google+LINEで送る
1級造園施工管理技士 の 5門
第1問
運動施設の整備に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

1級造園施工管理技士 の 5門
第2問
次の【イ】~【ニ】のうち、木材の接合に関する記述として、適当なものの個数はどれか。

【イ】ほぞ差しとは、材の木口にほぞをつくり、他材の側面のほぞ穴に差し込むことをいう。
【ロ】留めとは、二つの材がL型に直交する場合には、隅の継目を45°に切り合わすことをいう。
【ハ】仕口とは、二つ以上の部材を直角又はある角度をなして接合する部分をいう。
【ニ】継手とは、木材を長手方向に継ぎ合わせた接合部をいう。

1級造園施工管理技士 の 5門
第3問
「公共用緑化樹木等品質寸法規格基準(案)」における「品質規格」と「寸法規格」に関する次の記述の(A)~(C)に当てはまる語句の組合せとして、適当なものはどれか。

「樹木の品質規格は、(A)と(B)に大別して定めるものとし、(A)の表示項目には「樹皮(肌)」が含まれ、(B)の表示項目には「枝葉の配分」が含まれる。寸法規格で定める寸法値は、(C)を示している。」

1級造園施工管理技士 の 5門
第4問
「都市公園における遊具の安全確保に関する指針」に関する次の記述の【A】~【C】に当てはまる語句の組合せとして、適当なものはどれか。

「遊具の安全確保に当たっては、子供が冒険や挑戦のできる施設としての機能を損なわないよう遊びの価値を尊重して、子供が判断可能な危険性である【A】を適切に管理するとともに、事故につながる危険性あるいは子供が判断不可能な危険性である【B】の除去に努めることを基本とする。
例えば、不十分な維持管理による遊具の不良は(【C】) であり、安全点検を行い、遊具の腐食、ねじの緩みなどを検出し、適切な措置を講ずる。」

1級造園施工管理技士 の 5門
第5問
花壇に用いられる植物に関する組合せとして、適当なものはどれか。

Copyright (C) 2014 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る