google+LINEで送る
公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第1問
予防-評価-失敗アプローチに基づく品質原価計算に関する次の記述は正しいでしょうか?

品質原価計算は、不良品ゼロを目指し、製品品質向上による製品の長期的な収益性の増大を目指している。

公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第2問
バランスト・スコアカード(BSC)に関する次の記述は正しいでしょうか?

非上場企業や非営利組織においても BSC が実施されている。

公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第3問
原価管理に関する次の記述は正しいでしょうか?

環境対策のためには様々なコストを企業は負担しなければならない。このため、環境対策を行うことと原価管理における原価低減とは両立しないと思われるが、場合によっては、原材料などから生ずる廃棄物の削減が原価低減につながることもある。

公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第4問
標準原価管理では、例外管理の考え方が適用されているため、例外なく原価差異が厳密に分析され、必要な是正措置がとられるべきである。 

公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第5問
X事業部の使用総資本は 300,000 千円、年間売上高は 1,200,000 千円、売上高利益率は5 %である。なお、この企業の加重平均資本コスト率は 5 %である。管理会計の運用上、事業部業績測定のために用いる事業部利益は、本社費配賦前の営業利益から、事業部使用総資本に応じて資本コストを差し引いてもとめる。実効税率は40 %と設定しているが、各事業部に法人税を負担させてはいない。現在、この企業はX事業部における 60,000 千円の増産投資案を検討しており、これが採択されればX事業部の年間売上高は 50 %の増加が見込まれる。増産による売上高利益率および加重平均資本コスト率への影響はないと想定する。この投資案件を採択した場合のX事業部における使用総資本利益率を求め、下記より一つ選びなさい。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る