google+LINEで送る
測量士補 の 5問
第1問
次の文は、公共測量におけるトータルステーションを用いた多角測量について述べたものである。明らかに間違っているものはどれか。次の中から選べ。

測量士補 の 5問
第2問
次の【 a 】~【 e 】の文は、公共測量における1級水準測量について述べたものである。 【 ア 】 ~ 【 オ 】に入る語句及び数値の組合せとして最も適当なものはどれか。次の中から選べ。

【a】自動レベル、電子レベルを用いる場合は、円形水準器及び視準線の点検調整並びに【 ア 】の点検を観測着手前に行う。
【b】大気の屈折による誤差を小さくするために標尺の下方【 イ 】以下を読定しない。
【c】水準点間の距離が 1.2 ㎞の路線において、最大視準距離を 40mとする場合、住観測のレベルの整置回数は最低【 ウ 】回である。
【d】観測の開始時、終了時及び固定点到着時ごとに、【 エ 】を測定する。
【e】検測は原則として【 オ 】で行う。

測量士補 の 5問
第3問
画面距離 12 ㎝ 、撮像面での素子寸法 12μm 、画面の大きさ 14,000 画素 × 7,500 画素のデジタル航空カメラを用いて、海面からの撮影高度 2,400m で標高 0m の平たんな地域の鉛直空中写真の撮影を行った。撮影基準面の標高を 0m とし、撮影基線方向の隣接空中写真間の重複度が60%の場合、撮影基準面における撮影基線方向の重複の長さは幾らか。最も近いものを次の中から選べ。ただし、画面短辺が撮影基線と平行とする。

測量士補 の 5問
第4問
図に示すように、多角測量を実施し、表6のとおり、きょう角の観測値を得た。新点(3) における既知点Bの方向角は幾らか。最も近いものを次の中から選べ。 ただし、既知点Aにおける既知点Cの方向角Ta は 330°14′20″とする。

測量士補 の 5問
第5問
画面距離 10 ㎝、撮像面での素子寸法 12μm のデジタル航空カメラを用いて、海面からの撮影高度 2,500mで、標高 500m 程度の高原の鉛直空中写真の撮影を行った。この写真に写っている橋の長さを数値空中写真上で計測すると 1,000 画素 であった。この橋の実長は幾らか。最も近いものを次の中から選べ。ただし、この橋は標高 500m の地点に水平に架けられており、写真の短辺に平行に写っているものとする。

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る