google+LINEで送る
公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第1問
継続企業の前提に関する次の記述は正しいでしょうか?

継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況があるにもかかわらず、経営者が当該事象又は状況について注記していなかった場合、監査人は限定付適正意見又は不適正意見を表明しなければならない。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第2問
監査要点に対し適合性の高い監査証拠を入手するための監査手続に関する次の記述は正しいでしょうか?

【監査要点】買掛金の網羅性
【監査手続】総勘定元帳から抽出した項目について、帳簿記録及び裏付けとなる証憑書類と突き合せる

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第3問
公認会計士の守秘義務に関する次の記述は正しいでしょうか?

監査人の交代に際して、前任監査人が識別した監査上の重要な事項に関連する監査調書及び期首残高に関連する監査調書を、監査人予定者及び監査人に対して閲覧させることは前任監査人の守秘義務違反とはならない。ただし、この場合、前任監査人と監査人予定者及び監査人は、監査調書の閲覧の前に「監査調書の閲覧に伴う守秘義務に関する承諾書」を取り交わさなければならない。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第4問
二重責任の原則に関する次の記述は正しいでしょうか?

監査人は、監査報告書において、財務諸表の適正表示に関する意見を表明することに加え、係争中の重要な訴訟が存在し、当該訴訟の最終結果は不確実である旨の強調事項を記載した場合であっても、二重責任の原則には抵触しない。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第5問
確認に関する次の記述は正しいでしょうか?

確認依頼に対する回答の信頼性には、紙媒体か電子媒体にかかわらず改ざん又は不正に係るリスクが存在し、監査人はこのリスクを軽減することはできない。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る