google+LINEで送る
美容師国家試験 の 10問
第1問
カット技法に関する次の説明に該当する技法はどれか。
「腕の反復運動により、 1回ごとにシザーズを開閉させながら動かして毛髪を削り取るカット技法で、毛髪がテーパーされ、先細りの形になり、毛先に軽さや方向性が生み出されると同時に、毛量の調節が行われる。」

美容師国家試験 の 10問
第2問
頭蓋に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

美容師国家試験 の 10問
第3問
物質と化学結合に関する次の組合せのうち、正しいものはどれか

美容師国家試験 の 10問
第4問
次の筋肉のうち、顔面にあるものはどれか。

美容師国家試験 の 10問
第5問
予防医学に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

美容師国家試験 の 10問
第6問
わが国の出生に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

美容師国家試験 の 10問
第7問
消毒薬使用液(希釈液)の調製法に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

【a】0.1%逆性石けん水溶液は、10%逆性石けん製剤10mlに水990mlを加える。
【b】5%次亜塩素酸ナトリウム製剤5mlを水495mlで希釈すると、0.05%次亜塩素酸ナトリウム水溶液になる。
【c】0.05%グルコン酸クロルヘキシジン水溶液は、 5%グルコン酸クロルヘキシジン製剤5mlに水995mlを加える。
【d】10%両性界面活性剤製剤1mlを水499mlで希釈すると、0.1%両性界面活性剤水溶液になる。

美容師国家試験 の 10問
第8問
皮膚及び皮膚付属器官に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

美容師国家試験 の 10問
第9問
酸化剤と還元剤に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

【a】過酸化水素水は、ヘアブリーチ剤や染毛剤などに酸化剤として用いられる。
【b】チオグリコール酸は、パーマネントウェーブ用剤の第1剤(1液)に配合され、毛髪のケラチンのシスチン結合を還元して切断する。
【c】システインは、パーマネントウェーブ用剤の第2剤(2液)に配合され、毛髪の切断されたシスチン結合を再結合する。
【d】次亜塩素酸ナトリウム水溶液は、還元作用があるので、金属製品や動物性繊維の布地の消毒に適している。

美容師国家試験 の 10問
第10問
感染症と感染源に関する次の組合せのうち、誤っているものはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る