google+LINEで送る
システムアーキテクト試験(SA) の 5門
第1問
ソフトウェアの使用性を評価する指標の目標設定の例として、適切なものはどれか。

システムアーキテクト試験(SA) の 5門
第2問
情報システムの全体計画立案のためにE-Rモデルを用いて会社のデータモデルを作成する手順はどれか。

システムアーキテクト試験(SA) の 5門
第3問
IT投資の評価手法のうち,バランススコアカードを用いた手法を説明したものはどれか。

システムアーキテクト試験(SA) の 5門
第4問
脆ぜい弱性検査手法の一つであるファジングはどれか。

システムアーキテクト試験(SA) の 5門
第5問
データの追加・変更・削除が,少ないながらも一定の頻度で行われるデータベースがある。このデータベースのフルバックアップを磁気テープに取得する時間間隔を今までの2倍にした。このとき,データベースのバックアップ又は復旧に関する記述のうち,適切なものはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る