google+LINEで送る
公認会計士試験問題『企業法』 の 5問
第1問
株式会社の設立(会社法第五編によるものを除く。)時における定款の作成及び変更に関する次の記述は正しいでしょうか?なお、定款は書面で作成されるものとする。

成立後の株式会社の資本金及び準備金の額に関する事項が定款に定められていない場合には、発起人は、株式会社の成立の時までに、当該事項を定款に記載しなければならない。

公認会計士試験問題『企業法』 の 5問
第2問
株式会社の設立時役員の選任又は解任に関する次の記述は正しいでしょうか?

募集設立の場合における設立時監査役の解任は、株式会社の成立の時までの間、創立総会の決議によって行うことができる。

公認会計士試験問題『企業法』 の 5問
第3問
株式会社における責任追及等の訴えに関する次の記述は正しいでしょうか?

責任追及等の訴えを提起した株主が敗訴した場合であっても、悪意があったときを除き、当該株主は、株式会社に対し、これによって生じた損害を賠償する義務を負わない。

公認会計士試験問題『企業法』 の 5問
第4問
会計監査人に関する次の記述は正しいでしょうか?

監査役会設置会社において、取締役が会計監査人の報酬を定める場合には、監査役会の同意を得なければならない。

公認会計士試験問題『企業法』 の 5問
第5問
会社法上の定義に関する次の記述は正しいでしょうか?

合名会社が利益の配当をする場合における配当する財産は、配当財産である。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る