google+LINEで送る
公認会計士試験問題『財務会計論』 の 5問
第1問
セグメント情報の開示に関する次の記述は正しいでしょうか?

事業セグメントの量的な重要性が変化した結果、報告セグメントとして開示する事業セグメントの範囲を変更する場合には、前年度のセグメント情報との比較可能性を確保するため、その旨および当年度のセグメント情報を前年度の区分方法により作成した情報を開示することになる。

公認会計士試験問題『財務会計論』 の 5問
第2問
「ストック・オプション等に関する会計基準」に関する次の記述は正しいでしょうか?

親会社が子会社の従業員に親会社株式を原資産とした株式オプションを直接付与している場合、当該株式オプションに係る株式報酬費用を親会社の個別財務諸表に計上する。

公認会計士試験問題『財務会計論』 の 5問
第3問
有形固定資産に関する次の記述は正しいでしょうか?

建設仮勘定は、いまだ営業活動には投入されていない製作途上の有形固定資産であるため、減価償却は必要とされない。

公認会計士試験問題『財務会計論』 の 5問
第4問
資産に関する次の記述は正しいでしょうか?

為替レートが日々大きく変動するA国通貨建の預金がある。決算日当日の為替レートは、始値と終値で 30 %も変動した。このとき、貸借対照表上の現金預金の金額として、この外貨預金の期末換算額と、日本の銀行に保有する当座預金の金額とを合算したものを用いてはいけない。

公認会計士試験問題『財務会計論』 の 5問
第5問
リース会計に関する次の記述は正しいでしょうか?

ファイナンス・リース取引の判定基準としては現在価値基準が原則的な基準であると位置づけられている。したがって、経済的耐用年数基準が満たされていても現在価値基準が満たされない場合には、ファイナンス・リース取引とは判別されない場合がある。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る