google+LINEで送る
公認会計士試験問題『企業法』 の 5問
第1問
商法上の問屋に関する次の記述は正しいでしょうか?なお、別段の合意及び慣習はないものとする。

問屋が委託者のために行った販売又は買入について、相手方がその債務を履行しない場合には、当該問屋は自ら当該債務を履行する責任を負う。

公認会計士試験問題『企業法』 の 5問
第2問
株主名簿に関する次の記述は正しいでしょうか?

株券発行会社の株主は、当該株券発行会社に対し、当該株主についての株主名簿記載事項を記載した書面の交付を請求することができない。

公認会計士試験問題『企業法』 の 5問
第3問
『吸収合併がその効力を生ずる日』は、吸収合併存続会社が株式会社である場合に、吸収合併契約において定めなければならない。

公認会計士試験問題『企業法』 の 5問
第4問
新株予約権に関する次の記述は正しいでしょうか?なお、定款に別段の定めはないものとする。

証券発行新株予約権の新株予約権者は、当該証券発行新株予約権を行使しようとする場合には、新株予約権証券が発行されていないときを除き、当該証券発行新株予約権に係る新株予約権証券を株式会社に提出しなければならない。

公認会計士試験問題『企業法』 の 5問
第5問
組織再編に関する次の記述は正しいでしょうか?なお、定款に別段の定めはないものとする。

合同会社がその事業に関して有する権利義務の全部を他の会社に承継させる吸収分割をする場合には、当該合同会社は、当該吸収分割がその効力を生ずる日の前日までに、吸収分割契約について総社員の同意を得なければならない。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る