google+LINEで送る
公認会計士試験問題『財務会計論』 の 5問
第1問
財務諸表の表示に関する次の記述は正しいでしょうか?

当事業年度末における貸倒引当金のうち直接償却により債権額と相殺した後の不要となった残額がある場合には、これを取り崩さなければならない。ただし、当該取崩額を当期繰入額と相殺し、繰入額よりも取崩額の方が大きい場合は、原則として、営業費用または営業外費用から控除するか、営業外収益として当該期間に認識する。

公認会計士試験問題『財務会計論』 の 5問
第2問
「棚卸資産の評価に関する会計基準」に関する次の記述は正しいでしょうか?

正味売却価額とは、売却市場における時価(売価)から見積追加製造原価を控除したものを意味し、当該棚卸資産の販売に係る直接経費は「売上原価」ではなく「販売費及び一般管理費」に計上されるものであるため、その見積額は売価から控除しない。

公認会計士試験問題『財務会計論』 の 5問
第3問
「ストック・オプション等に関する会計基準」に関する次の記述は正しいでしょうか?

企業の意図による権利確定条件変更の結果、ストック・オプション数に変動が生じた場合、変動後のストック・オプション数に基づくストック・オプションの公正な評価額に基づき、その期までに費用として計上すべき額と、これまでに計上した額との差額を条件変更した期の損益として計上する。

公認会計士試験問題『財務会計論』 の 5問
第4問
四半期財務諸表(四半期連結財務諸表および四半期個別財務諸表)の作成に関する次の記述は正しいでしょうか?

四半期会計期間末における一般債権の貸倒見積高は、開示の迅速性の観点から、前年度において算定した貸倒実績率を必ず使用する。

公認会計士試験問題『財務会計論』 の 5問
第5問
収益・費用の会計処理に関する次の記述は正しいでしょうか?

A社は、有価証券の売買を主たる事業とはしていないが、X社株式を売買目的で保有している。当期に、X社から、その他資本剰余金を原資とする配当金を受領したので、期末に生じた時価評価益とともに、損益計算書の「営業外収益」に計上した。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る