google+LINEで送る
社会福祉士 国家試験 の 10門
第1問
次の事例を読んで、D医療ソーシャルワーカーのEさんへの対応として、適切なものを選びなさい。

Eさん(78歳、女性)は、訪問診療と介護サービスを受けながら一人暮らしをしてきた。数日前の検査で胃がんが見つかり、医師からは可能な治療法に関する詳細な説明を受けたあとで、現状での有益な治療法として手術が勧められた。Eさんは「医師の説明は理解できたが、手術や入院にかかる費用が心配なので、訪問診療は続けるが手術はしない。また、胃がんが見つかったことは隣県に住む一人息子のFには伝えないでほしい」とD医療ソーシャルワーカーに訴えてきた。

社会福祉士 国家試験 の 10門
第2問
要介護認定に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

社会福祉士 国家試験 の 10門
第3問
介護保険から給付されるサービスに関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

社会福祉士 国家試験 の 10門
第4問
保健師・助産師・看護師などに関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

社会福祉士 国家試験 の 10門
第5問
次の事例を読んで、スーパーバイザーが対処するに当たって、優先すべき機能として、より適切なものを選びなさい。

Mさんは、難病の症状悪化のため入院中である。早期の退院を望んでいるが、主治医は入院治療を継続する予定だという。担当のAソーシャルワーカー(社会福祉士)は、家に残してきた幼い子どもが心配でたまらないというMさんの気持ちに共感し、自宅療養の可能性を探ることを院内カンファレンスで提案した。ところが、医療スタッフと激しく対立したままカンファレンスは終わり、Aソーシャルワーカーはオフィスに戻ってきて医療スタッフを感情的に批判している。また、スーパーバイザーの元には、Mさんの主治医からAソーシャルワーカーに対するクレームが寄せられた。

社会福祉士 国家試験 の 10門
第6問
自助グループに関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

社会福祉士 国家試験 の 10門
第7問
社会保障制度に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
(注)1「ILO第102号条約」とは、国際労働機関(ILO)「社会保障の最低基準に関する条約(第102号)」のことである。2「難民条約」とは、国際連合「難民の地位に関する条約」のことである。3「特別児童扶養手当法」とは、「特別児童扶養手当等の支給に関する法律」のことである。

社会福祉士 国家試験 の 10門
第8問
次の事例を読んで、Gさんの入院に対する対応として、適切なものを1つ選びなさい。

Gさん(28歳)は精神障害があり家族はいない。過去に放火をしたため「医療観察法」による通院処遇を3年間受けて、2年前に裁判所から処遇終了の決定を受けている。現在は地域活動支援センターを利用している。最近、Gさんの状態が悪化したため、通院している精神科病院で精神保健指定医の診察を受けたところ、「自傷他害のおそれはないが入院が必要」と診断された。Gさんは入院に同意できる状態ではないが、後見人は入院に同意している。
(注)1「医療観察法」とは、「心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者の医療及び観察等に関する法律」のことである。2「精神保健福祉法」とは、「精神保健及び精神障害者福祉に関する法律」のことである。

社会福祉士 国家試験 の 10門
第9問
受益と負担に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。

社会福祉士 国家試験 の 10門
第10問
福祉サービスの評価に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る