google+LINEで送る
介護支援専門員(ケアマネージャー) の 10
第1問
【生活保護における介護扶助について】居宅介護支援事業所が生活保護受給者に対して居宅介護支援を行う場合には、介護保険法の指定のほかに、生活保護法による指定を受ける必要はない。

介護支援専門員(ケアマネージャー) の 10
第2問
「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律」について次の記述は適切でしょうか?

市町村長は、高齢者の生命又は身体に重大な危険が生じているおそれがあると認めるときは、立ち入り調査を行うために所管の警察署長に対し援助を求めることができる。

介護支援専門員(ケアマネージャー) の 10
第3問
「保険料の徴収猶予」は介護保険法において市町村が条例により規定することとされている

介護支援専門員(ケアマネージャー) の 10
第4問
次の記述は、居宅介護支援事業者の指定取消し又は効力停止の事由として正しい。

省令に定める設備に関する基準を満たさなくなった。

介護支援専門員(ケアマネージャー) の 10
第5問
【介護サービス情報の公表制度について】指定調査機関の調査員は、調査員養成研修の課程を修了し、都道府県知事が作成する調査員名簿に登録される必要がある。

介護支援専門員(ケアマネージャー) の 10
第6問
【感染症について】介護サービス事業者は、利用者がメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)保菌者であることを理由に、サービスの提供を拒否してはいけない。

介護支援専門員(ケアマネージャー) の 10
第7問
指定介護療養型医療施設は、患者の入院に際して、居宅介護支援事業者に対する照会等により、患者の心身の状況、病歴、居宅サービス等の状況の把握に努めなければならない。

介護支援専門員(ケアマネージャー) の 10
第8問
【小規模多機能型居宅介護について】宿泊サービスの利用者がいない場合でも、緊急時に備え宿直や夜勤を行う職員を必ず配置しなければならない。

介護支援専門員(ケアマネージャー) の 10
第9問
次の認知症に関する記述は適切でしょうか?

認知症疾患医療センターは、専ら認知症患者の高度な治療を行うことを目的としている。

介護支援専門員(ケアマネージャー) の 10
第10問
【高齢者を介護する家族の状況について】平成16年国民生活基礎調査によれば、要支援者のいる世帯は、単独世帯が最も多い。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る