google+LINEで送る
給水装置工事主任技術者 の 20問
第1問
【給水装置工事の現場における電気事故防止の基本事項に関して】感電事故防止のために、電力設備に配線用遮断器を設置する。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第2問
【明治時代におけるわが国の近代水道の歴史に関して】わが国の近代水道の第1号になったのは、横浜水道であった。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第3問
【給水装置工事の記録及び保存に関して】給水装置工事の記録については、様式が定められておりパソコンのハードディスクなどの電子媒体で保存することは認められていない。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第4問
【金属管の侵食に関して】埋設された金属管が異種金属の管や継手、ボルト等と接触していると、自然電位の低い金属と自然電位の高い金属との間に電池が形成され、自然電位の高い金属が侵食される。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第5問
【水道水の水質基準に関して】味や臭気は数値として測定できないので、水質基準の項目には含まれていない。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第6問
【水道水の異常現象と対策に関して】水道水が白色に着色した場合は、亜鉛メッキ鋼管の亜鉛が溶解していることが考えられ、使用時に一定時間管内の水を排水して使用しなければならない。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第7問
【導水施設】…浄水施設を経た浄水を配水施設に導く。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第8問
【給水用具に関して】自閉式水栓、湯屋カラン、手洗衛生洗浄弁及び泡沫式水栓は、自閉構造により節水を図ることができる給水用具である。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第9問
【明治時代におけるわが国の近代水道の歴史に関して】近代水道布設当初から、水系感染症対策のために、塩素消毒が義務付けられた。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第10問
【指定給水装置工事事業者制度に関して】水道事業者による指定給水装置工事事業者の指定の基準は、水道法により地域ごとに定められている。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第11問
【金属管の侵食防止のための防食工に関して】異種金属管との接続には、異種金属管用絶縁継手などを使用し侵食を防止する。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第12問
【水道水の汚染防止に関して】末端部が行き止まりとなる給水管は、停滞水が生じ、水質が悪化するおそれがあるため極力避ける。やむを得ず行き止まり管となる場合は、末端部に排水機構を設置する。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第13問
【サドル付分水栓穿孔に関して】サドル付分水栓を取付ける前に、弁体が全閉状態になっているか、パッキンが正しく取り付けられているか、塗装面やねじ等に傷がないか等を確認する。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第14問
【給水管に関して】ポリエチレン二層管は、有機溶剤、ガソリン、灯油等に接すると、管に浸透し、管の軟化・劣化や水質事故を起こすことがあるので、これらの物質と接触させてはならない。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第15問
【建設業法に関して】建設業の許可には、国土交通大臣又は都道府県知事による許可があり、一般建設業と特定建設業に区分されている。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第16問
【配水施設】…一般の需要に応じ、必要な水を供給する。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第17問
【給水管の配管に関して】地震、災害時等における給水の早期復旧を図ることからも、空気弁を道路境界付近に設置することが望ましい。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第18問
【給水装置工事主任技術者の職務に関して】主任技術者は、給水装置工事の技術上の管理を行うこととされているが、この技術上の管理とは、給水装置工事の事前調査から計画、施工及び竣工検査までに至る一連の工事過程の全体について技術上の統括管理を行うことである。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第19問
【給水装置の耐久性能基準に関して】耐久性能試験に用いる弁類の開閉回数は1万回(弁の開及び閉の動作をもって1回と数える)である。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第20問
【給水管の配管工事に関して】ステンレス鋼鋼管を曲げて配管するときの曲げ半径は、管軸線上において、呼び径の4倍以上でなければならない。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る