google+LINEで送る
公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第1問
次の記述のうち、日本の「原価計算基準」に照らして正しいでしょうか?

個別原価計算において、作業くずは、これを総合原価計算の場合に準じて評価し、原則として、その評価額を当該製造指図書の直接材料費または製造原価から控除する。

公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第2問
予防-評価-失敗アプローチに基づく品質原価計算に関する次の記述は正しいでしょうか?

品質適合コストを増加させると品質不適合コストは減少する。品質適合コストには品質検査機器購入費や仕損品の補修費用が含まれ、品質不適合コストには廃棄コストやクレーム対応に関する費用が含まれる。

公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第3問
CVP分析に関する次の記述は正しいでしょうか?

損益分岐点比率を低くするためには、販売量と固定費を変えることができないならば、単位当たり貢献利益を上げると良い。

公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第4問
予算管理と責任会計に関する次の記述は正しいでしょうか?

業務予算の編成は、売上高予算の作成に始まり、見積キャッシュ・フロー計算書の作成で終わる。

公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第5問
バランスト・スコアカード(BSC)に関する次の記述は正しいでしょうか?

BSC は、企業のビジョンや戦略を多次元な視点における戦略目標に置き換える。非営利組織の病院経営において BSC を用いる場合、「顧客の視点」を頂点として、各視点の戦略目標間の因果関係を重視する場合もある。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る