google+LINEで送る
宅建(全てから出題) の 10問
第1問
不動産の鑑定評価に関する次の記述のうち、不動産鑑定評価基準によれば、誤っているものはどれか。

宅建(全てから出題) の 10問
第2問
未成年者に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

宅建(全てから出題) の 10問
第3問
宅地建物取引業の免許(以下この問において「免許」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

宅建(全てから出題) の 10問
第4問
宅地建物取引業者Aが行う建物の売買又は売買の媒介に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定に違反しないものはどれか。

宅建(全てから出題) の 10問
第5問
次の記述のうち、都市計画法による許可を受ける必要のある開発行為の組合せとして、正しいものはどれか。ただし、許可を要する開発行為の面積については、条例による定めはないものとする。
【ア】市街化調整区域において、図書館法に規定する図書館の建築の用に供する目的で行われる3,000平方メートルの開発行為
【イ】準都市計画区域において、医療法に規定する病院の建築の用に供する目的で行われる4,000平方メートルの開発行為
【ウ】市街化区域内において、農業を営む者の居住の用に供する建築物の建築の用に供する目的で行われる1,500平方メートルの開発行為

宅建(全てから出題) の 10問
第6問
宅地建物取引業法第35条に規定する重要事項の説明を取引主任者が行う場合における次の記述のうち、誤っているものはどれか。

宅建(全てから出題) の 10問
第7問
取引主任者に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。

宅建(全てから出題) の 10問
第8問
独立行政法人 住宅金融支援機構 (以下この問において 「機構」 という。) に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

宅建(全てから出題) の 10問
第9問
次の記述のうち、民法の条文に規定されているものはどれか。

宅建(全てから出題) の 10問
第10問
建物の区分所有等に関する法律に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る