google+LINEで送る
システムアーキテクト試験(SA) の 5門
第1問
プログラムテストに使用する入力データを、実験計画法に基づいて作成する。入力データには七つの項目があり、それぞれの項目は直交表の0又は1に対応する二者択一の値で構成する。入力データの全パターンをテストするときのテスト回数と、直交表を用いてテストケースを作成するときのテスト回数の組み合わせはどれか。ここで、直交表は、全ての2列間で0又は1が公平出現するように作られている。

システムアーキテクト試験(SA) の 5門
第2問
無線LANを利用するとき,セキュリティ方式としてWPA2を選択することで利用される暗号化アルゴリズムはどれか。

システムアーキテクト試験(SA) の 5門
第3問
売り手側でのマーケティング要素4Pは、買い手側での要素4Cに対応するという考え方がある。4Pの一つであるプロモーションに対応する4Cの構成要素はどれか。

システムアーキテクト試験(SA) の 5門
第4問
システム化計画立案時に、全社レベルの業務モデルを作成するときの留意点はどれか。

システムアーキテクト試験(SA) の 5門
第5問
トランザクションの原子性(atomicity)の説明として,適切なものはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る