google+LINEで送る
測量士補 の 5問
第1問
図境界点A,B,C,Dで囲まれた土地を表したものであり、直線ADは道路との境界線となっている。この道路が拡幅されることになり、新たな道路境界線PQが引かれることとなった。直線ADと直線PQが平行であり、拡幅の幅が 3.0mである場合、点P,B,C,Qで囲まれた土地の面積は幾らか。最も近いものを次の中から選べ。なお、点A,B,C,Dの平面直角座標系における座標値は、表のとおりとする。関数の数値が必要な場合は、巻末の関数表を使用すること。

測量士補 の 5問
第2問
トータルステーション(以下「TS」という。)を用いた縮尺 1/1,000 の地形図作成において、標高138mの基準点から、ある道路上の点Aの観測を行ったところ、高低角 -30°、斜距離 48m の結果が得られた。その後、点AにTS を設置し、点Aと同じ道路上にある点Bを観測したところ、点Bの標高 102m、点A、B間の水平距離 144mの結果が得られた。このとき、点Aと点Bを結ぶ道路とこれを横断する標高 110mの等高線との交点は、この地形図上で点Bから何 ㎝ の地点か。最も近いものを次の中から選べ。ただし、点Aと点Bを結ぶ道路は直線で傾斜は一定であるとする。なお、関数の数値が必要な場合は、巻末の関数表を使用すること。

測量士補 の 5問
第3問
次の【 a 】~【 d 】の文は、測量法(昭和24年法律第188号)に規定された事項について述べたものである。【 ア 】 ~ 【 オ 】に入る語句の組合せとして最も適当なものはどれか。次の中から選べ。

【a】この法律は、国若しくは公共団体が費用の全部若しくは一部を負担し、若しくは補助して実施する土地の測量又はこれらの測量の結果を利用する土地の測量について、その実施の基準及び実施に必要な権能を定め、測量の ア を除き、並びに測量の イ を確保するとともに、測量業を営む者の登録の実施、業務の規制等により、測量業の適正な運営とその健全な発達を図り、もって各種測量の調整及び測量制度の改善発達に資することを目的とする。
【b】「 ウ 」とは、測量計画機関の指示又は委託を受けて測量作業を実施する者をいう。
【c】基本測量の永久標識又は一時標識の汚損その他その効用を害するおそれがある行為を当該永久標識若しくは一時標識の敷地又はその付近でしようとする者は、理由を記載した書面をもって、国土地理院の長に当該永久標識又は一時標識の エ を請求することができる。
【d】基本測量以外の測量を実施しようとする者は、、 オ の承認を得て、基本測量の測量標を使用することができる。

測量士補 の 5問
第4問
次の文は、公共測量における河川測量の距離標設置測量について述べたものである。 【 ア 】 ~ 【 エ 】に入る語句の組合せとして最も適当なものはどれか。次の中から選べ。

距離標の設置間隔は、河川の河口又は幹川への合流点に設けた起点から、河心に沿って アを標準とする。距離標は、図上で設定した距離標の座標値に基づいて、近傍の イ 基準点等からトータルステーションによる ウ のほか、キネマティック法、RTK 法又はネットワーク型 RTK法により設置する。ネットワーク型 RTK 法による観測は、間接観測法又は エ を用いる。

測量士補 の 5問
第5問
次のa~eの文は、公共測量における水準測量について述べたものである。明らかに間違っているものは幾つあるか。次の中から選べ。

【a】標尺の最下部付近の視準を避けて観測すると、大気による屈折誤差を小さくできる。
【b】1 級水準測量及び 2 級水準測量における視準線誤差の点検調整は、観測期間中概ね 10 日ごとに行う。
【c】自動レベル及び電子レベルについては、円形水準器及び視準線の点検調整のほかに、コンペンセータの点検を行う。
【d】標尺は、2 本 1 組とし、往観測の出発点に立てる標尺と、復観測の出発点に立てる標尺は同じものにする。
【e】標尺付属の円形水準器は、標尺を鉛直に立てたときに、円形気泡が中心に来るように調整を行う。

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る