google+LINEで送る
データベーススペシャリスト(DB) の 10問
第1問
利用者PCがボットに感染しているかどうかをhostsファイルで確認するとき、設定内容が改ざんされていないと判断できるものはどれか。ここで、hostsファイルには設定内容が1行だけ書かれているものとする。

データベーススペシャリスト(DB) の 10問
第2問
ある期間の生産計画において、図の部品表で表わされる製品Aの需要量が10個であるとき、部品Dの正味所要量は何個か。ここで、ユニットBの在庫残が5個、部品Dの在庫残が25個あり、ほかの在庫残、仕掛残、注文残、引当残などはないものとする。

データベーススペシャリスト(DB) の 10問
第3問
ソフトウェアの使用性を向上させる施策として、適切なものはどれか。

データベーススペシャリスト(DB) の 10問
第4問
トランザクションのACID特性のうち、一貫性(Consistency)の記述として、適切なものはどれか。

データベーススペシャリスト(DB) の 10問
第5問
データベースのトランザクションT2の振る舞いのうち、ダーティリード(dirty read)に関する記述はどれか。

データベーススペシャリスト(DB) の 10問
第6問
メイン処理、及び表に示す二つの割込みA、Bの処理があり、多重割込みが許可されている。割込みA、Bが図のタイミングで発生するとき、0ミリ秒から5ミリ秒までの間にメイン処理が利用できるCPU時間は何ミリ秒か。ここで、割込み処理の呼出し及び復帰に伴うオーバヘッドは無視できるものとする。

データベーススペシャリスト(DB) の 10問
第7問
認証局が侵入され、攻撃者によって不正なWebサイト用のディジタル証明書が複数発行されたおそれがある。どのディジタル証明書が不正に発行されたものか分からない場合、誤って不正に発行されたディジタル証明書を用いたWebサイトにアクセスしないために利用者側で実施すべき対策はどれか。

データベーススペシャリスト(DB) の 10問
第8問
1件のデータを処理する際に、読取りには40ミリ秒、CPU処理には30ミリ秒、書込みには50ミリ秒掛かるプログラムがある。このプログラムで、n 件目の書込みと並行してn + 1件目のCPU処理とn + 2件目の読取りを実行すると、1分当たりの最大データ処理件数は幾つか。ここで、OSのオーバヘッドは考慮しないものとする。

データベーススペシャリスト(DB) の 10問
第9問
“技術のSカーブ”の説明として、適切なものはどれか。

データベーススペシャリスト(DB) の 10問
第10問
労働者派遣法に基づいた労働者の派遣において、労働者派遣契約関係が存在するのはどの当事者の間か。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る