google+LINEで送る
給水装置工事主任技術者 の 10問
第1問
【公道における給水装置工事の安全管理に関して】工事の施行にあたって、掘削部分に各種埋設物が露出する場合には、防護協定などを順守して措置し、当該埋設物管理者と協議のうえで適切な表示を行う。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第2問
【水道法に規定する給水装置の検査に関して】水道事業者は、供給規程の定めるところにより、水の供給を受ける者の給水装置が指定給水装置工事事業者の施行した給水装置工事に係わるものであることを供給条件とすることができる。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第3問
【給水管に関して】銅管は、アルカリに侵されず、スケールの発生も少ない。また、耐食性に優れているため肉薄化しているので、軽量で取扱いが容易である。しかし、遊離炭酸が多い水には適さない。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第4問
【土工事の施工に関して】掘削深さが 1.5mを超える場合には、切取り面がその箇所の土質に見合った勾配を保って掘削できる場合を除き、原則として土留工を施すものとする。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第5問
【公道における給水装置工事の安全管理に関して】道路上に又は道路に近接して杭打機その他の高さの高い工事用機械類もしくは構造物を設置しておく場合においては、それらを白色照明灯で照明し、それらの所在が容易に確認できるようにしなければならない。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第6問
【給水装置の耐圧性能基準に関して】耐圧性能基準は、水道の水圧により給水装置に水漏れ、破壊等を生じることを防止するためのものであり、安全性確保のため最終の止水機構の流出側に設置されている給水用具にも適用される。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第7問
【給水用具の故障と修理に関して】湯沸器に故障が発生した場合、湯沸器にはいろいろな種類があり、その構造も複雑であるため、簡単なもの以外は製造業者に修理を依頼する。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第8問
【給水用具の故障と修理に関して】ボールタップの水が止まらない主な原因は、主弁のスピンドルの折損である。修理方法としては、スピンドルを取り替える。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第9問
【簡易専用水道の制度に関して】簡易専用水道における水の汚染を防止するための管理基準は、水道事業者が定める。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第10問
【給水装置工事に関して】給水装置工事は、水道施設を損傷しないこと、設置された給水装置に起因して需要者への給水に支障を生じないこと、水道水質の確保に支障を生じないこと等の観点から、給水装置の構造及び材質の基準に適合した適正な施行が必要である。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る