google+LINEで送る
証券外務員二種資格試験 の 10門
第1問
発行する株式の全部を発起人だけで引受けて設立することを募集設立といい、発行する株式の一部を発起人が引受け、残りについて株主を募集することを発起設立という。

証券外務員二種資格試験 の 10門
第2問
流通市場における債券は、金融情勢を反映してどの銘柄も同一方向の相場変動を示す。また利回りと期間が同じ銘柄の利付債券の場合は、利率の高い銘柄ほど単価は低く、利率の低いほど単価は高くなるのが一般的である。

証券外務員二種資格試験 の 10門
第3問
大量保有報告書の提出期限は、大量保有者となった日から2週間以内である。

証券外務員二種資格試験 の 10門
第4問
営業キャッシュ・フロー有利子負債比率は、営業活動によるキャッシュ・フローによって、有利子負債をどの程度返済可能かという企業の支払い能力を表す。

証券外務員二種資格試験 の 10門
第5問
金融商品取引業者又はその役職員は、特定かつ少数の銘柄について、不特定かつ多数の顧客に対し、買付けもしくは売付け又はその委託等を一定期間継続して一斉かつ過度に勧誘することは、その銘柄が現に金融商品取引業者が保有する場合を除き、禁止されている。

証券外務員二種資格試験 の 10門
第6問
ある会社の売上高が5,000万円のとき、変動費が2,000万円、固定費は1,000万円であった。この会社の限界利益率は60%である。

証券外務員二種資格試験 の 10門
第7問
単位型投資信託は、募集期間のみ買付できるもので、信託期間の定めがある。定期定型投資信託のように同種の投資信託を定期的に募集するファミリーファンドユニットとその時々に状況等に応じてタイムリーに発行発行するスポット型がある。

証券外務員二種資格試験 の 10門
第8問
名義人である顧客の子が、名義人本人の取引に係る注文であることを明示して有価証券の売買を発注した場合でも、本人名義の取引とみなされない。

証券外務員二種資格試験 の 10門
第9問
平成26年1月1日現在、居住者(大口株主の配当等を除く)が受け取る上場株式等の配当については、その配当所得に対して、20%(所得税15%+住民税5%)が源泉徴収される。なお、復興特別所得税は考慮しない。

証券外務員二種資格試験 の 10門
第10問
設立手続きに重大な法令違反がある場合、設立の無効を主張できるのは、取締役と監査役に限られ、設立登記から1年以内に裁判所に訴える方法しかない。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る