google+LINEで送る
証券外務員二種資格試験 の 10門
第1問
不動産投資費信託(J-REIT)は、投資者から集めた資金を賃貸ビル等の不動産で運用する投資信託で、会社型、委託者指図型、委託者非指図型の類型がある。

証券外務員二種資格試験 の 10門
第2問
債券の受渡金額は売り方は約定代金+経過利子-委託手数料であり、買い方は約定代金-経過利子+委託手数料である。(消費税等は考慮しない)

証券外務員二種資格試験 の 10門
第3問
単元未満株式しか保有していない株主にも、議決権は認められている。

証券外務員二種資格試験 の 10門
第4問
取引所金融商品市場外取引を受注したときは、原則として、あらかじめ説明書を交付し市場外取引のしくみ等について、顧客に十分説明しなければならない。

証券外務員二種資格試験 の 10門
第5問
会社型投資信託は、特定資産に対する投資をして運用することを目的とした社団であり、資産運用を自ら行う事ができる。

証券外務員二種資格試験 の 10門
第6問
取締役会を置く会社は1名以上の監査役が必要であり、取締役会で選任・解任され、任期は2年である。

証券外務員二種資格試験 の 10門
第7問
金融商品取引業者は、グリーンシート銘柄については、取引開始基準を定め、適合した顧客から取引を受託しなければならない。

証券外務員二種資格試験 の 10門
第8問
ある会社の売上高が5,000万円のとき、変動費が2,000万円、固定費は1,000万円であった。この会社の限界利益率は60%である。

証券外務員二種資格試験 の 10門
第9問
特定口座を開設し、特定口座源泉徴収選択届出書を提出して源泉徴収を選択した場合、特定口座内の譲渡所得は源泉徴収されることで課税関係が終了する。

証券外務員二種資格試験 の 10門
第10問
受託者と委託者兼受益者(投資家)として構成されるのが委託者非指図型投資信託であり、受託者は、自ら運用指図を行ない自ら販売することができる。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る