google+LINEで送る
社労士:労務管理その他の労働と一般常識 の 5問
第1問
【わが国の有期契約労働者に関して】有期契約労働者の実際の勤続年数をみると、「3年超~5年以内」が最も多く、5年を超えて同一事業所に勤続している人は1割程度と低くなっている。

社労士:労務管理その他の労働と一般常識 の 5問
第2問
【児童手当法に関して】「児童」とは、18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある者であって、日本国内に住所を有するもの又は留学その他の厚生労働省令で定める理由により日本国内に住所を有しないものをいう。

社労士:労務管理その他の労働と一般常識 の 5問
第3問
【わが国の退職給付制度に関して】退職一時金制度がある企業で、支払準備形態に社内準備を採用している企業について、算定基礎額の種類(複数回答)をみると、「点数(ポイント制)方式」が最も高くなっており、「退職時の賃金」がそれに次いでいる。

社労士:労務管理その他の労働と一般常識 の 5問
第4問
【国民健康保険法に関して】市町村が行う国民健康保険の被保険者は、当該市町村の区域内に住所を有しなくなった日(その日に他の市町村の区域内に住所を有するに至ったときを除く。)又は国民健康保険法第6条(第9号及び第10号を除く。)に規定される市町村が行う国民健康保険の被保険者の適用除外事由のいずれかに該当するに至った日から、その資格を喪失する。

社労士:労務管理その他の労働と一般常識 の 5問
第5問
【労働契約法等に関して】就業規則で定める基準と異なる労働条件を定める労働契約は、その部分については無効となり、無効となった部分は、就業規則で定める基準によるとされている。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る