google+LINEで送る
公認会計士試験問題『財務会計論』 の 5問
第1問
ストック・オプションの会計処理に関する次の記述は正しいでしょうか?

親会社が子会社の従業員等に親会社株式を原資産とした株式オプションを付与する場合に、親会社において費用の計上が行われるのは、親会社からみた対価性はないが、親会社と実質的に一体である子会社がサービスの提供を受けるためである。

公認会計士試験問題『財務会計論』 の 5問
第2問
関連当事者の開示に関する次の記述は、現在の日本(2013年)における会計基準の下で適切でしょうか?

関連当事者との取引で無償のものは重要性がないため、開示対象とする必要はない。

公認会計士試験問題『財務会計論』 の 5問
第3問
流動資産に関する次の記述は正しいでしょうか?

売掛金とは得意先との間の通常の取引に基づいて発生した営業上の未収入金をいい、役務の提供による営業収益で未収のものを含む。

公認会計士試験問題『財務会計論』 の 5問
第4問
財務諸表に関する次の記述は正しいでしょうか?

キャッシュ・フロー計算書における利息の表示区分については、毎期継続して適用することを条件に次の選択適用が認められている。その一つは、受取利息および支払利息は「営業活動によるキャッシュ・フロー」の区分に記載する方法であり、もう一つは、受取利息は「投資活動によるキャッシュ・フロー」の区分に記載し、支払利息は「財務活動によるキャッシュ・フロー」の区分に記載する方法である。

公認会計士試験問題『財務会計論』 の 5問
第5問
日本の討議資料『財務会計の概念フレームワーク』に関連する次の記述は正しいでしょうか?

会計情報の質的特性は、意思決定有用性を支える情報の属性を記述したもので、意思決定との関連性と信頼性がその基本属性となっている。それらの質的特性は、情報の作成段階における情報選択の判断規準として用いられるので、それらの質的特性を用いて会計処理を行うことが求められている。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る