google+LINEで送る
社会福祉士 国家試験 の 10門
第1問
家族と世帯に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

社会福祉士 国家試験 の 10門
第2問
ストレスとストレス対処法(コーピング)に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

社会福祉士 国家試験 の 10門
第3問
相談援助における心理社会的アプローチに関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

社会福祉士 国家試験 の 10門
第4問
福祉施設・職員の行為に関する次の記述のうち、その適否を考えるに当たり、憲法13条の人格権やプライバシー権が直接の根拠となるものとして、最も適切なものを1つ選びなさい。

社会福祉士 国家試験 の 10門
第5問
パーソナリティに関する次の記述のうち、特性論の説明として、最も適切なものを1つ選びなさい。

社会福祉士 国家試験 の 10門
第6問
措置制度などに関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

社会福祉士 国家試験 の 10門
第7問
相談援助における自己決定にかかわる支援について次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

社会福祉士 国家試験 の 10門
第8問
片麻痺がある人への介護の視点から見た浴室の環境整備に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。

社会福祉士 国家試験 の 10門
第9問
社会福祉法人の会計や財務諸表に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

社会福祉士 国家試験 の 10門
第10問
次の事例を読んで、J相談員が介入したレベルとして、適切なものを1つ選びなさい。

大学で障害のある学生の修学支援を担当するJ相談員(社会福祉士)は、重度の身体障害のある学生Kさん(18歳、女性)の学内支援を調整している。Kさんから多目的トイレ内に手すりを増設してほしいという希望が出された。そこでJ相談員は、所属する部署の上司と相談し、Kさんが属する学部からの要請を依頼するとともに、関係部署と交渉した。その結果、増設工事についての了承を得ることができた。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る