google+LINEで送る
システムアーキテクト試験(SA) の 5門
第1問
Linuxカーネルの説明として,適切なものはどれか。

システムアーキテクト試験(SA) の 5門
第2問
工期を短縮させるために,クリティカルパス上の作業に“ファストトラッキング”技法を適用した対策はどれか。

システムアーキテクト試験(SA) の 5門
第3問
SOAを説明したものはどれか。

システムアーキテクト試験(SA) の 5門
第4問
コンピュータによる伝票処理システムがある。このシステムは,伝票データをためる待ち行列をもち,M/M/1の待ち行列モデルが適用できるものとする。平均待ち時間がT秒以上となるのは,処理装置の利用率が少なくとも何%以上となったときか。ここで,伝票データをためる待ち行列の特徴は次のとおりである。
・伝票データは,ポアソン分布に従って発生する。
・伝票データのたまる数に制限はない。
・1件の伝票データの処理時間は,平均T秒の指数分布に従う。

システムアーキテクト試験(SA) の 5門
第5問
業務プロセスを可視化する手法としてUMLを採用した場合の活用シーンはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る