google+LINEで送る
公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第1問
次は日本の「原価計算基準」に関する記述は正しいでしょうか?

標準直接労務費を算定する際は、物量標準と価格標準の両面を原則として考慮する。前者については、直接作業の区分毎に、製品単位当たりの標準時間を定めるが、能率向上の観点から疲労や身体的必要あるいは手待などの時間的余裕は含められていない。

公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第2問
品質原価および品質管理に関する次の記述は正しいでしょうか?

失敗原価は製品の製造時や製品の販売後に発生するので、その原因は製造工程に限定される。

公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第3問
原価企画に関する次の記述は正しいでしょうか?

VE(Value Engineering)は、「価値=機能−原価」と定義される関係に基づいて、機能や原価に関する様々な代替案を検討することにより、製品価値の向上を目指す技法である。

公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第4問
品質原価および品質管理に関する次の記述は正しいでしょうか?

伝統的な PAF(予防・評価・失敗)モデルにおいて、欠陥品をゼロにしようとすれば、予防原価と評価原価は限りなく小さくなる。

公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第5問
標準原価管理では、例外管理の考え方が適用されているため、例外なく原価差異が厳密に分析され、必要な是正措置がとられるべきである。 

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る