google+LINEで送る
宅建○×問題 の 5問
第1問
宅地建物取引業の免許に関する次の記述は正しいでしょうか?

G社(甲県知事免許)は、H社(国土交通大臣免許)に吸収合併され、消滅した。この場合、H社を代表する役員Iは、当該合併の日から30日以内にG社が消滅したことを国土交通大臣に届け出なければならない。

宅建○×問題 の 5問
第2問
建物の区分所有等に関する法律に関する次の記述は正しいでしょうか?

区分所有者の承諾を得て専有部分を占有する者は、会議の目的たる事項につき利害関係を有する場合には、集会に出席して議決権を行使することができる。

宅建○×問題 の 5問
第3問
宅地建物取引業法の規定によれば、宅地建物取引業保証協会に関する次の記述は正しいでしょうか?

保証協会は、そのすべての社員に対して、当該社員が受領した支払金や預り金の返還債務を負うことになったときに、その債務を連帯して保証する業務及び手付金等保管事業を実施することが義務付けられている。

宅建○×問題 の 5問
第4問
根抵当権に関する次の記述は、民法の規定によれば、正しいでしょうか?

根抵当権設定者は、元本の確定後であっても、その根抵当権の極度額を、減額することを請求することはできない。

宅建○×問題 の 5問
第5問
宅地建物の統計等に関する次の記述は正しいでしょうか?

住宅着工統計(国土交通省、平成22年1月公表)によれば、平成21年の分譲住宅の新設住宅着工戸数は、前年比43.7%減で、そのうち、マンション、一戸建住宅とも前年に比べて減少した。

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る