google+LINEで送る
システムアーキテクト試験(SA) の 5門
第1問
コア技術の事例として適切なものはどれか。

システムアーキテクト試験(SA) の 5門
第2問
BABOKの説明はどれか。

システムアーキテクト試験(SA) の 5門
第3問
ISMSにおいて定義することが求められている情報セキュリティ基本方針に関する記述のうち、適切なものはどれか。

システムアーキテクト試験(SA) の 5門
第4問
業務プロセスを可視化する手法としてUMLを採用した場合の活用シーンはどれか。

システムアーキテクト試験(SA) の 5門
第5問
スコープを縮小せずにプロジェクト全体のスケジュールを短縮する技法の一つである“クラッシング”では,メンバの時間外勤務を増やしたり,業務内容に精通したメンバを新たに増員したりする。“クラッシング”を行う際に,優先的に資源を投入すべきスケジュールアクティビティはどれか。

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る