google+LINEで送る
宅建○×問題 の 10問
第1問
宅地建物取引業の免許に関する次の記述は正しいでしょうか?

免許を受けようとするC社に、刑法第208条(暴行)の罪により拘留の刑に処せられた者が役員として在籍している場合、その刑の執行が終わってから5年を経過していなければ、C社は免許を受けることができない。

宅建○×問題 の 10問
第2問
次の記述のは、民法の条文に規定されているでしょうか?

契約締結に当たって当事者が基礎とした事情に変更が生じた場合に、当事者は契約の再交渉を求めることができる旨

宅建○×問題 の 10問
第3問
宅地造成等規制法に関する次の記述は正しいでしょうか?

宅地造成工事規制区域外において行われる宅地造成に関する工事については、造成主は、工事に着手する前に都道府県知事に届け出ればよい。

宅建○×問題 の 10問
第4問
農地法に関する次の記述は正しいでしょうか?

雑種地を開墾し、現に畑として耕作されている土地であっても、土地登記簿上の地目が雑種地である限り、法の適用を受ける農地には当たらない。

宅建○×問題 の 10問
第5問
都市計画法に関する次の記述は正しいでしょうか?

市街地開発事業の施行地区内においては、非常災害のために必要な応急措置として行う建築物の建築であっても、都道府県知事等の許可を受けなければならない。

宅建○×問題 の 10問
第6問
借地借家法第23条の借地権に関する次の記述は、借地借家法の規定によれば、正しいでしょうか?

存続期間を10年以上20年未満とする短期の事業用定期借地権の設定を目的とする契約は、公正証書によらなくても、書面又は電磁的記録によって適法に締結することができる。

宅建○×問題 の 10問
第7問
固定資産税に関する次の記述は正しいでしょうか?

固定資産税に係る徴収金について滞納者が督促を受け、その督促状を発した日から起算して10日を経過した日までに、その督促に係る固定資産税の徴収金について完納しないときは、市町村の徴税吏員は、滞納者の財産を差し押さえなければならない。

宅建○×問題 の 10問
第8問
建物の区分所有等に関する法律に関する次の記述は正しいでしょうか?

区分所有者の承諾を得て専有部分を占有する者は、会議の目的たる事項につき利害関係を有する場合には、集会に出席して議決権を行使することができる。

宅建○×問題 の 10問
第9問
共有に関する次の記述は、民法の規定及び判例によれば、正しいでしょうか?

他の共有者との協議に基づかないで、自己の持分に基づいて1人で現に共有物全部を占有する共有者に対し、他の共有者は単独で自己に対する共有物の明渡しを請求することができる。

宅建○×問題 の 10問
第10問
宅地建物取引業の免許に関する次の記述は正しいでしょうか?

免許を受けようとするB社に、刑法第206条(現場助勢)の罪により罰金の刑に処せられた者が非常勤役員として在籍している場合、その刑の執行が終わってから5年を経過していなくとも、B社は免許を受けることができる。

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る