google+LINEで送る
公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第1問
四半期レビューに関する次の記述は正しいでしょうか?

監査人は、四半期レビュー報告書において、四半期レビューの対象、経営者の責任、監査人の責任、監査人の結論を明瞭かつ簡潔に区分した上で、それぞれ見出しを付して記載しなければならない。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第2問
「監査における不正リスク対応基準」に関する次の記述は正しいでしょうか?

監査人は、監査計画の策定に当たり、職業的懐疑心を発揮して、不正を実行する動機やプレッシャーが存在するかどうか、不正を実行する機会が存在するかどうか、不正を実行する際にそれを正当化する事象や状況が存在するかどうかを検討し、不正リスクの識別及び評価においてこれらの事項を考慮しなければならない。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第3問
リスク・アプローチに関する次の記述は正しいでしょうか?

統制リスクは、被監査会社の内部統制が重要な虚偽の表示を防止又は適時に発見・是正することに対してどのように整備されているか、またどの程度有効に運用されているかについて監査人が評価する被監査会社側のリスクであり、財務諸表監査とは独立して存在している。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第4問
公認会計士法に関する次の記述は正しいでしょうか?

公認会計士法は、公認会計士又は監査法人が行う、金融商品取引法や会社法等に基づく法定監査の監査証明業務に適用されるが、法定監査以外の任意監査、あるいは、公認会計士の名称を使って他者の依頼に応じて報酬を得て行う会計や財務に係るコンサルティング業務においても、非適用とならない。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第5問
監査の品質管理に関する次の記述は正しいでしょうか?

監査の品質管理への取り組みの一環として被監査会社との癒着を防ぐために、大規模監査法人の筆頭業務執行社員等に該当する審査担当者が当該被監査会社の審査業務に関与することができるのは、 7 会計期間までである。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る