google+LINEで送る
公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第1問
次の記述は、日本の「原価計算基準」に照らして正しいでしょうか?

原価は、財務諸表上収益との対応関係に基づいて、製品原価と期間原価とに区別される。製品原価とは、一定単位の製品に集計された原価をいい、期間原価とは、一定期間における発生額を、当期の収益に直接対応させて、は握した原価をいう。製品原価と期間原価との範囲の区別は相対的であるが、通常、売上品およびたな卸資産の価額を構成する全部の製造原価を製品原価とし、販売費および一般管理費は、これを期間原価とする。

公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第2問
次は日本の「原価計算基準」に関する記述は正しいでしょうか?

標準原価計算制度における標準は、原価管理を有効に行うため、技術的に達成可能な最大操業度のもとにおいて、最高能率を表す最低の原価である理想標準原価を使うとされている。

公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第3問
品質原価および品質管理に関する次の記述は正しいでしょうか?

伝統的な PAF(予防・評価・失敗)モデルにおいて、欠陥品をゼロにしようとすれば、予防原価と評価原価は限りなく小さくなる。

公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第4問
下記の記述は、わが国の「原価計算基準」に照らして正しいでしょうか?

仕損が補修によって回復できず、代品を製作するために新たに製造指図書を発行する場合において、旧製造指図書の一部が仕損となったときは、旧製造指図書に集計された製造原価を仕損費とする。

公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第5問
総合原価計算に関する次の記述は正しいでしょうか?

実務上、連産品のうち一部の製品を副産物に準じて計算し、これを一期間の総合原価から控除した金額をもって、他の連産品の価額とすることが見受けられるが、この処理方法はわが国の「原価計算基準」でも認められている。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る