google+LINEで送る
宅建(全てから出題) の 10問
第1問
Aは自己所有の甲建物をBに賃貸し賃料債権を有している。この場合における次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

宅建(全てから出題) の 10問
第2問
次の記述のうち、宅地建物取引業法 (以下この問において「法」という。) の規定によれば、正しいものはどれか。

宅建(全てから出題) の 10問
第3問
宅地建物取引業法の規定によれば、次の記述のうち、正しいものはどれか。

宅建(全てから出題) の 10問
第4問
宅地建物取引業法第35条に規定する重要事項の説明を取引主任者が行う場合における次の記述のうち、同条の規定に違反しないものはどれか。

宅建(全てから出題) の 10問
第5問
宅地造成等規制法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。なお、この問における都道府県知事とは、地方自治法に基づく指定都市、中核市、特例市にあってはその長をいう。

宅建(全てから出題) の 10問
第6問
宅地建物の統計等に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

宅建(全てから出題) の 10問
第7問
Aは、Bに対し建物を賃貸し、月額10万円の賃料債権を有している。この賃料債権の消滅時効に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。

宅建(全てから出題) の 10問
第8問
宅地建物取引業保証協会(以下この問において「保証協会」という。)に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。

宅建(全てから出題) の 10問
第9問
地価公示法に係る次の記述のうち、正しいものはどれか。

宅建(全てから出題) の 10問
第10問
宅地建物の統計等に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る