google+LINEで送る
給水装置工事主任技術者 の 10問
第1問
【水の汚染防止に関して】末端部が行き止まりとなる配管が生じたため、その末端部に排水機構を設置した。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第2問
【給水用具の故障と修理に関して】湯沸器にはいろいろな種類があり、その構造も複雑である。故障が発生した場合は、需要者が修理することは困難かつ危険であり、簡易なもの以外は、製造業者に修理を依頼する。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第3問
【公道における給水装置工事の安全管理に関して】工事中、火気に弱い埋設物又は可燃性物質の輸送管等の埋設物に接近する場合は、溶接機、切断機等火気を伴う機械器具を使用しない。ただし、やむを得ない場合は、消防署と協議し、保安上必要な措置を講じてから使用する。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第4問
【簡易専用水道の制度に関して】簡易専用水道とは、水道事業の用に供する水道及び専用水道以外の水道であって、水道事業の用に供する水道から供給を受ける水のみを水源とし、水槽の有効容量の合計が 10立方メートルを超えるものをいう。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第5問
【金属管の侵食に関して】埋設された金属管が異種金属の管や継手、ボルト等と接触していると、自然電位の低い金属と自然電位の高い金属との間に電池が形成され、自然電位の高い金属が侵食される。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第6問
【受水槽式給水に関して】高置水槽式は、受水槽に受水したのち、ポンプで高置水槽へ汲み上げ、自然流下により給水する方式である。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第7問
【水道水の塩素消毒の方法と効果等に関して】残留塩素とは、消毒効果のある有効塩素が水中の微生物を殺菌消毒したり、有機物を酸化分解した後も水中に残留している塩素である。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第8問
【給水装置工事に関して】給水装置工事のうち改造工事には、水道事業者が事業運営上施行した配水管の新設及び移設工事等に伴い、給水管の付替えあるいは布設替え等を行う工事のほか、水道メーター位置変更工事等がある。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第9問
【サドル付分水栓の穿孔施工に関して】サドル付分水栓の穿孔作業に際し、サドル付分水栓の吐水部へ排水ホースを連結させ、ホース先端は下水溝などへ直接接続し確実に排水する。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第10問
【水道法第19条の水道技術管理者に関して】水道技術管理者は、水道施設が水道法第5条の規定による施設基準に適合しているかどうかの検査に関する事務に従事し、及びこれらの事務に従事する他の職員を監督しなければならない。

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る