google+LINEで送る
公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第1問
会社法監査制度に関する次の記述は正しいでしょうか?

事業年度の末日において会社法上の大会社であり、かつ有価証券報告書提出義務のある会社は、連結子会社がある場合、連結計算書類を作成し、監査役会又は監査委員会の監査及び会計監査人の監査を受け、株主総会において報告しなければならない。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第2問
リスク評価手続に関する次の記述は正しいでしょうか?

監査人は、監査チームの全メンバーが虚偽表示に係る知識と洞察力を共有することを目的として、複数の事業所を複数の監査チームで監査する場合においても、全メンバーによる討議を実施しなければならない。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第3問
「監査における不正リスク対応基準」に関する次の記述は正しいでしょうか?

監査人は、監査計画の策定に当たり、職業的懐疑心を発揮して、不正を実行する動機やプレッシャーが存在するかどうか、不正を実行する機会が存在するかどうか、不正を実行する際にそれを正当化する事象や状況が存在するかどうかを検討し、不正リスクの識別及び評価においてこれらの事項を考慮しなければならない。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第4問
公認会計士監査に関する次の記述は正しいでしょうか?

監査法人の専門職員である公認会計士は、業務上取り扱ったことについて知り得た秘密に関して守秘義務を負うが、監査法人を退職して公認会計士業務を廃止しない限り守秘義務は解除されない。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第5問
金融商品取引法に基づく監査制度に関する次の記述は正しいでしょうか?

財務諸表に対する独立監査人の監査報告書は、有価証券報告書に含めて提出され、内部統制監査報告書は、内部統制報告書に添付して提出されなければならない。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る