google+LINEで送る
システムアーキテクト試験(SA) の 10門
第1問
稼働率が a (0 < a < 1)の装置三つを用いて図のようにシステムを設計するとき、システムの稼働率が装置単体の稼働率を上回るものはどれか。ここで、並列に接続されている部分は、いずれかの経路が稼動していればシステムは稼動しているものとする。

システムアーキテクト試験(SA) の 10門
第2問
事業目標達成のためのプログラムマネジメントの考え方として、適切なものはどれか。

システムアーキテクト試験(SA) の 10門
第3問
フェールセーフの考え方として、適切なものはどれか。

システムアーキテクト試験(SA) の 10門
第4問
桁落ちによる誤差の説明として、適切なものはどれか。

システムアーキテクト試験(SA) の 10門
第5問
システム開発のプロジェクトにおいて,EVMを活用したパフォーマンス管理をしている。開発途中のある時点でCV(コスト差異)の値が正,SV(スケジュール差異)の値が負であるとき,プロジェクトはどのような状況か。

システムアーキテクト試験(SA) の 10門
第6問
ソフトウェアの要求分析や設計に利用されるモデルに関する記述のうち、ペトリネットの説明として、適切なものはどれか。

システムアーキテクト試験(SA) の 10門
第7問
販売管理システムにおいて、起票された受注伝票が漏れなく、重複することなく入力されていることを確かめる監査手続のうち、適切なものはどれか。

システムアーキテクト試験(SA) の 10門
第8問
組込み機器用のソフトウェアを開発委託する契約書に開発成果物の著作権の帰属先が記載されていない場合,委託元であるソフトウェア発注者に発生するおそれがある問題はどれか。ここで,ソフトウェアは委託先が全て自主開発するものとする。

システムアーキテクト試験(SA) の 10門
第9問
データベースに媒体障害時の回復法はどれか。

システムアーキテクト試験(SA) の 10門
第10問
業務プロセスを可視化する手法としてUMLを採用した場合の活用シーンはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る