google+LINEで送る
宅建(平成22年) の 10問
第1問
宅地建物取引主任者の登録(以下この問において「登録」という。)及び宅地建物取引主任者証(以下この問において「取引主任者証」という。)に関する次の記述のうち、民法及び宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。

宅建(平成22年) の 10問
第2問
民法第423条第1項は、「債権者は、自己の債権を保全するため、債務者に属する権利を行使することができる。ただし、債務者の一身に専属する権利は、この限りでない。」と定めている。これに関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。

宅建(平成22年) の 10問
第3問
土地区画整理法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

宅建(平成22年) の 10問
第4問
不動産の登記事項証明書の交付の請求に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

宅建(平成22年) の 10問
第5問
AはBから2,000万円を借り入れて土地とその上の建物を購入し、Bを抵当権者として当該土地及び建物に2,000万円を被担保債権とする抵当権を設定し、登記した。この場合における次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているのはどれか。

宅建(平成22年) の 10問
第6問
農地法(以下この問において「法」という。)に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

宅建(平成22年) の 10問
第7問
不動産の鑑定評価に関する次の記述のうち、不動産鑑定評価基準によれば、誤っているものはどれか。

宅建(平成22年) の 10問
第8問
遺言に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。

宅建(平成22年) の 10問
第9問
宅地建物取引業者Aが、自ら売主として宅地建物取引業者でない買主Bとの間で宅地の売買契約を締結した場合における次の記述のうち、民法及び宅地建物取引業法の規定並びに判例によれば、正しいものはどれか。

宅建(平成22年) の 10問
第10問
都市計画法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る