google+LINEで送る
社会福祉士 国家試験 の 10門
第1問
次の事例を読んで、地域包括支援センターのJ社会福祉士の対応に関する次の記述のうち、適切なものを選びなさい。

一人暮らしのKさん(75歳、女性)は、最近、自宅にこもりがちの様子である。心配した民生委員とKさんの顔見知りである隣人が、地域包括支援センターに相談してきた。J社会福祉士がその二人とともに訪問すると、室内には空になった弁当などはあるものの、食事を作っている様子はなかった。受診やサービス利用を勧めてみたが、Kさんは、「一人で大丈夫だからサービスは必要ない」と言った。

社会福祉士 国家試験 の 10門
第2問
ソーシャルキャピタル(社会関係資本)の説明として、最も適切なものを1つ選びなさい。

社会福祉士 国家試験 の 10門
第3問
「平成23年度国民医療費の概況」(厚生労働省)に基づく次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

社会福祉士 国家試験 の 10門
第4問
日本における相互扶助に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

社会福祉士 国家試験 の 10門
第5問
社会的リスクに関する次の記述のうち、「ベヴァリッジ報告」で想定されていなかったものを1つ選びなさい。

社会福祉士 国家試験 の 10門
第6問
福祉サービスの苦情対応、事故対応及び事故防止に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

社会福祉士 国家試験 の 10門
第7問
人権に関する国際的な条約などについての次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

社会福祉士 国家試験 の 10門
第8問
福祉事務所に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

社会福祉士 国家試験 の 10門
第9問
次の事例を読んで、Cさんに支給される老齢基礎年金額として、正しいものを1つ選びなさい。

昨年3月に65歳になったCさん(独身)は、翌4月から老齢基礎年金の支給を受けている。Cさんの国民年金の被保険者期間は40年間で、そのうち34年間は、保険料納付済期間であり、残りの6年間は、生活保護法による生活扶助を受け、保険料の全額について、法定免除されていた。ただし、本年度の満額の老齢基礎年金額は、772、800円であり、年金額の計算で端数が生じたときは、50円未満は切り捨て、50円以上は100円に切り上げる。また、Cさんが、免除を受けていた期間は2008年度以前であり、免除期間についての国庫負担割合は3分の1として評価、計算する。なお、免除された保険料の追納はしていない。

社会福祉士 国家試験 の 10門
第10問
介護保険制度における介護認定審査会に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る