google+LINEで送る
測量士補 の 10問
第1問
画面距離 10 ㎝、撮像面での素子寸法 12μm のデジタル航空カメラを用いて、海面からの撮影高度 2,500mで、標高 500m 程度の高原の鉛直空中写真の撮影を行った。この写真に写っている橋の長さを数値空中写真上で計測すると 1,000 画素 であった。この橋の実長は幾らか。最も近いものを次の中から選べ。ただし、この橋は標高 500m の地点に水平に架けられており、写真の短辺に平行に写っているものとする。

測量士補 の 10問
第2問
図は、公共測量における、空中写真測量により数値地形図データを作成する場合の標準的な作業工程を示したものである。 【 ア 】 ~ 【 オ 】に入る語句の組合せとして最も適当なものはどれか。次の中から選べ。

測量士補 の 10問
第3問
次の文は、トータルステーションを用いた基準点測量の点検計算について述べたものである。明らかに間違っているものはどれか。次の中から選べ。

測量士補 の 10問
第4問
次の文は、地球の形状と地球上の位置について述べたものである。明らかに間違っているものはどれか。次の中から選べ。

測量士補 の 10問
第5問
表は、ある河川の横断測量を行った結果の一部である。図は横断面図で、この横断面における左岸及び右岸の距離標の標高は 20.7mである。また、各測点間の勾配は一定である。この横断面の河床部における平均河床高の標高を m単位で小数第1位まで求めたい。最も近いものを次のページの中から選べ。なお、河床部とは、左岸堤防表法尻から右岸堤防表法尻までの区間とする。

測量士補 の 10問
第6問
トータルステーションを用いた縮尺 1/1,000 の地形図作成において、傾斜が一定な直線道路上にある点Aの標高を測定したところ 81.6m であった。一方、同じ直線道路上の点Bの標高は 77.6mであり、点Aから点Bの水平距離は 60mであった。このとき、点Aから点Bを結ぶ直線道路とこれを横断する標高 80m の等高線との交点は、地形図上で点Aから何 ㎝ の地点か。最も近いものを次の中から選べ。

測量士補 の 10問
第7問
次のa~eの文は、公共測量における測量作業機関の対応について述べたものである。明らかに間違っているものは幾つあるか。次の中から選べ。

【a】地形測量の現地調査で公有又は私有の土地に立ち入る必要があったので、測量計画機関が発行する身分を示す証明書を携帯した。
【b】A市が発注する基準点測量において、A市の公園内に新点を設置することになったが、利用者が安全に公園を利用できるように、新点を地下埋設として設置した。
【c】地形図作成のために設置した対空標識は、空中写真撮影完了後、作業地周辺の住民や周辺環境に影響がない場所であったため,そのまま残しておいた。
【d】B市が発注する水準測量において、すべてB市の市道上での作業になることから、道路使用許可申請を行わず作業を実施した。
【e】永久標識を設置した際、成果表は作成したが、点の記は作成しなかった。

測量士補 の 10問
第8問
ある三角形の土地の面積を算出するため、公共測量で設置された4級基準点から、トータルステーションを使用して測量を実施した。表は、4級基準点から三角形の頂点にあたる地点A、B、Cを測定した結果を示している。この土地の面積に最も近いものはどれか。次の中から選べ。なお、関数の数値が必要な場合は、巻末の関数表を使用すること。

測量士補 の 10問
第9問
図に示すように、多角測量を実施し、表6のとおり、きょう角の観測値を得た。新点(3) における既知点Bの方向角は幾らか。最も近いものを次の中から選べ。 ただし、既知点Aにおける既知点Cの方向角Ta は 330°14′20″とする。

測量士補 の 10問
第10問
水準点AからBまでの間に固定点(1)、(2)、(3)を設置して往復の水準測量を実施し、表 11 の結果を得た。往復観測値の較差の許容範囲を 2.5 ㎜√S (Sは観測距離、㎞単位)とするとき、最も適切な処置はどれか。次の中から選べ。 ただし、往方向の観測は、水準点AからBとし、復方向の観測は、水準点BからAとする。 なお、関数の数値が必要な場合は、巻末の関数表を使用すること。【画像21】

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る