google+LINEで送る
公認会計士試験問題『財務会計論』 の 5問
第1問
有形固定資産に関する次の記述は正しいでしょうか?

建設仮勘定は、いまだ営業活動には投入されていない製作途上の有形固定資産であるため、減価償却は必要とされない。

公認会計士試験問題『財務会計論』 の 5問
第2問
収益・費用の認識に関する次の記述は正しいでしょうか?

有形固定資産の使用期間中に実施する環境修復や修繕についても、収益との対応を図るために当期の負担に属する金額を計上することを目的として、資産除去債務と同一の会計処理が行われる。

公認会計士試験問題『財務会計論』 の 5問
第3問
「棚卸資産の評価に関する会計基準」に関する次の記述は正しいでしょうか?

製造業における原材料の評価にあたっては、完成後の製品売価に基づく正味売却価額よりも再調達原価の方が把握しやすいため、原則として再調達原価を用いる。

公認会計士試験問題『財務会計論』 の 5問
第4問
連結財務諸表の作成に関する次の記述は、現在の日本(2013年)における会計基準の下で適切でしょうか?

減損損失が、連結子会社に発生した場合は、原則として「特別損失」に計上し、持分法適用会社に発生した場合は、「営業外収益または営業外費用」に計上する。

公認会計士試験問題『財務会計論』 の 5問
第5問
日本の討議資料『財務会計の概念フレームワーク』に関連する次の記述は正しいでしょうか?

経営者は、公的な規制がなくても、投資家に必要な企業情報をある程度まで自発的に開示する誘因を有しているが、虚偽情報の排除と情報の等質性を確保する最小限のルールを設定することで、当事者間の交渉に委ねた場合のコストを削減することに会計基準の社会的意義がある。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る