google+LINEで送る
1級造園施工管理技士 の 10門
第1問
建設工事における技術者に関する記述のうち、「建設業法」上、誤っているものはどれか。

1級造園施工管理技士 の 10門
第2問
秋に剪定しても翌年の開花に支障がない花木の組合せとして、適当なものはどれか。

1級造園施工管理技士 の 10門
第3問
造園樹木の性質と用途に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

1級造園施工管理技士 の 10門
第4問
次の【イ】~【ニ】のうち、木材の接合に関する記述として、適当なものの個数はどれか。

【イ】ほぞ差しとは、材の木口にほぞをつくり、他材の側面のほぞ穴に差し込むことをいう。
【ロ】留めとは、二つの材がL型に直交する場合には、隅の継目を45°に切り合わすことをいう。
【ハ】仕口とは、二つ以上の部材を直角又はある角度をなして接合する部分をいう。
【ニ】継手とは、木材を長手方向に継ぎ合わせた接合部をいう。

1級造園施工管理技士 の 10門
第5問
排水工に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

1級造園施工管理技士 の 10門
第6問
建設機械に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

1級造園施工管理技士 の 10門
第7問
工期と建設費の関係に関する次の記述の【A】~【D】に当てはまる語句の組合せとして、適当なものはどれか。

「一般に、工期の短縮に伴って【A】は増加し、【B】は減少するという性格をもっている。各作業にどんなに直接費をかけても短縮できない時間を【C】といい、全工事の総直接費が最小となる費用を【D】という。

1級造園施工管理技士 の 10門
第8問
造園工事における法令に基づく必要な手続きに関する記述のうち、誤っているものはどれか。

1級造園施工管理技士 の 10門
第9問
日本庭園の役木に関する次の記述の(A)、(B)に当てはまる語句の組合せとして、適当なものはどれか。

「(A)は、灯籠の明かりがその枝葉で見え隠れするように配植される樹木で、枝葉がしなやかな落葉樹が主に用いられる。(B)は、池泉にのぞくように枝を伸ばし、水面と地表が連絡しているように植栽される樹木で、キャラボク、ハイビャクシンなどを用いることもある。」

1級造園施工管理技士 の 10門
第10問
造園樹木の溝掘り式根回しに関する記述のうち、適当でないものはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る