google+LINEで送る
給水装置工事主任技術者 の 10問
第1問
【水中の病原微生物及び有害化学物質に関して】鉛は pH値の低い水に溶出しにくいが、継続的に摂取すると体内に蓄積し、貧血、消化管の障害、神経系の障害、腎臓障害等を起こす。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第2問
【土工事の施工に関して】掘削深さが 1.5m以内であれば、自立性に乏しい地山であっても、土留工を施すことなく掘削することができる。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第3問
【直結加圧形ポンプユニットに関して】直結加圧形ポンプユニットの圧力タンクは、停電によりポンプが停止したとき、蓄圧機能により圧力タンク内の水を供給することを目的としたものである。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第4問
【給水管に関して】硬質ポリ塩化ビニル管は、難燃性であり、熱及び衝撃にも比ퟛ的強い。しかし、管に傷がつくと破損し易くなるため、外傷を受けないよう取扱う必要がある。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第5問
【給水装置の計画使用水量に関して】直結増圧式給水を行うにあたっては、一日当たりの計画使用水量を適正に設定することが、適切な配管口径の決定及び直結加圧形ポンプユニットの適正容量の決定に不可欠である。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第6問
【水の汚染防止に関して】有機溶剤が浸透するおそれのある場所であったため、ポリエチレン二層管を用いて配管した。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第7問
【水道法に規定する水道事業の認可に関して】水道法では、水道事業者を保護育成すると同時に需要者の利益を保護するために、水道事業者を監督する仕組みとして認可制度をとっている。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第8問
【水中の病原微生物及び有害化学物質に関して】病原性大腸菌O157は、腸内でベロ毒素を産生し、腎不全や血便が続く症状(溶血性尿毒症症候群)を引き起こす。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第9問
【水道法に規定する給水装置及び給水装置工事に関して】需要者は、水道事業者に対して、使用中の給水装置の検査及び水質検査を請求することができる。

給水装置工事主任技術者 の 10問
第10問
【給水装置の水撃限界性能基準に関して】水撃限界性能基準は、水撃発生防止仕様の給水用具であるか否かの判断基準であり、水撃作用を生じるおそれのある給水用具はすべてこの基準を満たしていなければならない。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る