google+LINEで送る
美容師国家試験 の 10問
第1問
感染症に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

【a】麻しんに感染した疑いがある者は、強制的に入院させる。
【b】腸管出血性大腸菌感染症の患者には、就業禁止の措置をとることがある。
【c】日本脳炎は、人から人への感染はない。
【d】後天性免疫不全症候群(エイズ)は、発生動向調査が行われていない。

美容師国家試験 の 10問
第2問
皮膚疾患と関連の深い因子に関する次の組合せのうち、正しいものはどれか。

美容師国家試験 の 10問
第3問
スキャルプトリートメントに関する次の記述のうち、化学的な方法に該当するものはどれか。

美容師国家試験 の 10問
第4問
次の感染症のうち、消化器系感染症に該当するものはどれか。

美容師国家試験 の 10問
第5問
高分子化合物に関する次の組合せのうち、誤っているものはどれか。

美容師国家試験 の 10問
第6問
次の化合物のうち、高分子化合物に該当しないものはどれか。

美容師国家試験 の 10問
第7問
次の臓器のうち、泌尿器でないものはどれか。

美容師国家試験 の 10問
第8問
消毒薬使用液(希釈液)の調製法に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

【a】0.1%逆性石けん水溶液は、10%逆性石けん製剤10mlに水990mlを加える。
【b】5%次亜塩素酸ナトリウム製剤5mlを水495mlで希釈すると、0.05%次亜塩素酸ナトリウム水溶液になる。
【c】0.05%グルコン酸クロルヘキシジン水溶液は、 5%グルコン酸クロルヘキシジン製剤5mlに水995mlを加える。
【d】10%両性界面活性剤製剤1mlを水499mlで希釈すると、0.1%両性界面活性剤水溶液になる。

美容師国家試験 の 10問
第9問
美容所の立入検査に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

【a】立入検査を正当な理由なく拒んだり、妨げたり、忌避したときは、その美容所の閉鎖を命じられることがある。
【b】環境衛生監視員は、必要があれば、開設者の住居にも立入検査をすることができる。
【c】環境衛生監視員は、立入検査を行う場合、その身分を示す証明書を携帯しなければならない。
【d】立入検査を正当な理由なく拒んだり、妨げたり、忌避した者は、美容所の開設者だけでなく、従業員、家族等の区別なく処罰の対象とされる。

美容師国家試験 の 10問
第10問
香粧品に用いられる色材に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る