google+LINEで送る
公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第1問
専門家の業務の利用に関する次の記述は正しいでしょうか?

監査人は、経営者の利用する専門家が作成した情報を監査証拠として利用する場合、当該専門家に対して、その能力と適性を評価するのみならず、その専門家の客観性についても評価しなければならない。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第2問
四半期レビューに関する次の記述は正しいでしょうか?

年度の財務諸表監査において監査人が備えるべき要件及び監査に対する姿勢について定めている監査基準の一般基準、及び監査に関する品質管理基準は、四半期レビューにも適用される。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第3問
金融商品取引法に基づく監査制度に関する次の記述は正しいでしょうか?

監査証明に従事する公認会計士又は監査法人は、年度監査の場合は財務局長等宛てに当該監査証明業務の概要を示した監査概要書を提出する必要があるが、四半期レビューについては四半期レビュー概要書を提出する必要はない。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第4問
監査報告に関する次の記述は正しいでしょうか?

被監査会社が新しく導入した売掛金システムの不備を原因とする多数の誤謬が発見され、監査報告書日時点においてもシステムの不具合を是正し当該誤謬を修正している過程にあり、売掛金残高を他の方法によって検証できなかった場合で、その影響が重要かつ広範であると判断される場合には、監査人は不適正意見を表明しなければならない。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第5問
確認に関する次の記述は正しいでしょうか?

監査人は、アサーション・レベルで評価した重要な虚偽表示リスクに対応するための単独の実証手続として消極的確認を実施してはならない。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る