google+LINEで送る
公認会計士試験問題『企業法』 の 5問
第1問
株式会社の機関設計に関する次の記述は正しいでしょうか?

監査役会設置会社は、常に、取締役会設置会社である。

公認会計士試験問題『企業法』 の 5問
第2問
株式会社の発起設立の場合における設立時発行株式又は発行可能株式総数に関する次の記述は正しいでしょうか?

発起人が、その引き受けた設立時発行株式につき、その出資に係る金銭以外の財産の全部を給付した場合において、発起人の全員の同意があるときは、登記その他第三者に対抗するために必要な行為は、会社成立後にすることを妨げない。

公認会計士試験問題『企業法』 の 5問
第3問
株式会社における責任追及等の訴えに関する次の記述は正しいでしょうか?

公開会社でない株式会社において、当該株式会社に対し、責任追及等の訴えの提起を請求しようとする株主は、 6 箇月前から引き続き当該株式会社の株式を有していなければならない。

公認会計士試験問題『企業法』 の 5問
第4問
株式の質入れに関する次の記述は正しいでしょうか?

株券発行会社における株式の質権者は、継続して当該株式に係る株券を占有しなければ、その質権をもって当該株券発行会社に対抗することができない。

公認会計士試験問題『企業法』 の 5問
第5問
仲立ちに関する次の記述は正しいでしょうか?なお、各仲立契約には、商法の規定を変更し、又は排除する特約はないものとする。

仲立人は、他人のために物品の販売又は買入れをすることを業とする者である。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る