google+LINEで送る
システムアーキテクト試験(SA) の 10門
第1問
IT投資の評価手法のうち,バランススコアカードを用いた手法を説明したものはどれか。

システムアーキテクト試験(SA) の 10門
第2問
UMLを使って図のクラスPを定義した。このクラスの操作のうち、公開可視性(public)を持つものはどれか。

システムアーキテクト試験(SA) の 10門
第3問
何らかの理由で有効期間中に執行となったディジタル証明書の一覧を示すデータはどれか。

システムアーキテクト試験(SA) の 10門
第4問
DBMSに実装すべき原子性(atomicity)を説明したものはどれか。

システムアーキテクト試験(SA) の 10門
第5問
分析対象としている問題に数多くの要因が関係し,それらが相互に絡みあっているとき,原因と結果,目的と手段といった関係を追求していくことによって,因果関係を明らかにし,解決の糸口をつかむための図はどれか。

システムアーキテクト試験(SA) の 10門
第6問
投資効果を現在価値法で評価するとき、最も投資効果の大きい(又は損失の小さい)シナリオはどれか。ここで、期間は3年間、割引率は5%とし、各シナリオのキャッシュフローは表のとおりとする。

システムアーキテクト試験(SA) の 10門
第7問
開発ライフサイクルモデルとして、ウォータフォールモデル、進化的モデル、スパイラルモデルの三つを考える。ソフトウェア保守は、どのモデルを採用したときに必要か。

システムアーキテクト試験(SA) の 10門
第8問
職能部門別組織を説明したものはどれか。

システムアーキテクト試験(SA) の 10門
第9問
キャッシュの書込み方式には,ライトスルー方式とライトバック方式がある。ライトバック方式を使用する目的として,適切なものはどれか。

システムアーキテクト試験(SA) の 10門
第10問
目標復旧時点(RPO)を24時間に定めているのはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る