google+LINEで送る
公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第1問
監査の基準に関する次の記述は正しいでしょうか?

監査報告書で言及されている「我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準」という文言は、企業会計審議会が公表している監査基準をいう。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第2問
「監査における不正リスク対応基準」に関する次の記述は正しいでしょうか?

監査人は、監査計画の策定に当たり、職業的懐疑心を発揮して、不正を実行する動機やプレッシャーが存在するかどうか、不正を実行する機会が存在するかどうか、不正を実行する際にそれを正当化する事象や状況が存在するかどうかを検討し、不正リスクの識別及び評価においてこれらの事項を考慮しなければならない。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第3問
専門家の業務の利用に関する次の記述は正しいでしょうか?

専門家の業務を利用した監査人が、当該専門家の業務を十分に適切なものとして評価したうえで適切な監査証拠として受け入れた場合には、その範囲において監査意見に対する監査人の責任は軽減される。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第4問
二重責任の原則に関する次の記述は正しいでしょうか?

無限定適正意見を表明する監査報告書には、財務諸表の作成に対する経営者の責任と当該財務諸表に対する意見を表明する監査人の責任は明瞭に記載されるが、二重責任という言葉は明示されない。

公認会計士試験問題『監査論』 の 5問
第5問
専門家の業務の利用に関する次の記述は正しいでしょうか?

監査人は、経営者の利用する専門家が作成した情報を監査証拠として利用する場合、当該専門家に対して、その能力と適性を評価するのみならず、その専門家の客観性についても評価しなければならない。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る