google+LINEで送る
給水装置工事主任技術者 の 20問
第1問
【水道法に規定する供給規程に関して】水道事業者が民間の事業者の場合には、供給規程に定められた供給条件を変更しようとするときは、当該給水区域の市町村長の認可を受けなければならない。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第2問
【取水施設】…道の水源から原水を取り入れる。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第3問
【水道法第4条に規定する水質基準に関して】消毒による臭味がないこと。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第4問
【給水管に関して】ポリエチレン二層管は、変位吸収性を有しているため、耐震性に富むとともに、波状部において任意の角度を形成でき、継手が少なくてすむ等の配管施工の容易さを備えている。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第5問
【給水管に関して】銅管は、アルカリに侵されず、スケールの発生も少ない。また、耐食性に優れているため肉薄化しているので、軽量で取扱いが容易である。しかし、遊離炭酸が多い水には適さない。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第6問
【給水用具に関して】減圧弁は、調整ばね、ダイヤフラム、弁体等の圧力調整機構によって、一次側の圧力が変動しても、一次側を二次側より低い一定圧力に保持する給水用具である。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第7問
【水道法に規定する供給規程に関して】水道事業者及び需要者の責任に関する事項並びに給水装置工事の費用の負担区分及びその額の算出方法が、適正かつ明確に定められていること。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第8問
【公道における工事の現場管理に関して】工事の施行によって生じた建設発生土や建設廃棄物は、法令やその他の規定に基づき、工事施行者が適正かつ速やかに処理する。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第9問
【節水形給水用具に関して】定量水栓は、ハンドルの目盛を必要水量にセットしておくと、設定した水量を吐水したのち自動的に止水するものである。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第10問
【水中の病原微生物及び有害化学物質に関して】レジオネラ属菌は自然界に広く存在している。この菌が混入した水の飛沫を、免疫力の低下している人が吸入すると、肺炎様の感染症を起こすことがある。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第11問
【指定給水装置工事事業者の責務に関して】指定給水装置工事事業者は、水道事業者の要求があれば、給水装置工事に関する報告又は資料の提出をしなければならないことなど、水道事業者が水道法に基づいて行う監督に服さなければならない。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第12問
【給水装置工事の記録及び保存に関して】給水装置工事の記録の作成は、指名された給水装置工事主任技術者が行うこととなるが、給水装置工事主任技術者の指導・監督のもとで他の従業員に行わせることができる。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第13問
【給水装置工事の現場における電気事故防止の基本事項に関して】電線をステップルで造営物に仮止めするなどの仮設の電気工事は、電気事業法に基づく電気設備に関する技術基準を定める省令などにより電気技術者が行わなければならない。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第14問
【給水装置の水撃限界性能基準に関して】水撃限界性能基準の適用対象は、水撃作用を生じるおそれのある給水用具であり、水栓、ボールタップ、電磁弁、元止め式瞬間湯沸器等がこれに該当する。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第15問
【給水装置工事の記録及び保存に関して】指定給水装置工事事業者は、給水装置工事に係る記録を3年間保存しなければならない。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第16問
【給水装置の耐寒性能基準に関して】耐寒性能基準においては、凍結防止の方法は水抜きに限定している。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第17問
【水中の病原微生物及び有害化学物質に関して】鉛は pH値の低い水に溶出しにくいが、継続的に摂取すると体内に蓄積し、貧血、消化管の障害、神経系の障害、腎臓障害等を起こす。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第18問
【節水型給水用具に関して】自閉式水栓は、ハンドルから手を離すと水が流れたのち、ばねの力で自動的に止水するものである。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第19問
【給水装置の水撃限界性能基準に関して】水撃限界性能基準では、湯水混合水栓などにおいて同一の仕様の止水機構が水側と湯側に付いているような場合は、いずれか一方の止水機構について試験を行えばよい。

給水装置工事主任技術者 の 20問
第20問
【水道水の汚染防止に関して】末端部が行き止まりとなる給水管は、停滞水が生じ、水質が悪化するおそれがあるため極力避ける。やむを得ず行き止まり管となる場合は、末端部に排水機構を設置する。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る