google+LINEで送る
測量士補 の 5問
第1問
次の文は、トータルステーションを用いた基準点測量の点検計算について述べたものである。明らかに間違っているものはどれか。次の中から選べ。

測量士補 の 5問
第2問
画面距離 12 ㎝、画面の大きさ 14,000 画素 × 7,500 画素、撮像面での素子寸法 10μm のデジタル航空カメラを用いて、数値空中写真の撮影計画を作成した。撮影基準面での地上画素寸法を 20㎝とした場合、撮影高度は幾らか。最も近いものを次の中から選べ。ただし、撮影基準面の標高は 0m とする。

測量士補 の 5問
第3問
次の文は、我が国で一般的に用いられている地図の座標系について述べたものである。正しいものはどれか。次の中から選べ。

測量士補 の 5問
第4問
図は、公共測量における写真地図(数値球中写真を正射変換した正射投影画像(モザイクしたものを含む。))作成の標準的な作業工程を示したものである。 【 ア 】 ~ 【 エ 】に入る工程別作業区分の組合せとして最も適当なものはどれか。次の中から選べ。

測量士補 の 5問
第5問
図に示すように、既知点A、B、Cから新点Qの標高を求めるために水準測量を実施し、表1の結果を得た。新点Qの標高の最確値は幾らか。最も近いものを次の中から選べ。 ただし、既知点の標高は表2のとおりとする。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る