google+LINEで送る
公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第1問
リスク評価手続に関する次の記述は正しいでしょうか?

監査人は、経営者に対して質問を実施するだけではなく、不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別するために有用な情報を持っていると判断した従業員に対しても質問を実施しなければならない。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第2問
リスク評価手続に関する次の記述は正しいでしょうか?

監査人は、監査チームの全メンバーが虚偽表示に係る知識と洞察力を共有することを目的として、複数の事業所を複数の監査チームで監査する場合においても、全メンバーによる討議を実施しなければならない。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第3問
「監査における不正リスク対応基準」に関する次の記述は正しいでしょうか?

監査人は、経営環境の変化がないにもかかわらず、経営者が意図的に引当金を過小に見積もって計上していることを発見した場合には、監査役等に報告し、協議の上、経営者に問題点の是正等適切な措置を求めるとともに、当該事象が財務諸表に与える影響を評価しなければならない。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第4問
監査事務所における品質管理のシステムの監視に関する次の記述は正しいでしょうか?

監査事務所は、品質管理のシステムの監視として、日常的な監視だけではなく、監査責任者毎に一定の期間を設けて一つの完了した監査業務の定期的な検証も実施するが、当該定期的な検証を担当する者として、当該監査業務を客観的に審査してきた審査担当者に実施させることが、監視活動の実効性を高める観点から推奨されている。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第5問
監査報告に関する次の記述は正しいでしょうか?

監査人は、除外事項付意見を表明することが見込まれる場合には原因となる状況と文言の草案を、また強調事項区分を設けることが見込まれる場合にはその旨と文言の草案を、監査役若しくは監査役会又は監査委員会に報告しなければならない。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る