google+LINEで送る
宅建(平成22年) の 10問
第1問
建築物の構造と材料に関する次の記述のうち、不適当なものはどれか。

宅建(平成22年) の 10問
第2問
宅地建物取引業の免許(以下この問において「免許」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

宅建(平成22年) の 10問
第3問
宅地建物取引業者Aが、自ら売主となり、宅地建物取引業者でない買主Bとの間で締結した宅地の売買契約について、Bが宅地建物取引業法第37条の2の規定に基づき、いわゆるクーリング・オフによる契約の解除をする場合における次の記述のうち、正しいものはどれか。

宅建(平成22年) の 10問
第4問
建築物の用途規制に関する次の記述のうち、建築基準法の規定によれば、誤っているものはどれか。ただし、用途地域以外の地域地区等の指定及び特定行政庁の許可は考慮しないものとする。

宅建(平成22年) の 10問
第5問
遺言に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。

宅建(平成22年) の 10問
第6問
次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定によれば、正しいものはどれか。

宅建(平成22年) の 10問
第7問
不動産の登記事項証明書の交付の請求に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

宅建(平成22年) の 10問
第8問
保証に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。

宅建(平成22年) の 10問
第9問
宅地建物取引業者が行う広告等に関する次の記述のうち、不当景品類及び不当表示防止法 (不動産の表示に関する公正競争規約を含む。) の規定によれば、正しいものはどれか。

宅建(平成22年) の 10問
第10問
土地区画整理法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る