google+LINEで送る
宅建○×問題 の 10問
第1問
未成年者に関する次の記述は、民法の規定及び判例によれば、正しいでしょうか?

Aが死亡し、Aの妻Bと嫡出でない未成年の子CとDが相続人となった場合に、CとDの親権者である母EがCとDを代理してBとの間で遺産分割協議を行っても、有効な追認がない限り無効である。

宅建○×問題 の 10問
第2問
宅地建物取引業法の規定に基づく監督処分に関する次の記述は正しいでしょうか?

国土交通大臣は、宅地建物取引業者B(乙県知事免許)に対し宅地建物取引業の適正な運営を確保し、又は健全な発達を図るため必要な指導、助言及び勧告をすることができる。

宅建○×問題 の 10問
第3問
都市計画法に関する次の記述は正しいでしょうか?

市街化調整区域において行う開発行為で、その規模が300平方メートルであるものについては、常に開発許可は不要である。

宅建○×問題 の 10問
第4問
宅地建物取引業法の規定に基づく監督処分に関する次の記述は正しいでしょうか?

宅地建物取引業者A(甲県知事免許)が、乙県の区域内における業務に関し乙県知事から指示処分を受けたときは、甲県に備えられる宅地建物取引業者名簿には、当該指示の年月日及び内容が記載される。

宅建○×問題 の 10問
第5問
不動産の登記に関する次の記述は正しいでしょうか?

所有権の登記がない土地と所有権の登記がある土地との合筆の登記は、することができない。

宅建○×問題 の 10問
第6問
土地区画整理法に関する次の記述は正しいでしょうか?

個人施工者は、基準又は規約に別段の定めがある場合においては、換地計画に係る区域の全部について土地区画整理事業の工事が完了する以前においても換地処分をすることができる。

宅建○×問題 の 10問
第7問
次の記述は正しいでしょうか?

地すべり等防止法によれば、地すべり防止区域内において、地表水を放流し、又は停滞させる行為をしようとする者は、一定の場合を除き、市町村長の許可を受けなければならない。

宅建○×問題 の 10問
第8問
A所有の甲土地につき、AとBとの間で売買契約が締結された場合における次の記述は、民法の規定及び判例によれば、正しいでしょうか?

AがBにだまされたとして詐欺を理由にAB間の売買契約を取り消した後、Bが甲土地をAに返還せずにDに転売してDが所有権移転登記を備えても、AはDから甲土地を取り戻すことができる。

宅建○×問題 の 10問
第9問
宅地建物取引業法の規定に基づく監督処分に関する次の記述は正しいでしょうか?

宅地建物取引業者は、宅地建物取引業法に違反した場合に限り、監督処分の対象となる。

宅建○×問題 の 10問
第10問
宅地建物取引業者Aが、自ら売主として宅地建物取引業者でない買主Bとの間で宅地(代金2,000万円)の売買契約を締結した場合における次の記述は、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいでしょうか?

当該宅地が、Aの所有に属しない場合、Aは、当該宅地を取得する契約を締結し、その効力が発生している場合においても、当該宅地の引渡しを受けるまでは、Bとの間で売買契約を締結することができない。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る