google+LINEで送る
社会福祉士 国家試験 の 10門
第1問
次の事例を読んで、J相談員が介入したレベルとして、適切なものを1つ選びなさい。

大学で障害のある学生の修学支援を担当するJ相談員(社会福祉士)は、重度の身体障害のある学生Kさん(18歳、女性)の学内支援を調整している。Kさんから多目的トイレ内に手すりを増設してほしいという希望が出された。そこでJ相談員は、所属する部署の上司と相談し、Kさんが属する学部からの要請を依頼するとともに、関係部署と交渉した。その結果、増設工事についての了承を得ることができた。

社会福祉士 国家試験 の 10門
第2問
「平成23年度国民医療費の概況」(厚生労働省)に基づく次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

社会福祉士 国家試験 の 10門
第3問
消費税に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

社会福祉士 国家試験 の 10門
第4問
チームに関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

社会福祉士 国家試験 の 10門
第5問
児童手当に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

社会福祉士 国家試験 の 10門
第6問
生活保護制度における専門職に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。

社会福祉士 国家試験 の 10門
第7問
最近の雇用・労働の状況に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

社会福祉士 国家試験 の 10門
第8問
医療保険の高額療養費制度に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

社会福祉士 国家試験 の 10門
第9問
ソーシャルワークの援助関係に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

社会福祉士 国家試験 の 10門
第10問
次の事例を読んで、G社会福祉士と民生委員が行った活動が果たした機能として、最も適切なものを1つ選びなさい。

地域包括支援センターのG社会福祉士は、「足腰が弱ってきて買い物にも行きづらいけれど、他人に助けてもらうのは気が進まない」とサービス利用を拒否する一人暮らしのHさん(83歳)に対して、何度も訪問し、Hさんのことを心配しているという姿勢を示し続けた。その結果、Hさんは要介護認定を受け、訪問介護サービスの利用に至った。この体験から地域の民生委員と協力して、地域にはHさんのような人がまだいるのではないかと調べた。その過程で、似たような思いからサービスを利用していない人がたくさんいることが分かった。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る