google+LINEで送る
給水装置工事主任技術者 の 10問
第1問
【給水管の配管に関して】給水管は、露出配管する場合は管内水圧に対し、地中埋設する場合は管内水圧及び土圧、輪荷重その他の外圧に対し十分な強度を有していることが必要である。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第2問
【給水装置工事の記録及び保存に関して】給水装置工事の記録については、様式が定められておりパソコンのハードディスクなどの電子媒体で保存することは認められていない。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第3問
【水道水の塩素消毒の方法と効果等に関して】残留塩素とは、消毒効果のある有効塩素が水中の微生物を殺菌消毒したり、有機物を酸化分解した後も水中に残留している塩素である。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第4問
【水道水の異常現象と対策に関して】水道水は、無味無臭に近いものであるが、塩辛い味、苦い味、酸味等を感じる場合は、クロスコネクションのおそれがあるので、飲用前に一定時間管内の水を排水しなければならない。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第5問
【指定給水装置工事事業者の責務に関して】指定給水装置工事事業者は、水道事業者から指定を受けた日から 30日以内に給水装置工事主任技術者を選任しなければならない。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第6問
【給水用具に関して】ボール止水栓は、弁体が球状のため 90°回転で全開、全閉することのできる構造であり、損失水頭は極めて小さい。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第7問
【給水装置の構造及び材質の基準に関する省令に定める性能基準の適合に関して】自己認証は、給水管、給水用具の製造業者等が自ら又は製品試験機関などに委託して得たデータや作成した資料等に基づいて、性能基準適合品であることを証明するものである。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第8問
【金属管の侵食に関して】ミクロセル侵食とは、埋設状態にある金属材質、土壌、乾湿、通気性、pH値、溶解成分の違い等の異種環境での電池作用による侵食をいう。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第9問
【水撃作用の防止に関して】水撃作用の発生のおそれのある場合で、給水管の水圧が高い時は、安全弁(逃し弁)を設置し給水圧を下げる。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第10問
【給水装置の水撃限界性能基準に関して】水撃限界性能基準の適用対象は、水撃作用を生じるおそれのある給水用具であり、水栓、ボールタップ、電磁弁、元止め式瞬間湯沸器等がこれに該当する。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る