google+LINEで送る
給水装置工事主任技術者 の 10問
第1問
【節水型給水用具に関して】手洗衛生洗浄弁は、押棒を上げ一定時間経過すると自動閉止する機構のものである。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第2問
【給水管の配管工事に関して】ステンレス鋼鋼管を曲げて配管するときの曲げ半径は、管軸線上において、呼び径の4倍以上でなければならない。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第3問
【給水管の侵食に関して】侵食形態としては全面侵食と局部侵食とがある。一般的に全面侵食は、大きな漏水事故につながるが、局部侵食は、侵食が局部に限定されるため漏水などの事故を引き起こすことはない。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第4問
【給水用具に関して】制御装置を使って節水を図ることができる給水用具として、大便器洗浄用ユニット、小便器洗浄用ユニット、自動食器洗い機等がある。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第5問
【建設業法に関して】請負代金の額が 1,000万円未満の管工事のみを請け負おうとする者は、建設業の許可を必要としない。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第6問
【水道法に規定する給水装置の検査に関して】水道事業によって水の供給を受ける者は、指定給水装置工事事業者に対して、給水装置の検査及び供給を受ける水の水質検査を請求することができる。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第7問
【水道メーターの設置に関して】水道メーターは、メーターの損傷、凍結等のおそれがないよう地中に設置しなければならないので、検針や取替えに支障を生じないようにする。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第8問
【水中の病原微生物及び有害化学物質に関して】鉛は pH値の低い水に溶出しにくいが、継続的に摂取すると体内に蓄積し、貧血、消化管の障害、神経系の障害、腎臓障害等を起こす。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第9問
【給水装置工事の現場における電気事故防止の基本事項に関して】電気関係器材のうち、水中ポンプは常時の点検ができないため、故障したときに速やかに補修を行うことにより、正常な状態で作動させる。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第10問
【水道法第19条の水道技術管理者に関して】水道技術管理者は、水道により供給される水の水質検査に関する事務に従事し、及びこれらの事務に従事する他の職員を監督しなければならない。

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る