google+LINEで送る
給水装置工事主任技術者 の 20問
第1問
【給水用具の故障と修理に関して】小便器洗浄弁の吐水量が多いので原因を調査した。その結果、調節ねじを開け過ぎていたので、調節ねじを左に回して吐水量を調節した。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第2問
【指定給水装置工事事業者及び給水装置工事主任技術者に関して】工事事業者の指定は、水道事業者ごとに行われるものである。したがって、複数の水道事業者の給水区域において給水装置工事を行うには、水道事業者ごとに指定の申請を行わなければならない。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第3問
【クロスコネクション及び逆流防止に関して】給水管と井戸水配管を直接連結する場合、両管の間に逆止弁を設置し、逆流防止の措置を講じる必要がある。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第4問
【指定給水装置工事事業者の責務に関して】指定給水装置工事事業者は、給水装置工事主任技術者及びその他の給水装置工事に従事する者の給水装置工事の施行技術の向上のため、研修の機会を確保するよう努めなければならない。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第5問
【節水形給水用具に関して】電子式自動水栓は、手が赤外線ビームなどを遮断すると電子制御装置が働いて、吐水、止水が自動的に制御されるものである。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第6問
【給水管に関して】耐熱性硬質塩化ビニルライニング鋼管は、鋼管の内面に耐熱性硬質塩化ビニルをライニングした管である。耐熱性に優れているので、85°Cを超える給湯配管にも適している。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第7問
【取水施設】…道の水源から原水を取り入れる。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第8問
【給水装置工事に関して】給水装置工事とは、水道法において給水装置の設置又は変更の工事と定義されており、給水装置の新設、改造、修繕及び撤去の工事のすべてが含まれる。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第9問
【給水装置工事に関して】掘削深さが 1.5mを超える場合は、切取り面がその箇所の土質に見合った勾配を保って掘削できる場合を除き土留工を施す。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第10問
【配水管からの給水管の取出しに関して】硬質ポリ塩化ビニル管及びポリエチレン二層管に分水栓を取り付ける場合は、配水管の折損防止のためサドル付分水栓を使用する。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第11問
【水道法第14条の供給規程に関して】水道事業者は、供給規程を、その実施の日以降に一般に周知させる措置をとらなければならない。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第12問
【水質管理などに関して】衛生上の処置として、取水場、貯水池、導水渠、浄水場、配水池及びポンプ井を常に清潔に保ち、汚染防止を充分にする。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第13問
【給水装置の構造及び材質の基準に関する省令に定める性能基準の適合に関して】自己認証は、給水管、給水用具の製造業者等が自ら又は製品試験機関などに委託して得たデータや作成した資料等に基づいて、性能基準適合品であることを証明するものである。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第14問
【直結加圧形ポンプユニットに関して】直結加圧形ポンプユニットの圧力タンクは、停電によりポンプが停止したとき、蓄圧機能により圧力タンク内の水を供給することを目的としたものである。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第15問
【給水用具の故障と修理に関して】小便器洗浄弁で少量の水が流れ放しのときは、ピストンバルブと弁座の間への異物のかみ込みが原因と考えられる。修理方法としては、ピストンバルブを取り外し、異物を取り除く。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第16問
【給水装置の耐寒性能基準に関して】低温に暴露した後確認すべき性能基準項目から浸出性能を除いたのは、低温暴露により材質等が変化することは考えられず、浸出性能に変化が生じることはないと考えられることによる。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第17問
【節水形給水用具に関して】湯屋カランは、ハンドルを押している間は水がでるが、ハンドルから手を離すと自動的に止水するものである。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第18問
【給水管の配管工事に関して】ステンレス鋼鋼管を曲げて配管するときの曲げ半径は、管軸線上において、呼び径の4倍以上でなければならない。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第19問
【水道法に規定する給水装置及び給水装置工事に関して】需要者は、水道事業者に対して、使用中の給水装置の検査及び水質検査を請求することができる。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第20問
【金属管の侵食防止のための防食工に関して】異種金属管との接続には、異種金属管用絶縁継手などを使用し侵食を防止する。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る