google+LINEで送る
公認会計士試験問題『企業法』 の 5問
第1問
個人商人(小商人を除く。)の営業に関する次の記述は正しいでしょうか?

商人が金銭を借り入れる行為は、当該商人の営業のためにするものと推定される。

公認会計士試験問題『企業法』 の 5問
第2問
株式移転に関する次の記述は正しいでしょうか?

株券発行会社が株式移転をする場合には、当該株券発行会社の株式に係るすべての株券は、当該株式移転の効力が生ずる日に無効となる。

公認会計士試験問題『企業法』 の 5問
第3問
持分会社に関する次の記述は正しいでしょうか?

持分会社の無限責任社員となることを許された未成年者は、社員の資格に基づく行為に関しては、行為能力者とみなされる。

公認会計士試験問題『企業法』 の 5問
第4問
株式会社を設立する場合に定款に記載し、又は記録する事項に関する次の記述は正しいでしょうか?

株式会社の商号は、定款に記載し、又は記録しなければならない。

公認会計士試験問題『企業法』 の 5問
第5問
連結計算書類に関する次の記述は正しいでしょうか?

連結計算書類は、定款に別段の定めがある場合を除き、株主総会の承認を受けなければならない。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る