google+LINEで送る
2級造園施工管理技士 の 5問
第1問
人力により5日以内で完了することのできる次の高木(幹周15 cm未満)の植栽工事の正誤の組合せとして、正しいものはどれか。ただし、歩掛は100 本当たり25 人/日とする。

【イ】高木85 本の植栽工事を5人/日で施工する。
【ロ】高木140 本の植栽工事を7人/日で施工する。

2級造園施工管理技士 の 5問
第2問
高所作業に関する次の記述の【A】、【B】に当てはまる数値の組合せとして、「労働安全衛生規則」上、適当なものはどれか。

「高さ4 m の作業場所となる休憩所の屋根補修のため、単管足場を設置することとした。作業床は幅20 cm の床材を2列に配置し、そのすき間を【 A 】cm 以下とした。また、墜落の危険がある箇所に、作業床から高さ【 B 】cm の手すり及び中さんを取り付けた。」

2級造園施工管理技士 の 5問
第3問
高齢者、障害者の利用に配慮した園路の施工に関する次の記述の【A】、【B】に当てはまる数値の組合せとして、適当なものはどれか。

「車いす使用者に配慮し、公園の園路の有効幅は【 A 】cm以上とすること。ただし、やむを得ない場合は、園路の末端の付近及び当該園路の50 m以内ごとに、車いすが転回できる広さの場所を設けた上で、有効幅を【 B 】cm以上とすることができる。」

2級造園施工管理技士 の 5問
第4問
次の【イ】~【ニ】のうち、「都市公園法」上、公園施設として都市公園に設けることができるものをすべて示したものはどれか。

【イ】水族館
【ロ】仮設住宅
【ハ】警察署の派出所
【ニ】ラグビー場

2級造園施工管理技士 の 5問
第5問
高所作業に関する次の記述の【A】~【C】に当てはまる数値の組合せとして、「労働安全衛生規則」上、正しいものはどれか。

「高さ4m の作業場所となる四阿の屋根材補修のため、単管足場を設置することにした。作業床は床材を2列に設置し、幅を【A】cmとし、床材間のすき間を【B】cm とした。また、墜落の危険がある箇所に、作業床から高さ【C】cm の丈夫な手すり及び中さんを設けた。」

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る