測量士補 の 10問
第2問
表は、ある河川の横断測量を行った結果の一部である。図は横断面図で、この横断面における左岸及び右岸の距離標の標高は 20.7mである。また、各測点間の勾配は一定である。この横断面の河床部における平均河床高の標高を m単位で小数第1位まで求めたい。最も近いものを次のページの中から選べ。なお、河床部とは、左岸堤防表法尻から右岸堤防表法尻までの区間とする。

測量士補 の 10問
第3問
次の文は、公共測量における路線測量の作業工程の一つである中心線測量について述べたものである。明らかに間違っているものはどれか。次の中から選べ。

測量士補 の 10問
第4問
次の【 a 】~【 d 】の文は、デジタルステレオ図化機の特徴について述べたものである。明らかに間違っているものは幾つあるか。次の中から選べ。

【a】デジタルステレオ図化機では、デジタル航空カメラで撮影したデジタル画像のみ使用できる。
【b】デジタルステレオ図化機では、数値地形モデルを作成することができる。
【c】デジタルステレオ図化機では、外部標定要素を用いた同時調整を行うことができる。
【d】デジタルステレオ図化機では、ステレオ視装置を介してステレオモデルを表示することができる。

測量士補 の 10問
第5問
トータルステーション(以下「TS」という。)を用いた縮尺 1/1,000 の地形図作成において、標高138mの基準点から、ある道路上の点Aの観測を行ったところ、高低角 -30°、斜距離 48m の結果が得られた。その後、点AにTS を設置し、点Aと同じ道路上にある点Bを観測したところ、点Bの標高 102m、点A、B間の水平距離 144mの結果が得られた。このとき、点Aと点Bを結ぶ道路とこれを横断する標高 110mの等高線との交点は、この地形図上で点Bから何 ㎝ の地点か。最も近いものを次の中から選べ。ただし、点Aと点Bを結ぶ道路は直線で傾斜は一定であるとする。なお、関数の数値が必要な場合は、巻末の関数表を使用すること。

測量士補 の 10問
第6問
次の文は、公共測量における河川測量の距離標設置測量について述べたものである。 【 ア 】 ~ 【 エ 】に入る語句の組合せとして最も適当なものはどれか。次の中から選べ。

距離標の設置間隔は、河川の河口又は幹川への合流点に設けた起点から、河心に沿って アを標準とする。距離標は、図上で設定した距離標の座標値に基づいて、近傍の イ 基準点等からトータルステーションによる ウ のほか、キネマティック法、RTK 法又はネットワーク型 RTK法により設置する。ネットワーク型 RTK 法による観測は、間接観測法又は エ を用いる。

測量士補 の 10問
第7問
次の文は、地図の投影法について述べたものである。明らかに間違っているものはどれか。次の中から選べ。

測量士補 の 10問
第8問
次の文は、公共測量におけるトータルステーションを用いた多角測量について述べたものである。明らかに間違っているものはどれか。次の中から選べ。

測量士補 の 10問
第9問
次の【 a 】~【 d 】の文は、測量法(昭和24年法律第188号)に規定された事項について述べたものである。【 ア 】 ~ 【 オ 】に入る語句の組合せとして最も適当なものはどれか。次の中から選べ。

【a】この法律は、国若しくは公共団体が費用の全部若しくは一部を負担し、若しくは補助して実施する土地の測量又はこれらの測量の結果を利用する土地の測量について、その実施の基準及び実施に必要な権能を定め、測量の ア を除き、並びに測量の イ を確保するとともに、測量業を営む者の登録の実施、業務の規制等により、測量業の適正な運営とその健全な発達を図り、もって各種測量の調整及び測量制度の改善発達に資することを目的とする。
【b】「 ウ 」とは、測量計画機関の指示又は委託を受けて測量作業を実施する者をいう。
【c】基本測量の永久標識又は一時標識の汚損その他その効用を害するおそれがある行為を当該永久標識若しくは一時標識の敷地又はその付近でしようとする者は、理由を記載した書面をもって、国土地理院の長に当該永久標識又は一時標識の エ を請求することができる。
【d】基本測量以外の測量を実施しようとする者は、、 オ の承認を得て、基本測量の測量標を使用することができる。

測量士補 の 10問
第10問
次の 【 a 】~【 d 】の文は、公共測量における航空レーザ測量及び数値地形モデル(以下「DTM」という。)について述べたものである。【 ア 】 ~ 【 エ 】に入る語句の組合せとして最も適当なものはどれか。次の中から選べ。ただし、DTM は、等間隔の格子点上の標高を表したデータとする。
a. 航空レーザ測量は、レーザ測距装置、【 ア 】、デジタルカメラなどを搭載した航空機から航空レーザ計測を行い、取得したデータを解析して地表面の標高を求める。
b. 航空レーザ計測で取得したデータには、地表面だけでなく構造物、植生で反射したデータが含まれていることから、【 イ 】を行うことにより、地表面だけの標高データを作成する。
c. 【 イ 】を行うことにより作成した地表面だけの標高データは、ランダムな位置の標高を表したデータであるため、利用しやすいよう【 ウ 】により DTM に変換することが多い。
d. DTM は、格子間隔が【 エ 】なるほど詳細な地形を表現できる。

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る