google+LINEで送る
公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第1問
グループ監査に関する次の記述は正しいでしょうか?

構成単位の財務情報の監査を実施している構成単位の監査人は、グループ財務諸表上で修正又は開示することが要求される可能性のある当該構成単位の後発事象を識別するための手続の実施を、グループ監査チームから求められることはない。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第2問
内部統制監査に関する次の記述は正しいでしょうか?

経営者の作成した内部統制報告書において、財務報告に係る内部統制に存在する開示すべき重要な不備の内容及び是正されない理由が記載されている場合、監査人は、内部統制監査報告書に、当該開示すべき重要な不備の内容及び是正されない理由を追記しなければならない。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第3問
内部統制監査に関する次の記述は正しいでしょうか?

監査人は、内部統制監査にあたり、内部監査人の業務を利用する場合には、内部監査人の専門的能力だけではなく、評価対象とした業務からの独立性についても検討する必要がある。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第4問
内部統制監査に関する次の記述は正しいでしょうか?

監査人は、内部統制に開示すべき重要な不備を発見した場合、期末日後、監査報告書の提出日までに、経営者が当該不備に対する是正措置を講じ、有効な内部統制を整備し、その運用の有効性を確認していれば、内部統制監査報告書に当該不備や是正措置に関して記載する必要はない。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第5問
監査証拠に関する次の記述は正しいでしょうか?

被監査会社から独立した情報源から入手した監査証拠は、一般的には被監査会社内部から入手した監査証拠より強い証明力を有するが、独立した情報源から入手した監査証拠であっても十分な証明力を有していないと判断される場合がある。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る