google+LINEで送る
公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第1問
リスク・アプローチに関する次の記述は正しいでしょうか?

監査リスクとは、監査人が財務諸表の重要な虚偽の表示を看過して誤った意見を形成する可能性であるが、広義には、財務諸表監査に関連して発生するおそれのある監査人自身のビジネス・リスクも含まれる。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第2問
会計上の見積りの監査に関する次の記述は正しいでしょうか?

監査人は、会計上の見積りにより特別な検討を必要とするリスクが生じていると判断した場合には、経営者が使用した仮定の合理性や代替的な仮定を検討した方法等を評価しなければならないだけでなく、会計上の見積りに関する内部統制を理解しなければならない。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第3問
一般に公正妥当と認められる監査の基準に関する次の記述は正しいでしょうか?

企業会計審議会が公表する「監査基準」は、公認会計士が財務諸表の監査を行うに当たって、法令によって強制されなくとも、常にこれを遵守しなければならないものである。すなわち、「監査基準」は、財務諸表の種類や意見として表明すべき事項を異にする監査を含め、公認会計士による財務諸表の監査に共通して適用される。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第4問
監査証拠に関する次の記述は正しいでしょうか?

監査人は、監査証拠として利用する情報が経営者の利用する専門家の業務により作成されている場合には、当該情報の信頼性を考慮する必要があるが、この信頼性は当該専門家の適性によっても影響を受ける。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第5問
監査基準の一般基準に関する次の記述は正しいでしょうか?

一般基準の 1 は、監査人に対して、職業的専門家としての専門能力の向上と実務経験等から得られる知識の蓄積に常に努めなければならないことを求めているが、その具体的手段を定めた法令はなく、公認会計士個人または監査法人の裁量に委ねられている。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る