google+LINEで送る
応用情報技術者試験 の 10問
第1問
営業債権管理業務に関する内部統制のうち、適切なものはどれか。

応用情報技術者試験 の 10問
第2問
PMBOKによれば、“アクティビティ定義”プロセスで実施するものはどれか。

応用情報技術者試験 の 10問
第3問
ダイバーシティマネジメントの説明はどれか。

応用情報技術者試験 の 10問
第4問
A、B、C、Dを論理変数とするとき、次のカルノー図と等価な論理式はどれか。ここで、・は論理積、+は論理和、XはXの否定を表す。

応用情報技術者試験 の 10問
第5問
OSのプロセス制御におけるプリエンプティブ方式に関する記述のうち、適切なものはどれか。

応用情報技術者試験 の 10問
第6問
CPUスケジューリングにおけるラウンドロビンスケジューリング方式に関する記述のうち、適切なものはどれか。

応用情報技術者試験 の 10問
第7問
分散データベースにおいて図のようなコマンドシーケンスがあった。調停者がシーケンスaで発行したコマンドはどれか。ここで、コマンドシーケンスの記述にUMLのシーケンス図の記法を用いる。

応用情報技術者試験 の 10問
第8問
電子メールに用いられるS/MIMEの機能はどれか。

応用情報技術者試験 の 10問
第9問
パレート図が有効に活用できる事例はどれか。

応用情報技術者試験 の 10問
第10問
インプットコントロールの監査で、エディットバリデーションチェックが正しく機能しているかどうかの検証方法として、適切なものはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る