google+LINEで送る
応用情報技術者試験 の 10問
第1問
通信を要求したPCに対し、ARPの仕組みを利用して実現できる通信可否の判定方法のうち最も適切なものはどれか。

応用情報技術者試験 の 10問
第2問
APT(Advanced Persistent Threats)の説明はどれか。

応用情報技術者試験 の 10問
第3問
CPUにおける投機実行の説明はどれか。

応用情報技術者試験 の 10問
第4問
システムの信頼性向上技術に関する記述のうち、適切なものはどれか。

応用情報技術者試験 の 10問
第5問
次の条件で運転するクライアントサーバシステムにおいて、ネットワークに必要な転送速度は、最低何ビット/秒か。

[条件]
(1)トランザクション1件の平均的な処理は、CPU命令300万ステップとデータ入出力40回で構成され、ネットワークで転送されるデータは送受信それぞれ1,000バイトである。
(2)サーバでのCPU命令1ステップの平均実行時間は300ナノ秒である。
(3)データ入出力は1回平均20ミリ秒で処理されている。
(4)1バイトは8ビットとする。
(5)クライアントにおけるデータの送信開始から受信完了までに許容される時間は2.5秒である。
(6)サーバは1CPU、1コアで構成されている。
(7)待ち時間及び、その他のオーバヘッドは考慮しない。

応用情報技術者試験 の 10問
第6問
関係R(A, B, C, D, E, F)において、関数従属A→B、C→D、C→E、{A、C}→Fが成立するとき、関係Rの候補キーはどれか。

応用情報技術者試験 の 10問
第7問
拡張現実(AR:Augmented Reality)の例として、最も適切なものはどれか。

応用情報技術者試験 の 10問
第8問
JPCERT/CCの説明はどれか。

応用情報技術者試験 の 10問
第9問
IPアドレスが172.16.255.164、サブネットマスクが255.255.255.192であるホストと同じサブネットワークに属するホストのIPアドレスはどれか。

応用情報技術者試験 の 10問
第10問
パイプライン方式のプロセッサにおいて、パイプラインが分岐先の命令を取得するときに起こるハザードはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る