google+LINEで送る
公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第1問
金融商品取引法に基づく監査報告に関する次の記述は正しいでしょうか?

監査人は、正当な理由によらない会計方針の変更に重要性がある場合、利用者の注意を喚起する必要があるため、「強調事項」の区分を設けて、当該変更が行われた旨を記載しなければならない。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第2問
四半期レビューに関する次の記述は正しいでしょうか?

監査人は、四半期レビューにおいて、年度の財務諸表監査において監査人が備えるべき要件及び監査に対する姿勢について定めている「監査基準」の一般基準、「監査における不正リスク対応基準」、及び「監査に関する品質管理基準」を適用しなければならない。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第3問
監査人による専門家の業務の利用に関する次の記述は正しいでしょうか?

専門家の業務を利用する監査人は、その専門分野において当該専門家が採用する方法、仮定、さらにはモデルの適用の適切性と合理性を事前に評価しておかなければならない。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第4問
会社法監査制度に関する次の記述は正しいでしょうか?

会社法上の大会社である監査役会設置会社において、会計監査人は、会計監査報告の内容を会計監査報告の通知を受ける者として定められた監査役及び取締役に通知しなければならないが、通知を受ける監査役及び取締役が定められていない場合、会計監査人は、監査役及び取締役の全員にこの通知を行う必要がある。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第5問
「監査における不正リスク対応基準」に関する次の記述は正しいでしょうか?

監査人は、監査チームのすべての構成員との間で、経営者等は誠実であるという考えを持たずに、不正による重要な虚偽の表示が財務諸表のどこにどのように行われる可能性があるのかについて討議を行い、監査チームのすべての構成員がすべての情報を共有できるようにしなければならない。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る