google+LINEで送る
宅建○×問題 の 10問
第1問
宅地建物取引業法の規定によれば、次の記述は正しいでしょうか?

甲県知事の宅地建物取引主任者の登録を受けている者が、その住所を乙県に変更した場合、甲県知事を経由して乙県知事に対し登録の移転を申請することができる。

宅建○×問題 の 10問
第2問
宅地建物の統計等に関する次の記述は正しいでしょうか?

建築着工統計(平成25年1月公表)によれば、平成24年の持家戸数は3年連続で増加しているものの、貸家戸数は3年ぶりに減少している。

宅建○×問題 の 10問
第3問
未成年者に関する次の記述は、民法の規定及び判例によれば、正しいでしょうか?

営業を許可された未成年者が、その営業のための商品を仕入れる売買契約を有効に締結するには、父母双方がいる場合、父母のどちらか一方の同意が必要である。

宅建○×問題 の 10問
第4問
印紙税に関する次の記述は正しいでしょうか?

「建物の電気工事に係る請負金額は2,100万円(うち消費税額及び地方消費税額が100万円)とする」旨を記載した工事請負契約書について、印紙税の課税標準となる当該契約書の記載金額は、2,100万円である。

宅建○×問題 の 10問
第5問
土地区画整理法における土地区画整理組合に関する次の記述は正しいでしょうか?


宅建○×問題 の 10問
第6問
民法の規定によれば、AがA所有の甲土地の売却に関する代理権をBに与えた場合における次の記述のは正しいでしょうか?なお、表見代理は成立しないものとする。

Bが死亡しても、Bの相続人はAの代理人として有効に甲土地を売却することができる。

宅建○×問題 の 10問
第7問
不動産の表示の登記についての次の記述は正しいでしょうか?

表題登記がない建物 (区分建物を除く。) の所有権を取得した者は、その所有権の取得の日から1月以内に、表題登記を申請しなければならない。

宅建○×問題 の 10問
第8問
宅地建物取引業法に関する次の記述は正しいでしょうか?

宅地建物取引業に関し不正又は不誠実な行為をするおそれが明らかな者は、宅地建物取引業法の規定に違反し罰金の刑に処せられていなくても、免許を受けることができない。

宅建○×問題 の 10問
第9問
遺言に関する次の記述は、民法の規定によれば、正しいでしょうか?

自筆証書遺言は、その内容をワープロ等で印字していても、日付と氏名を自書し、押印すれば、有効な遺言となる。

宅建○×問題 の 10問
第10問
宅地建物取引業法第35条に規定する重要事項の説明を取引主任者が行う場合における次の記述は、正しいでしょうか?

建物の売買の媒介の場合は、建築基準法に規定する建ぺい率及び容積率に関する制限があるときはその概要を説明しなければならないが、建物の貸借の媒介の場合は説明する必要はない。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る