google+LINEで送る
宅建(平成25年) の 10問
第1問
婚姻中の夫婦AB間には嫡出子CとDがいて、Dは既に婚姻しており嫡出子Eがいたところ、Dは平成25年10月1日に死亡した。他方、Aには離婚歴があり、前の配偶者との間の嫡出子Fがいる。Aが平成25年10月2日に死亡した場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

宅建(平成25年) の 10問
第2問
宅地建物取引業保証協会(以下この問において「保証協会」という。)に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。

宅建(平成25年) の 10問
第3問
独立行政法人住宅金融支援機構(以下この問において「機構」という。)に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

宅建(平成25年) の 10問
第4問
次の記述のうち、民法の条文に規定されているものはどれか。

宅建(平成25年) の 10問
第5問
農地法(以下「法」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

宅建(平成25年) の 10問
第6問
宅地建物取引業法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

宅建(平成25年) の 10問
第7問
宅地建物取引業の免許(以下この問において「免許」という。)に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。

宅建(平成25年) の 10問
第8問
不動産の登記に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

宅建(平成25年) の 10問
第9問
建築基準法(以下「法」という。)に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

宅建(平成25年) の 10問
第10問
建築基準法に関する次の記述のうち、誤っているものはいくつあるか。
【ア】 一室の居室で天井の高さが異なる部分がある場合、室の床面から天井の一番低い部分までの高さが2.1m以上でなければならない。
【イ】 3階建ての共同住宅の各階のバルコニーには、安全上必要な高さが1.1m以上の手すり壁、さく又は金網を設けなければならない。
【ウ】 石綿以外の物質で居室内において衛生上の支障を生ずるおそれがあるものとして政令で定める物質は、ホルムアルデヒドのみである。
【エ】 高さが20mを超える建築物には原則として非常用の昇降機を設けなければならない。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る