google+LINEで送る
2級土木施工管理技士(薬液注入) の 5門
第1問
土留め壁を用いた掘削に伴う掘削底面の変状現象に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。

2級土木施工管理技士(薬液注入) の 5門
第2問
土の粒度試験から求められる値として、次のうち適当なものはどれか。

2級土木施工管理技士(薬液注入) の 5門
第3問
薬液注入における自記記録圧力流量計で記録されたチャート紙に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。

2級土木施工管理技士(薬液注入) の 5門
第4問
ダブルパッカー工法の施工順序として、適当なものはどれか。
ただし、【a】、【b】、【c】、【d】の作業内容は、それぞれ次のとおりとする。
【a】所定深度まで、ケーシングパイプを設置する。
【b】先端部にダブルパッカーを取り付けた注入内管を挿入する。
【c】注入外管を挿入する。
【d】シールグラウトを充てんし、ケーシングパイプを引き抜く。

2級土木施工管理技士(薬液注入) の 5門
第5問
建設工事から発生する廃棄物の種類に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る