google+LINEで送る
公認会計士試験問題『企業法』 の 5問
第1問
会計監査人に関する次の記述は正しいでしょうか?

定時株主総会において会計監査人の出席を求める決議があったときは、会計監査人は、定時株主総会に出席して意見を述べなければならない。

公認会計士試験問題『企業法』 の 5問
第2問
小商人以外の個人商人(以下「商人」という。)に関する次の記述は正しいでしょうか?

商人が支配人を選任する場合には、自ら営業を行う者以外の者から選任しなければならない。

公認会計士試験問題『企業法』 の 5問
第3問
『有価証券投資事業権利等』は、金融商品取引法第二章が定める開示規制の適用除外となる有価証券である。

公認会計士試験問題『企業法』 の 5問
第4問
商法上の問屋に関する次の記述は正しいでしょうか?なお、別段の合意及び慣習はないものとする。

問屋は、取引所の相場が存しない物品の販売又は買入の委託を受けたとき、委託者に通知をすることにより、自ら買主又は売主となることができる。

公認会計士試験問題『企業法』 の 5問
第5問
商行為に関する次の記述は正しいでしょうか?

支配人が、当該支配人を選任した商人のためにすることを示さないで商行為を代理したときは、その行為は当該商人に対してその効力を生じない。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る