google+LINEで送る
公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第1問
リスク評価手続に関する次の記述は正しいでしょうか?

監査人は、経営者に対して質問を実施するだけではなく、不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別するために有用な情報を持っていると判断した従業員に対しても質問を実施しなければならない。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第2問
監査人による専門家の業務の利用に関する次の記述は正しいでしょうか?

監査人は監査意見に単独で責任を負うが、除外事項付意見の理由を説明するために、専門家の同意を得て、専門家の業務を利用した事実等、専門家について監査報告書において言及することが適切な場合がある。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第3問
財務諸表監査におけるリスクの評価とリスクへの対応に関する次の記述は正しいでしょうか?

監査人は、リスク評価手続においては、質問及び分析的手続を必ず実施しなければならないが、重要な虚偽表示リスクが高いと認められる場合には、追加的に記録や文書の閲覧も実施する必要がある。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第4問
リスク評価手続に関する次の記述は正しいでしょうか?

監査人は、監査に関連する内部統制を理解する際に、内部統制のデザインを評価し、これらが業務に適用されているかどうかを確かめるため、運用評価手続を実施しなければならない。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第5問
監査証拠に関する次の記述は正しいでしょうか?

期末日の売掛金残高の実在性を確かめるため、実在性に関するリスクが特に高いと評価した相手先に対する残高を抽出して検証した結果、実在性に関して重要な虚偽の表示の存在を示唆する監査証拠が得られなかったとしても、そのことをもって期末日の売掛金残高の実在性に関する結論を導き出すことはできない。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る