google+LINEで送る
潜水士 の 10問
第1問
潜水業務に常時従事する労働者に対して行う高気圧業務健康診断において、法令上、実施することが義務付けられていない項目は次のうちどれか。

潜水士 の 10問
第2問
送気式潜水に使用する設備・器具に関し、次のうち誤っているものはどれか。

潜水士 の 10問
第3問
平均毎分20Lの呼吸を行う潜水作業者が、水深10mにおいて、内容積12L、空気圧力19Mpa(ゲージ圧力)の空気ボンベを使用してスクーバ式潜水により潜水業務を行う場合の潜水可能時間に最も近いものは次のうちどれか。 ただし。空気ボンベの残圧が3Mpa(ゲージ圧力)になったら浮上するものとする。

潜水士 の 10問
第4問
スクーバ式の潜水業務を行うとき、潜水前の点検が義務付けられている潜水器具の組み合わせとして、法令上、正しいものは次のうちどれか。

潜水士 の 10問
第5問
体積500Lで質量が350gの木片が下図のように水面に浮いている。この木片の水面下にある部分の体積は何Lか。

潜水士 の 10問
第6問
スクーバ式潜水における潜降の方法等に関し、次のうち誤っているものはどれか。

潜水士 の 10問
第7問
高気圧作業安全衛生規則別表第2で示されている潜水業務用時間表に関し、次のうち誤っているものはどれか。

潜水士 の 10問
第8問
正面から見たヒトの血液循環経路の一部を模型式に表した下図について、次の記述のうち誤っているものはどれか。

潜水士 の 10問
第9問
潜水作業者の携行物に関する次の文中の【   】内に入れる【 A 】及び【 B 】の語句の組み合わせとして、法令上、正しいものは(1)~(5)のうちどれか。

「空気圧縮機により送気して行う潜水業務を行うときは、潜水作業者に、信号索、水中時計、水深計及び【 A 】を携行させなければならない。ただし、潜水作業者と連絡員とが通話装置により通話することができることとしたときは、潜水作業者に水中時計、【 B 】を携行させないことができる。」

潜水士 の 10問
第10問
人体の神経系に関し、次のうち誤っているものはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る