google+LINEで送る
給水装置工事主任技術者 の 10問
第1問
【水質管理などに関して】水道事業者の供給する水が人の健康を害するおそれがあることを知った者は、直ちにその旨を当該水道事業者に通報しなければならない。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第2問
【給水装置の耐久性能基準に関して】耐久性能基準の適用対象は、弁類単体として製造・販売され、施工時に取り付けられるものに限られる。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第3問
【サドル付分水栓穿孔に関して】サドル付分水栓を取付ける前に、弁体が全閉状態になっているか、パッキンが正しく取り付けられているか、塗装面やねじ等に傷がないか等を確認する。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第4問
【水道水の水質基準に関して】総トリハロメタンと共に、トリハロメタン類(4物質)各々について基準値が定められている。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第5問
【水中の病原微生物及び有害化学物質に関して】ヒ素は地質、鉱山排水、工場排水等に由来する。少量でも長期間にわたって摂取すると、慢性症状として皮膚の異常、末梢神経障害、皮膚がん等を引き起こしうる。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第6問
【公道における工事の現場管理に関して】工事の施行によって生じた建設発生土や建設廃棄物は、法令やその他の規定に基づき、工事施行者が適正かつ速やかに処理する。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第7問
【金属管の侵食防止のための防食工に関して】電食防止措置には、電気的絶縁物により管を被覆する方法、絶縁物による遮蔽、絶縁接続法、低電位金属体を管に接続して埋設する方法がある。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第8問
【労働安全衛生に関して】掘削面の高さが 1.5m以上となる地山の掘削(ずい道及びたて坑以外の抗の掘削を除く。)作業については、地山の掘削作業主任者を選任しなければならない。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第9問
【給水用具の故障と修理に関して】小便器洗浄弁で少量の水が流れ放しのときは、ピストンバルブと弁座の間への異物のかみ込みが原因と考えられる。修理方法としては、ピストンバルブを取り外し、異物を取り除く。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第10問
【水道水の塩素消毒の方法と効果等に関して】消毒剤として使用される主たる塩素化合物は、液化塩素、次亜塩素酸ナトリウム及び次亜塩素酸カルシウムである。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る