google+LINEで送る
公認会計士試験問題『財務会計論』 の 5問
第1問
固定資産に関する次の記述は正しいでしょうか?

企業が有形固定資産の取得の対価として自社の株式を用いる場合、取得した有形固定資産の取得原価は、対価として用いた自社の株式の契約日における公正な評価額もしくは当該有形固定資産の公正な評価額のうち、いずれかより高い信頼性をもって測定できる評価額で算定される。

公認会計士試験問題『財務会計論』 の 5問
第2問
リース会計に関する次の記述は正しいでしょうか?

土地について所有権移転外ファイナンス・リース取引の存在が想定されていないのは、土地を対象とするリース取引は、通常、フルペイアウトの条件を満たすことがないと考えられているためである。

公認会計士試験問題『財務会計論』 の 5問
第3問
資産の測定に関する次の記述は正しいでしょうか?

「棚卸資産の評価に関する会計基準」によれば、正味売却価額とは、売価(購買市場と売却市場とが区別される場合における売却市場の時価)から見積追加製造原価および見積販売直接経費を控除したものをいう。再調達原価とは、購買市場と売却市場とが区別される場合における購買市場の時価であって、実際の購入時の取扱いとは異なり、購入に付随する費用を加算することは実務上煩瑣となることから求められていない。

公認会計士試験問題『財務会計論』 の 5問
第4問
研究開発費の会計処理に関する次の記述は、現在の日本(2013年)における会計基準の下で適切でしょうか?

分離して譲渡可能な研究開発の途中段階の成果を単独で取得した場合、その支出額に基づいて資産として計上し、合理的な方法により償却する。

公認会計士試験問題『財務会計論』 の 5問
第5問
収益・費用の認識に関する次の記述は正しいでしょうか?

有形固定資産の使用期間中に実施する環境修復や修繕についても、収益との対応を図るために当期の負担に属する金額を計上することを目的として、資産除去債務と同一の会計処理が行われる。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る