google+LINEで送る
運行管理者国家試験 の 5門
第1問
一般貨物自動車運送事業者(以下「事業者」という。)が、国土交通省令の定めにより、運行管理者に受けさせなければならない講習に関する次の記述のうち、誤っているものを1つ選びなさい。

運行管理者国家試験 の 5門
第2問
点呼の実施に関する次の記述は適切でしょうか?

乗務前の点呼において、運行管理者が運転者に対して酒気帯びの有無を確認しようとしたところ、営業所に備えられているアルコール検知器が故障して作動しないため使用できずにいた。その際、同僚の運転者から個人的に購入したアルコール検知器があるのでこれを使用してはどうかとの申し出があった。当該運行管理者は、当該アルコール検知器は故障したアルコール検知器と同等の性能のものであったので、これを使用して酒気帯びの有無を確認した。

運行管理者国家試験 の 5門
第3問
貨物自動車運送事業に従事する自動車運転者の運転時間及び休憩時間に関する次の記述のうち、連続運転の中断方法として「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」に適合しているものを1つ選びなさい。

運行管理者国家試験 の 5門
第4問
労働基準法(以下「法」という。)の定めに関する次の記述のうち、正しいものを選びなさい。

運行管理者国家試験 の 5門
第5問
次の記述のうち、一般貨物自動車運送事業の運行管理者の行わなければならない業務として正しいものを1つ選びなさい。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る