google+LINEで送る
公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第1問
監査の基準に関する次の記述は正しいでしょうか?

一般に公正妥当と認められる監査の基準は、監査人に対して、全体としての財務諸表に重要な虚偽表示がないことについて合理的な保証を得る責任を課しているが、重要な虚偽表示が事後的に発見されたとしても、そのこと自体が、一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を実施しなかったことを示すものではない。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第2問
監査事務所における品質管理のシステムの監視に関する次の記述は正しいでしょうか?

監査事務所は、監査業務の定期的な検証の範囲の決定に際し、日本公認会計士協会が実施した品質管理レビューの結論を考慮することに差し支えはないが、品質管理レビューの結論を監査事務所が実施すべき品質管理のシステムの監視の結論として用いることはできない。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第3問
監査手続に関する次の記述は正しいでしょうか?

監査の最終段階で実施される分析的手続の目的は、財務諸表の個別の構成単位又は構成要素についての重要な虚偽の表示がないかどうかに関する結論を形成すること、及び意見表明の基礎となる結論を導くことである。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第4問
リスク・アプローチに関する次の記述は正しいでしょうか?

統制リスクは、被監査会社の内部統制が重要な虚偽の表示を防止又は適時に発見・是正することに対してどのように整備されているか、またどの程度有効に運用されているかについて監査人が評価する被監査会社側のリスクであり、財務諸表監査とは独立して存在している。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第5問
金融商品取引法に基づく監査報告に関する次の記述は正しいでしょうか?

監査人は、意見表明に関する審査を意見表明前に完了することが原則であるが、無限定適正意見を表明する場合には指摘すべき除外事項がないため、必ずしも意見表明前に審査を完了する必要はない。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る