google+LINEで送る
公認会計士試験問題『財務会計論』 の 5問
第1問
関連当事者の開示に関する次の記述は、現在の日本(2013年)における会計基準の下で適切でしょうか?

関連当事者との取引で無償のものは重要性がないため、開示対象とする必要はない。

公認会計士試験問題『財務会計論』 の 5問
第2問
「棚卸資産の評価に関する会計基準」に関する次の記述は正しいでしょうか?

製造業における原材料の評価にあたっては、完成後の製品売価に基づく正味売却価額よりも再調達原価の方が把握しやすいため、原則として再調達原価を用いる。

公認会計士試験問題『財務会計論』 の 5問
第3問
資産の測定に関する次の記述は正しいでしょうか?

「棚卸資産の評価に関する会計基準」によれば、正味売却価額とは、売価(購買市場と売却市場とが区別される場合における売却市場の時価)から見積追加製造原価および見積販売直接経費を控除したものをいう。再調達原価とは、購買市場と売却市場とが区別される場合における購買市場の時価であって、実際の購入時の取扱いとは異なり、購入に付随する費用を加算することは実務上煩瑣となることから求められていない。

公認会計士試験問題『財務会計論』 の 5問
第4問
「ストック・オプション等に関する会計基準」に関する次の記述は正しいでしょうか?

ストック・オプション取引は、付与したストック・オプションとこれに応じて提供されたサービスとが対価関係にあることが前提であり、企業が経済的合理性に基づいて取引を行っていれば、当該ストック・オプションとサービスは契約成立時点において等価で交換されていると考えられる。なお、取得するものが従業員等から提供される追加的なサービスである場合には、社内的に相当程度の信頼性をもってその価値を測定することができるから、付与されるストック・オプションの測定はその価値をもって行うこととなる。

公認会計士試験問題『財務会計論』 の 5問
第5問
セグメント情報の開示に関する次の記述は正しいでしょうか?

企業の本社または特定の部門のように、企業を構成する一部であっても、収益を稼得していない、または付随的な収益を稼得するに過ぎない構成単位は、事業セグメントまたは事業セグメントの一部とならない。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る