google+LINEで送る
公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第1問
次の記述のうち、日本の「原価計算基準」に照らして正しいでしょうか?

個別原価計算において、作業くずは、これを総合原価計算の場合に準じて評価し、原則として、その評価額を当該製造指図書の直接材料費または製造原価から控除する。

公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第2問
予算に関する次の記述は正しいでしょうか?

予算は、通常、トップマネジメントが示す予算編成方針に従って編成されるので、予算スラックが混入する余地はない。

公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第3問
下記の記述は、わが国の「原価計算基準」に照らして正しいでしょうか?

原価の費目別計算とは、一定期間における原価要素を費目別に分類測定する手続きをいい、財務会計における費用計算であると同時に、原価計算における第一次の計算段階である。費目別計算においては、原価要素を原則として、機能別分類を基礎とし、これを直接費と間接費に大別し、さらに必要に応じて形態別分類を加味して分類する。

公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第4問
原価企画における目標原価の設定には、積上法と、控除法と、両者の折衷である許容原価と成行原価との間で達成可能と思われる最も望ましい水準で目標原価を設定する方法がある。

公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第5問
標準原価計算に関する次の記述は正しいでしょうか?

ある製品を製造するために複数の原料が必要となり、それらの原料が代替可能であるとき、原料配合差異と原料歩留差異を計算することがある。この場合、原料配合差異は原料の標準単価、標準配合と実際歩留を使用することによって、原料歩留差異は原料の標準単価、標準配合と標準歩留を使用することによって計算する。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る