google+LINEで送る
公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第1問
下記の記述は、わが国の「原価計算基準」に照らして正しいでしょうか?

仕損が補修によって回復できず、代品を製作するために新たに製造指図書を発行する場合において、旧製造指図書の一部が仕損となったときは、旧製造指図書に集計された製造原価を仕損費とする。

公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第2問
バランスト・スコアカードの一般的な特徴に関する次の記述は正しいでしょうか?

バランスト・スコアカードには、財務尺度に偏重していた伝統的な管理会計への反省から、財務の測定尺度の数よりも非財務の測定尺度の数を多く示すことが求められる。

公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第3問
バランスト・スコアカード(BSC)に関する次の記述は正しいでしょうか?

BSC は、企業のビジョンや戦略を多次元な視点における戦略目標に置き換える。非営利組織の病院経営において BSC を用いる場合、「顧客の視点」を頂点として、各視点の戦略目標間の因果関係を重視する場合もある。

公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第4問
標準原価計算に関する次の記述は正しいでしょうか?

かつての能率技師は科学的管理法の理念に基づいて標準原価計算を開発したが、能率の尺度として考えていた標準原価はおおむね現実的標準原価であった。現実的標準原価の算定では、たとえば材料について、科学的、統計的調査により製品単位当たりの各種材料の標準消費量を定める。標準消費量は、通常生ずると認められる程度の減損、仕損等の消費余裕を含まない。

公認会計士試験問題『管理会計論』 の 5問
第5問
バランスト・スコアカードの一般的な特徴に関する次の記述は正しいでしょうか?

バランスト・スコアカードには、戦略目的、測定尺度、目標値、戦略的実施項目が示される。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る