google+LINEで送る
2級造園施工管理技士 の 10問
第1問
「公共用緑化樹木等品質寸法規格基準(案)」における樹木の品質規格の判定に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

2級造園施工管理技士 の 10問
第2問
「公共用緑化樹木等品質寸法規格基準(案)」における樹木の品質規格に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

2級造園施工管理技士 の 10問
第3問
高齢者、障害者の利用に配慮した園路の施工に関する次の記述の【A】、【B】に当てはまる数値の組合せとして、適当なものはどれか。

「車いす使用者に配慮し、公園の園路の有効幅は【 A 】cm以上とすること。ただし、やむを得ない場合は、園路の末端の付近及び当該園路の50 m以内ごとに、車いすが転回できる広さの場所を設けた上で、有効幅を【 B 】cm以上とすることができる。」

2級造園施工管理技士 の 10問
第4問
硬式テニスコートの表面排水を取る場合、勾配の方向を示す図のうち、適当なものはどれか。

2級造園施工管理技士 の 10問
第5問
造園工事における施工計画の策定に際して行う現場条件の事前調査事項として、適当でないものはどれか。

2級造園施工管理技士 の 10問
第6問
コンクリートの性質に関する次の記述の【A】、【B】に当てはまる語句の組合せとして、適当なものはどれか。

「コンシステンシーの【 A 】コンクリートを用いると、作業は容易になるが材料は分離しやすくなる。この測定には一般的にスランプ試験が有効な補助手段として用いられ、スランプの値が【 B 】ほどコンシステンシーは小さい。」

2級造園施工管理技士 の 10問
第7問
「公共用緑化樹木等品質寸法規格基準(案)」における樹木及びシバ類の品質規格の判定に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

2級造園施工管理技士 の 10問
第8問
下図に示す3本立指定の樹木の幹周の寸法値として、「公共用緑化樹木等品質寸法規格基準(案)」に照らし、正しいものはどれか。
①0.12 m  ②0.07 m  ③0.11 m

2級造園施工管理技士 の 10問
第9問
下図に示す施工管理の一般的な手順を示したデミング・サークルの【A】、【B】に当てはまる次の(イ)~(ハ)の作業内容の組合せとして、適当なものはどれか。

(イ)計画とずれていれば是正処置をとる。
(ロ)工事内容に関する事前調査を行う。
(ハ)計画と実施結果を比較検討する。

2級造園施工管理技士 の 10問
第10問
造園樹木の移植に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る