google+LINEで送る
応用情報技術者試験 の 10問
第1問
IT投資効果の評価に用いられる手法のうち、ROIによるものはどれか。

応用情報技術者試験 の 10問
第2問
情報システムの障害対策の一つである縮退運用の説明はどれか。

応用情報技術者試験 の 10問
第3問
SOAの説明はどれか。

応用情報技術者試験 の 10問
第4問
キャパシティプランニングで行うことはどれか。

応用情報技術者試験 の 10問
第5問
パレート図が有効に活用できる事例はどれか。

応用情報技術者試験 の 10問
第6問
外部委託に関するシステム監査において、経営破綻たんなどによってソフトウェア資産のメンテナンスが受けられなくことを防ぐために確認すべき契約事項はどれか。

応用情報技術者試験 の 10問
第7問
システムの信頼性向上技術に関する記述のうち、適切なものはどれか。

応用情報技術者試験 の 10問
第8問
電源の瞬断時に電力を供給したり、停電時にシステムを終了させるのに必要な時間の電力を供給することを目的とした装置はどれか。

応用情報技術者試験 の 10問
第9問
ハッシュ表の理論的な探索時間を示すグラフはどれか。ここで、複数のデータが同じハッシュ値になることはないものとする。

応用情報技術者試験 の 10問
第10問
配列A[1]、A[2]、…、A[n ]でA[1]を根とし、A[i ]の左側の子をA[2i ]、右側の子をA[2i +1]とみなすことによって、2分木を表現する。このとき、配列を先頭から順に調べて行くことは、2分木の探索のどれに当たるか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る