google+LINEで送る
給水装置工事主任技術者 の 20問
第1問
【公道における給水装置工事の安全管理に関して】道路上に又は道路に近接して杭打機その他の高さの高い工事用機械類もしくは構造物を設置しておく場合においては、それらを白色照明灯で照明し、それらの所在が容易に確認できるようにしなければならない。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第2問
【給水用具の故障と修理に関して】水栓の不快音は、スピンドルの穴とこま軸の外径が合わなく、がたつきがある時に発生する。修理方法としては、スピンドル又はグランドパッキンを取り替える。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第3問
【消防法の適用を受けるスプリンクラーに関して】湿式配管による水道直結式スプリンクラー設備は、停滞水の発生を防止するため、末端給水栓までの配管途中にスプリンクラーを設置する。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第4問
【給水用具の故障と修理に関して】大便器洗浄弁から常に少量の水が流出していたので原因を調査した。その結果、ピストンバルブと弁座の間に異物がかみ込んでいたので、ピストンバルブを取外し異物を除いた。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第5問
【水道法に規定する給水装置及び給水装置工事に関して】水道メーターは、水道事業者の所有物であり、給水装置に該当しない。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第6問
【建設業法に関して】建設業の許可には、国土交通大臣又は都道府県知事による許可があり、一般建設業と特定建設業に区分されている。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第7問
【水道法第14条の供給規程に関して】水道事業者は、供給規程を、その実施の日以降に一般に周知させる措置をとらなければならない。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第8問
吸排気弁は、一次側の圧力が、あらかじめ設定された圧力以上になると、弁体が自動的に開いて過剰圧力を逃がし、圧力が所定の値に降下すると閉じる機能を持つ給水用具である。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第9問
【水道法第14条の供給規程に関して】水道事業者及び水道の需要者の責任に関する事項並びに給水装置工事の費用の負担区分及びその額の算出方法が、適正かつ明確に定められていること。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第10問
【水道法第19条の水道技術管理者に関して】水道事業者は、水道の管理について技術上の業務を担当させるため、水道技術管理者1人を置かなければならない。この場合、水道事業者は、自ら水道技術管理者となることはできない。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第11問
【水道法に規定する供給規程に関して】水道事業者及び需要者の責任に関する事項並びに給水装置工事の費用の負担区分及びその額の算出方法が、適正かつ明確に定められていること。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第12問
【給水管に関して】銅管は、アルカリに侵されず、スケールの発生も少ない。また、耐食性に優れているため肉薄化しているので、軽量で取扱いが容易である。しかし、遊離炭酸が多い水には適さない。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第13問
【水の汚染防止に関して】末端部が行き止まりとなる配管が生じたため、その末端部に排水機構を設置した。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第14問
【給水管の配管にあたっての留意事項に関して】給水管を他の埋設管に近接して布設すると、漏水した際にサンドブラスト現象などにより他の埋設管に損傷を与えるおそれがあるため、原則として 30cm以上離して配管する。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第15問
【給水装置工事の施行に関して】貯湯湯沸器を設置する工事は、指定給水装置工事事業者以外の工事事業者が施行してもよい。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第16問
【給水装置工事の現場における電気事故防止の基本事項に関して】仮設の電気工事は、電気事業法に基づく電気設備に関する技術基準を定める省令などにより電気技術者が行わなければならない。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第17問
【給水装置工事の記録及び保存に関して】指定給水装置工事事業者は、給水装置工事に係る記録を3年間保存しなければならない。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第18問
【サドル付分水栓の穿孔施工に関して】サドル付分水栓の穿孔作業に際し、サドル付分水栓の吐水部へ排水ホースを連結させ、ホース先端は下水溝などへ直接接続し確実に排水する。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第19問
【金属管の侵食に関して】地中に埋設した鋼管が部分的にコンクリートと接触している場合、アルカリ性のコンクリートに接している部分の電位が、コンクリートと接触していない部分より高くなって腐食電池が形成され、コンクリートと接触していない部分が侵食される。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第20問
【給水装置の耐圧性能基準に関して】1.75MPaという試験水圧は、通常の使用状態における水圧、ウォータハンマによる水撃圧等を考慮し、現在の日本の水道の使用圧力において給水装置に加わり得る最大水圧として設定されている。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る