google+LINEで送る
公認会計士試験問題『企業法』 の 5問
第1問
代表取締役に関する次の記述は正しいでしょうか?

取締役会設置会社において、取締役会は、支配人その他の重要な使用人の選任及び解任の決定を代表取締役に委任することができる。

公認会計士試験問題『企業法』 の 5問
第2問
組織再編に関する次の記述は正しいでしょうか?なお、定款に別段の定めはないものとする。

吸収合併消滅株式会社(以下「消滅会社」という。)の新株予約権の内容として吸収合併後存続する株式会社(以下「存続会社」という。)の新株予約権を交付することができる旨及びその条件の定めがある場合において、消滅会社の新株予約権に代えて交付される存続会社の新株予約権が当該条件に合致するときは、消滅会社の新株予約権者は、消滅会社に対し、自己の有する新株予約権を公正な価格で買い取ることを請求することができない。

公認会計士試験問題『企業法』 の 5問
第3問
公開会社である監査役設置会社における役員の報告義務に関する次の記述は正しいでしょうか?

監査役は、取締役が株主総会に提出しようとする議案、書類その他法務省令で定めるものを調査した場合において、法令若しくは定款に違反し、又は著しく不当な事項があると認めるときは、その調査の結果を株主総会に報告しなければならない。

公認会計士試験問題『企業法』 の 5問
第4問
株式会社の定款に関する次の記述は正しいでしょうか?

公証人の認証を受けた定款に発起人の報酬に関する事項についての記載又は記録があり、当該事項の調査のため検査役が選任された場合において、検査役の報告を受けた裁判所は、当該事項を不当と認めたときは、これを変更する決定をしなければならない。

公認会計士試験問題『企業法』 の 5問
第5問
取締役会設置会社における自己の株式の取得又は自己株式の消却に関する次の記述は正しいでしょうか?

株式会社が、その子会社の有する当該株式会社の株式を有償取得する場合には、取得する株式の数の決定は、取締役会の決議による。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る