google+LINEで送る
公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第1問
次は日本の「原価計算基準」に関する記述は正しいでしょうか?

標準原価は、一定の文書に表示されて原価発生に責任を持つ各部署に指示される。指示する文書の種類について、標準製品原価表、材料明細表、標準作業表および製造間接費予算表の四つが例として取り上げられている。

公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第2問
予算管理に関する次の記述は正しいでしょうか?

予算管理は、組織メンバーを組織目標達成へと動機づける手段である。

公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第3問
標準原価管理は、製造段階での原価管理手法として伝統的に利用されてきたが、近年では開発設計段階での原価の作り込みに活用されるようになってきている。 

公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第4問
標準直接原価計算に関する次の記述は正しいでしょうか?
なお、以下の【1】~【3】を前提とする。

【1】すべての製造間接費差異は原価計算期間(月次)の期間原価として処理する。
【2】会計期間(年次)内においては、予算固定製造間接費配賦率は変化しない。
【3】各月において月初および月末仕掛品は存在しない。

直接原価計算による営業利益は、売上高に正比例する。

公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第5問
原価企画に関する次の記述は正しいでしょうか?

原価企画における目標原価は、製品の目標販売価格から目標利益を控除する方法で計算できる。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る